北へ向って走れ!

07年10月03日
USしゅん

北へ向って走れ!前回の続きでいけば、モール・オブ・アメリカのレポートをお伝えすべきです。が、ここのところ、天気のよくない画像が続いていましたので、ちょっと気分をかえて、翌日からのレポートを先にお伝えすることにします。
この日は、前日までの空模様がウソのように快晴でした。雲がひとつもありません。

北へ向って走れ!今日はミネソタ州北部へ行くことになっています。左は、ミネソタ観光局のポールです。なんとドライバーをしてくださるそうです。
前回の取材では、ずーっとドライバーを務めていたモクさんが思わず笑顔になります。では、ポール、よろしくお願いします。

北へ向って走れ!35号線を一路北へ向います。
それにしても、昨日までの天気がウソのような快晴です。本当に雲ひとつありません。

北へ向って走れ!ポールが、地図を見ながら今回のコースを説明してくれました。
今日の最終目的地はダルースDuluth )という港街です。ダルースは、五大湖の中でも一番大きいスペリオル湖の一番奥にあります。
その前に、ヒビングHibbing )という町に寄り道するそうです。ヒビングはセントルイス郡の鉱業都市です。世界一の露天掘り鉄鉱床で、地質学者では知らない人がいないような有名な場所だそうです。
ホテルからヒビングまで約4時間かかります。
途中、Hinckley というところにさしかかったあたりで、ポールがフリーウェイを降りると言い出しました。

北へ向って走れ!ここだけは見ておかねばならない、と言うのです。

北へ向って走れ!そこにあったのは、Tobies Restaurant & Bakery というレストランでした。このあたりを通る人は、必ずやってくるレストランなのだそうです。確かに、観光バスが何台もやってきていました。

北へ向って走れ!入ったらすぐそこはパン屋さんになっています。そして、奥にレストランがありました。
まだ午前中の中途半端な時間だというのに、レストランは満席に近い状態です。観光バスでやってきた人たちは、入り口のパン屋さんでパンを買い込んでいます。
ポールが、話のネタに食べておいたらどうか、と言ってくれます。とりあえず、トイレ休憩をしてから考えることにします。

北へ向って走れ!パンがいっぱい並んでいます。日本人にとっては、ちょっと甘そうな感じです。どうしようか迷っていたら、モクさんがさっと買ってしまいました。

北へ向って走れ!モクさんご購入のパンです。
一口味見させていただきました。甘ったるそうに見えますが、これが見た目よりあっさりしてて、なかなかおいしかったです。ブラック・コーヒーによく合いました。

北へ向って走れ!

そこからさらに北上しました。このあたりは自然いっぱいでした。青空に紅葉がステキに生えています。


北へ向って走れ!

そこからさらに北上し…..


北へ向って走れ!

ヒビングという町にやってきました。20世紀初頭はすごく栄えたそうですが、現在はなんとも静かな感じの町でした。


次回 ⇒ ヒビング( Hibbing )という町で に続く


  1. ミネアポリスに到着2. セント・ポール探索へ出発
  3. 鉄道王ジェームズJヒル邸を見学4. セントポールをうろうろする
  5. スカイウェイを歩きました6. セグウェイに乗って行こう
  7. ストーン・アーチ・ブリッジをセグウェイで!
  8. 博物館を見学しました9. ミネアポリスの街の中
 10. ライト・レール/ハイアワサ・ライン11. ラディソン・ブルーミントン
 12. 北へ向って走れ!13. ヒビング( Hibbing )という町で
 14. ヒビングは今15. スプリットロック灯台
 16. ダルースを目指して17. 夜のダルース
 18. ダルースの水族館 19. スペリオル湖鉄道博物館
 20. ダルースから、一路サウスダコタ州を目指します
 21. ラピッドシティに到着22. バッドランズ Badlands
 23. ラピッドシティの夜 Rapid City24. マウント・ラッシュモア国立記念碑
 25. マウント・ラッシュモア国立記念碑 4人のアメリカ大統領
 26. クレイジーホース Crazy Horse
 27. クレイジーホースの顔のところまで行きました
 28. 針のような街道・ニードルハイウェイy29. ミネアポリスの夜

コメントする