アメリカの交通ルールに関して

運転時のルールと注意点

アメリカでレンタカーを運転する時の交通ルールや注意点の一部をご案内します。
ここに記載している内容は運転ルールの一部であり、アメリカの法規が変更になる場合もありますので、あくまで参考としてご利用ください。
ここに掲載された内容により、利用者の方が何らかの損害を被った場合でも一切責任を負えませんので、利用者の責任においてこのウェブサイトをご利用ください。

走行は右側走行

現地のレンタカーは基本的に左ハンドル、右側走行です。
特に駐車場から一般道に出るときや、左折したときは間違えやすいので、運転時は常に頭に入れておきましょう。
また、ウインカーとワイパーが日本とは逆なので注意が必要です。

速度はマイル表示

制度速度の標識は、最高速度(または最低速度)を「マイル(Mile)」で表示しています。1マイルは約1.6㎞です。

黄色信号は短い

信号は日本と同じく「青→黄→赤」「赤→黄→青」と変わります。黄色信号は日本に比べて間隔が短く、すぐに赤に変わることが多いので注意が必要です。

赤信号でも右折OK

アメリカ国内では、「一時停止して安全の確認をすれば赤信号でも右折してもよい」というルールがあります。しかし、「NO RETURN ON RED」の標識がある場合は右折できません。
一部の場所においては赤信号右折が一切禁止されているのでご注意ください。

左折時は要注意

左折の際は、反対車線から直進してくる車の行く手を阻むような行動は決して行わないようにしてください。

右側が低速走専用

アメリカでは2車線以上の幹線道路では、1番右の車線が低速走専用となっています。この車線を利用しての追い越しはしないようにしましょう。

路上駐車は厳禁です

アメリカの駐車禁止の取り締まりは厳しく、日本と異なり数分の駐車でも罰金が科せられます。駐車場がない場合は公共の有料駐車場、路上のパーキングメーターなどを利用しましょう。
また、ハンディキャップ専用の所に一般車を停めると、短時間でも高額の罰金となるのでご注意。
 黄色の縁石 ⇒ 駐車禁止。停車して人の乗降、荷物の積み下ろしは可。
 赤 ⇒ 駐車禁止
 青 ⇒ 許可者・指定車のみ駐車可(障害者用車両など)

スクールバス

前方を走っている黄色いスクールバスが停車し、赤いフラッシュライトを点滅したら、後続車はその場で停止しなければなりません。 また、対向車線でバスが停車した場合も、バス側面に”STOP”のサインが表示されるので、 停車してバスが走り出すまで待機しなければなりません。

飲酒運転

飲酒運転は厳禁です。事故を起こした場合、保険が適用されなくなる可能性もあります。
同乗者の車内飲酒も違法で、車内に飲みかけのアルコール飲料などがあっても違法となります。

車上あらしに注意

レンタカーにナビや個人の所有物を置いたまま車を離れないようにしましょう。日本人旅行者は特に狙われています。
尚、GPS損傷、盗難は保険対象外となる事が多いので、注意しましょう。

有料道路の通行時は注意

日本と異なり料金所がわかりづらく、知らない間に有料道路を通行している場合があります。この場合、管理会社の要請でレンタカー会社が契約に基づき手数料をご登録のクレジットカードから引き落としされることがあります。

警察にとめられたら

速やかに減速し道路の脇に停車して、ハンドルの上に手を置いたまま警察の指示に従ってください。速やかに停車しない場合、指示なく車外にでた場合は厳罰の対象となります。

ヒッチハイカーは乗せない

アメリカの法律では、ヒッチハイクは禁止されています。トラブルや危険のもとになりますので絶対に乗せないようにしましょう。

交通違反は現地で支払いを

日本人ドライバーに多いのが駐車違反やスピード違反、信号無視違反などです。違反行為で罰金を科せられた場合は、速やかに現地で手続きを完了してください。
支払いが完了しない場合はアメリカの再入国ができない場合があります。

緊急時の連絡先は「911」

警察・消防・救急医療等へ連絡をする場合は「911」番に連絡しましょう。911番を利用でいない地域では「0」をダイヤルし、オペレーターに緊急連絡の旨をお伝えください。
明るい場所を探し、連絡を取ってください。

料金所用の小銭を準備

道路によっては通行料が必要です。小額の硬貨をご用意ください。
また後日精算のハイウェイ(ETC)もあります(通行料は後日クレジットカードからの引き落としとなります)

シートベルト・チャイルドシートは絶対着用

ベルトの着用は法律で義務づけられています。お子様は後部座席に座らせ、常にシートベルトを着用させてください。チャイルドシートが必要なお子様を乗車させる場合には、ガイドラインに従い後部座席に装着してください。

 

気をつけたい交通標識

アメリカの交通標識

日本と同様に、赤色の標識は禁止や強制の意味があります。特に気をつけましょう。

 

違反や事故に関して

スピード違反

パトカーが後方で赤と青のフラッシャーやサイレンで停止の指示をしたら、車を右に寄せて停車します。 フリーウエイなら、いちばん右の車線に移動し、路肩に寄せ、運転者はハンドルを握ったままじっとしていること(同乗者も同様)。 いきなりポケットやグローブボックスに手を伸ばすと、銃犯罪の多いアメリカでは、警官が警戒して銃を抜くことも。 落ち着いて警官の指示に従い、免許証やレンタル契約書の提示、違反内容に対する質問に丁寧に応えましょう。 罰金の額は、超過スピードによって異なります。

駐車違反

旅行者が気をつけなければならないのは、駐車違反。特にアメリカは取締りが厳しいので、要注意。 路上駐車をする場合は、パーキングメーターなどを利用しましょう。違反した場合、大抵、封筒に入れられたチケットが ワイパーに挟まれています。罰金の額は、駐車場所や違反内容によって異なります。チケット裏面に支払方法が記載されています。

事故に遭ったら

万が一、事故に遭ったら、まず落ち着いて警察に連絡しましょう。 一般道なら、公衆電話、フリーウェイならCall Box内の緊急電話を利用します。アメリカの場合、全州共通で911。 ハワイでは日本語の対応も可。警察の指示に従い、事故処理番号を忘れずに聞きましょう。 相手がある場合は、氏名、住所、連絡先、車のナンバー、ドライバーライセンス番号、保険証番号を控えましょう。

 

レンタカーの予約

日本で事前に予約しておきましょう。現地で予約する場合は、希望の車種を借りれない場合もあります。

アラモレンタカー