お腹いっぱい南部料理をいただきました

09年02月06日
いけだか

南部料理を楽しめるカジュアルレストラン


お腹いっぱい南部料理をいただきましたこんにちは!
リトルロックをたっぷりご案内いただき、そろそろお腹も空いてきました。
八木さんに「何か食べたいものは?」と聞かれたので、「南部料理を食べたいです」とリクエストしました。

お腹いっぱい南部料理をいただきました連れてきていただいたのは、ここ「The Dixie cafe」です。
ここは、手頃なお値段で南部料理を楽しめるカジュアルレストランでした。
そういえば…南部に来たというのに、これぞ南部料理というものをまだ食べていなかったのですよね。

お腹いっぱい南部料理をいただきましたでは、順にひとつずつご紹介します。
最初に出てきたのは、ほかほかのコーンマフィンとパンです。
まずは何もつけないで一口いただきました。
口に広がるコーンの香ばしい風味と、噛みしめるたびに感じるつぶつぶ感が何ともいえません!

お腹いっぱい南部料理をいただきました次に、ふわふわのホイップバターとはちみつを付けていただいてみました。
お、お、おいしい…。。これはバターとはちみつの「全部載せ」がおすすめです!
この辺りはトウモロコシの名産地としても知られ、南部料理にもふんだんに取り入れられています。

お腹いっぱい南部料理をいただきましたたとえば、八木さんおすすめのこの一品、サイドメニューとしてオーダーした「フライドコーン・オン・ザ・コブ」です。
これはコーンのフライなのですが、衣もトウモロコシ粉でできています。
衣の香ばしさと、中身の甘さのバランスが実に絶妙です。

お腹いっぱい南部料理をいただきましたさて。私がオーダーしたのはこちらです。
お皿にのっているのは、キャットフィッシュのフライ、コールスロー、コーンのフライ、ハッシュパピー(とうもろこしの粉を丸めて揚げたドーナッツのようなもの)です。

お腹いっぱい南部料理をいただきましたそうなんです。南部に来たというのに、まだ名物の「キャットフィッシュ」をまだ食べていなかったのです。
ちなみにキャットフィッシュとはナマズのことです。
でも実は、食べてみよう!と思い立つまでは少し時間がかかりました。
ナマズは泥のあるところに住んでいるイメージが強く、泥臭いんじゃないか…といささか心配でありました。

お腹いっぱい南部料理をいただきましたドキドキしながら、まずはそのまま一口いただいてみます。
お!全然臭くない!「さっぱりした白身魚」という印象です。
レモンを絞って、タルタルソースと一緒に食べるとさらにおいしさアップです。

お腹いっぱい南部料理をいただきましたキャットフィッシュは身がさっぱりしているので、濃いめのスパイシーな味付けでも美味しくいただけます。
写真はケイジャン風味でした。これはズバリ、ごはんが進む味付けです。
南部料理は、日本人の口にも合う料理だと感じました。


お腹いっぱい南部料理をいただきましたサイドメニューを含め、いろいろな南部料理をオーダーしたのですが、忘れられない味となったのはこの「フライドオクラ」です。
力説しますが、これは確実にビールに合う一品です!
大きめに刻まれたオクラがフライになっているのですが、柔らかな食感と衣の味付けが何とも言えずあとを引くのです。
思わずポイポイと口に運んでしまいました。

お腹いっぱい南部料理をいただきましたいろいろなお料理をいただいた締めは、やはりデザートです。
コブラー(cobblers)とは、南部でポピュラーなデザートです。
名前を聞いたことはあったのですが、食べたのは初めてでした!
コブラーはフルーツたっぷりの温かいケーキ(ビスケット生地という方が近いかも)で、このお店にはブラックベリー、ピーチ、アップルがありました。

お腹いっぱい南部料理をいただきました私はピーチコブラー ア・ラ・モードをオーダーしました。
あったかコブラーの上に、ゲンコツサイズのバニラアイスを1スクープのせてあります。
コブラーの温度で、アイスがとろりと溶けだしています。
フルーティーなピーチの風味に、バニラアイスのミルキーさが加わって本当にまろやかな口当たりです。
スプーンが…全く止まりません。

お腹いっぱい南部料理をいただきましたゆっくりたっぷり南部料理を堪能することができました。
The Dixie cafeはメインにいろいろなサイドメニューがつけられるので、たくさんの味にチャレンジできました。「少しづつ、いろんなものを」、って楽しいですよね。

次回 ⇒ 31.メンフィス最後の夜 に続く


  1.音楽の街、メンフィスを目指して
  2.SLEEP INN AT COURT SQUARE HOTELに到着 
  3.メンフィス観光に出発です
  4.マッドアイランドリバーパークへ
  5.ミシシッピリバーミュージアム
  6.ダウンタウンへ戻ることにしました
  7.トロリーでビールストリートへ
  8.メンフィスの見どころが集まっていました
  9.ロックンソウルミュージアム 
 10.サンスタジオシャトルに乗ってグレースランドへ 
 11.グレースランドマンションツアー その1 
 12.グレースランドマンションツアー その2
 13.サンスタジオへ 
 14.夜のビールストリートを歩いてみました 
 15.まだまだビールストリートを散策 
 16.いよいよドライブに出かけます! 
 17.ブルースの聖地 クラークスデールを目指して 
 18.デルタブルースミュージアム
 19.一路、オックスフォードへ 
 20.エルビスゆかりの地 トゥペロ 
 21.ミレニアムマックスウェルハウスホテル 
 22.ヒストリック・ブロードウェイ
 23.カントリーミュージックの殿堂博物館 その1 
 24.カントリーミュージックの殿堂博物館 その2 
 25.アーカンソー州 リトルロックへ 
 26.ビル・クリントン大統領センター 
 27.リトルロックのダウンタウン 
 28.リトルロック危機の舞台 
 29.アーカンソー州といえば 
 30.お腹いっぱい南部料理をいただきました 
 31.メンフィス最後の夜
 32.南部ともお別れです 
 33.デトロイト空港レポート その1
 34.デトロイト空港レポート その2

コメント (2)

家の近所になまず料理専門店があります。
臭みはないですよ。
食べてみると案外美味しい物です。
でも、想像してしまう味ってありますよねぇ。
フライドオクラとは南部料理にちょっとビックリです。
でもたべてみたいな。
特にフライドコーン。美味しそう!!
デザートも外せませんね。

>車ネダ 妻さん
コメントありがとうございます☆
ええっ!?ご近所になまず専門店があるんですか?
そうなんですよね。結構あっさりとおいしいですよね!
フライドオクラ、本当においしかったですよ!
日本で再現してみたいんですが、あの太いオクラをお店で見つけられなくって。。
フライドコーンもびっくりするほど甘かったです!
なんていうか、全体的にホッとする味でした~

コメントする