デルタブルースミュージアム

09年01月07日
いけだか

デルタブルースの博物館


デルタブルースミュージアムこんにちは!
朝9時、クラークスデールにあるデルタブルースミュージアムに到着です。

デルタブルースミュージアムここデルタブルースミュージアムには、ブルース、伝説のブルースマン、綿花産業に関する展示があります。
大きな博物館ではありませんが、ブルースファン垂涎の貴重なコレクションも展示されているのだとか。
入場料は7ドルです。

デルタブルースミュージアム展示ルームに入り、まず目を引くのはギターやブルーフハープなどの楽器です。
ひとつひとつがケースに納められ、大切に展示されています。

デルタブルースミュージアム伝説のブルースマンたちが実際に使っていたというギターがサイン入りで展示されていたりもします。

デルタブルースミュージアム写真の奥に少し見えていますが、マディ・ウォーターズという有名なブルースマンが、生まれ育ったという小屋も館内に移築されています。
綿花に関する展示や、この小屋の様子などを見ると、「貧困」というものをひしひし感じます。
そんな日々の暮らしの中から生まれた歌がブルースだったわけです。
あの絞り出すような声も、魂から湧き出るような歌い方も、全てのルーツはここにあるのだな…と感じました。

デルタブルースミュージアムミュージアムにはギフトショップもあります。
そこではTシャツや、ブルースのCD、ブルースの歴史に関する本、ミュージアムロゴグッズなども販売しています。
ここで私はギターピックを買いました(1つ 50セント)。

デルタブルースミュージアムミュージアムの隣には、写真のような建物がありました。
よく見ると、建物の裏手には線路も走っています。
調べてみたところ、このミュージアムは鉄道駅の跡地に建てられていることを知りました。

グラウンドゼロ・ブルースクラブ


デルタブルースミュージアム裏手の線路を、長い貨物列車がガタガタと大きな音を立てて通り過ぎていきます。
そして、線路の右手には、廃屋のような建物が建っていました。


デルタブルースミュージアムここは、俳優のモーガン・フリーマンが仲間と共同経営しているライブハウス、グラウンドゼロ・ブルースクラブです。
アメリカブルースの伝統を受け継ぐ場として、2001年にオープンしたそうです。
ライブが行われているのは週に数回、夜のみだそうで、外観だけしか見ることはできませんでしたが、この味のある雰囲気には圧倒されました。

デルタブルースミュージアムクラークスデールには、有名なブルースマンたちの伝説が残るスポットが数多くあるようです。
ブルースのルーツを紐ときたい!という人はここに一泊することをおすすめします。
ただ、少し街を歩いてみましたが、安全面には注意した方がよさそうな感じです。
 
では、クラークスデールを後にして、次の町、オックスフォードに向かいます。

次回 ⇒ 19.一路、オックスフォードへ  に続く




 ⇒ 地図が見れない場合


  1.音楽の街、メンフィスを目指して
  2.SLEEP INN AT COURT SQUARE HOTELに到着 
  3.メンフィス観光に出発です
  4.マッドアイランドリバーパークへ
  5.ミシシッピリバーミュージアム
  6.ダウンタウンへ戻ることにしました
  7.トロリーでビールストリートへ
  8.メンフィスの見どころが集まっていました
  9.ロックンソウルミュージアム 
 10.サンスタジオシャトルに乗ってグレースランドへ 
 11.グレースランドマンションツアー その1 
 12.グレースランドマンションツアー その2
 13.サンスタジオへ 
 14.夜のビールストリートを歩いてみました 
 15.まだまだビールストリートを散策 
 16.いよいよドライブに出かけます! 
 17.ブルースの聖地 クラークスデールを目指して 
 18.デルタブルースミュージアム
 19.一路、オックスフォードへ 
 20.エルビスゆかりの地 トゥペロ 
 21.ミレニアムマックスウェルハウスホテル 
 22.ヒストリック・ブロードウェイ
 23.カントリーミュージックの殿堂博物館 その1 
 24.カントリーミュージックの殿堂博物館 その2 
 25.アーカンソー州 リトルロックへ 
 26.ビル・クリントン大統領センター 
 27.リトルロックのダウンタウン 
 28.リトルロック危機の舞台 
 29.アーカンソー州といえば 
 30.お腹いっぱい南部料理をいただきました 
 31.メンフィス最後の夜
 32.南部ともお別れです 
 33.デトロイト空港レポート その1
 34.デトロイト空港レポート その2

コメント (2)

自分もこのグラウンドゼロに5年前くらいに行きました!店内にはサインだらけで僕もビリヤード台にサインしてきましたよ!またメンフィスに行きたいと思ってます!ブログ楽しく拝見させて頂いてます!

>まろひこさん
コメントありがとうございました☆
クラークスデールは、本当にカルチャーショックを受けました。そうですか!グラウンドゼロに行かれたのですね~
アメリカ南部は独特の文化を感じる土地ですよね。
南部初体験だったこの旅は、毎日がカルチャーショックの連続でした!

コメントする