セントポールをうろうろする

07年10月01日
Link-USA
セントポールをうろうろするセントポール観光局のマイケルさんが次に案内してくださったのは、『 Minnesota State Capitol 』
ミネソタの州庁舎でした。なんとも威厳のある造りで、最初は教会か?と思ってしまいました。
造られたのは1905年です。ちなみに、日本の国会議事堂が造られたのは1936年ですから、それよりも30年ほど前のことです。
ルネッサンス調の造りだそうです。ルネッサンスといえばイタリア、カソリックです。これには意味がありました。セントポールは、アイルランド系のカソリック移民がつくった町なのです。
★アメリカは、いわばプロテスタント系の移民がつくった国です。その国へ、カソリック系の移民がやってきたわけです。

セントポールをうろうろする中を見学することができました。

セントポールをうろうろする大聖堂を見学に来た気分になります。
現在、ミネソタ州全体で見れば、プロテスタントのほうが多くなっているそうです。

セントポールをうろうろする次に『セントポール大聖堂』を案内していただきました。セントポール大聖堂といえば、イギリス・ロンドンにある大聖堂が有名です。同じ名前ですが、あちらは『イギリス国教会』で、ローマ・カソリックではありません。
中へ入ってびっくりしました。

セントポールをうろうろする

そこにあったのはとても大きな教会でした。個人的にも、今まで見た中で一番大きい教会です。完成したのは1915年だそうです。
鉄道王ジェームズJヒルの邸宅ができ、ミネソタの州庁舎ができ、そのあとにできたわけです。


セントポールをうろうろするそのあと、博物館へ連れて行っていっていだきました。が、時間がないのでゆっくり見ることはできません。しょうがないので、ポイントを絞って案内していただくことになりました。
博物館の中にあった、セントポールの航空写真を見ながら説明を受けます。緑が多いエリアをドライブしてきたのでわかりませんでしたが、セントポールは大きな街のようです。人口30万人のちょっとした都市です。

セントポールをうろうろするミシシッピ川を挟んで向かい合っている『ミネアポリス』は、現在人口約45万人だそうです。二つの街はくっついているので、75万人クラスの都市がひとつあるようなものですね。
ちなみに、空港があるのはミネアポリスでもセントポールでもなく、

『 Bloomington 』
ブルーミントンという町でした。

セントポールをうろうろする博物館の展望スペースからミシシッピ川を眺めます。緑がいっぱいあって、本当にステキな街だと思いました。

セントポールをうろうろするセントポール観光局のマイケルさんが、街の中も見てほしい、とおっしゃってくださいました。夕食を一緒にいただくことになっていたのですが、その前に、これだけは知っておいてほしいとおっしゃるのです。

セントポールをうろうろするセントポールはとてもステキな街並みをしていました(次回ご紹介させていただきます)
そして、セントポールは、スヌーピーが生まれた街でもありました。

次回 ⇒ スカイウェイを歩きました に続く


  1. ミネアポリスに到着2. セント・ポール探索へ出発
  3. 鉄道王ジェームズJヒル邸を見学4. セントポールをうろうろする
  5. スカイウェイを歩きました6. セグウェイに乗って行こう
  7. ストーン・アーチ・ブリッジをセグウェイで!
  8. 博物館を見学しました9. ミネアポリスの街の中
 10. ライト・レール/ハイアワサ・ライン11. ラディソン・ブルーミントン
 12. 北へ向って走れ!13. ヒビング( Hibbing )という町で
 14. ヒビングは今15. スプリットロック灯台
 16. ダルースを目指して17. 夜のダルース
 18. ダルースの水族館 19. スペリオル湖鉄道博物館
 20. ダルースから、一路サウスダコタ州を目指します
 21. ラピッドシティに到着22. バッドランズ Badlands
 23. ラピッドシティの夜 Rapid City24. マウント・ラッシュモア国立記念碑
 25. マウント・ラッシュモア国立記念碑 4人のアメリカ大統領
 26. クレイジーホース Crazy Horse
 27. クレイジーホースの顔のところまで行きました
 28. 針のような街道・ニードルハイウェイy29. ミネアポリスの夜

コメントする