17 mile drive

08年02月21日
USしゅん

まずは朝食(ブレックファスト)


17 mile drive『Howard Johnson Express Inn』で迎えた3日目の朝です。残念ながら今日も曇りです。
B&Bのフロント横に、ブレックファストをいただく一画があります。朝(08:00)になったらドアの鍵がはずされ、自由に出入りできるようになっていました。

17 mile driveブレックファスト・ルームには、シリアル8種類、ワッフル、トースト、ドーナツなどがたくさん置かれていました。バターじゃジャムもたくさんあります。トースターや電子レンジも置いてあって、けっこうしっかり食べることができそうです。

17 mile driveシリアルと、ワッフルを数枚いただきました。
入れたてのコーヒーがおいしかったです
ところで、今日はどこへ行くんですか?
発行人モクさんに尋ねると、
セブンティーン・マイル・ドライブ」だと教えてくれました。

17 mile drive へ


17 mile drive17 mile drive」というのは道の名前でした。本当に17マイルある道で、モントレーの岬を通っている有料道路なのだそうです。

17 mile drive後から地図で確認しました。

17 mile drive」は、「モントレー」から「カーメル」まで続いています。「カーメル」といえば、かつて俳優出身のクリント・イーストウッドが市長を勤めていた町です。¥
クリント・イーストウッドは、町の文化や自然を守るためにいろいろやったと褒められたり、ゴルフ場のために森林を開発しようとしているとけなされたり、賛否両論わかれてますね。
 
17 mile drive の場所▼

17 mile drive噂というものは恐ろしいものです。本当はどうなのかわかりませんが、事実だけで見れば、カーメルの町は「古き良き時代の景観を保っている」そうです。今日は、それも確認することができるわけです。
ゲートで通行料を払います。
2008年2月現在、通行料は$9.00です。
レシートを見せれば、1日に何度でも出入りできるそうです。レシート無くさないよう気をつけねばなりません。

17 mile drive走り始めてすぐに、海岸線が現れました。
晴れていたら、どんなにキレイだっただろう。と、ちょっと無念な気持ちになります。

17 mile driveその家が眺めているのは……
残念ながら、今日は荒れた海です。
でも、これはこれで見ごたえがある風景です。
大きな波が絶え間なく打ち寄せています。

17 mile drive荒れた海にサーファーが入っていきました。

17 mile driveカモメが風を避けるために、地上で羽を休めています。カメラを持って近づくと飛んでしまうので、上手く撮れませんでしたが、何羽ものカモメが地上に降りていました。

17 mile driveしばらくいくと、海岸線の緑地の中に、突然、手入れされた緑の平地が現れました。
ゴルフのグリーンです。
「このあたりには、世界的に有名なゴルフコースがいくつもあるんですよ。ここもそう」
発行人モクさんが教えてくれました。

次回 ⇒ 14. 17 mile drive にあるホテル に続く


フィッシャーマンズ・ワーフとキャナリー・ロウ モントレー・ベイ水族館
17マイル・ドライブぺブルビーチ
パシフィック・グローブモントレーのホテル

コメントする