カリフォルニアワインカントリーの旅 モントレー編

09年05月26日
ソムリエ ノリノ ワール

こんにちは。ソムリエのノリノワールです。
カリフォルニアワイナリー研修旅行も今日が3日目。
参加メンバーとも仲良くなり、時差ぼけもなくなり、さあさあ!これからが本番という感じになってきました。
今日は、パソ ロブレスを後にし、モントレーへ出発です。


モントレーというとモントレー水族館やフィッシャーマンズワーフ、ラッコ、などを連想しますが、この地域にはおいしいワインもたくさん生産されているのです。


サン・バーナビ・ヴィンヤード San Bernabe Vineyard


モントレーでお世話になるワイナリーは、San Bernabe Vineyard(サン・バーナビ・ヴィンヤード)です。
3500ヘクタールに及ぶ広大な畑で、シャルドネ、ピノ・ノワール、カベルネ・ソーヴィニヨン、シラー、メルロー、ジンファンデル、ヴィオニエなど多彩なブドウ品種が栽培されています。
このあたりにブドウの樹が植えられたのは1700年代の終わり頃から。
現オーナーは、20年ほど前にこの土地を購入し、それ以前に植えられていたブドウの樹の100ヘクタール分をのぞいて、すべて植え替えたのだそうです。
畑は土壌、台木、クローンなどによって、100区画に分けられています。


カリフォルニアワインカントリーの旅 サン・バーナビ・ヴィンヤード San Bernabe Vineyard

3500ヘクタールの畑は、個人所有としては、世界最大なのでは・・・という質問に、オーナーは「そうかなぁ?調べたことないよ。そんなことワイン造りには関係ないしね・・・」と一言。
さすが、アメリカンドリームを手にしたオーナーの風格かもしれません。


カリフォルニアワインカントリーの旅 サン・バーナビ・ヴィンヤード San Bernabe Vineyard

とにかく3500ヘクタールの畑は広いので、畑内はマイクロバスで移動します。


カリフォルニアワインカントリーの旅 サン・バーナビ・ヴィンヤード San Bernabe Vineyard

かんがい用の貯水池もあります。こちらも大きい!


カリフォルニアワインカントリーの旅5

あと2週間ぐらいで収穫となるシャルドネ。
酸味も糖度もしっかりとあって、きっとカリフォルニアらしい美味しいシャルドネになること間違いなし!


パソ ロブレス編 2
カリフォルニアワインカントリーの旅5

きれいに並んだテイスティンググラス。ブレンド比率の違うワインの飲み比べをします。


カリフォルニアワインカントリーの旅5
カリフォルニアワインカントリーの旅5

本日のランチ。
新鮮なお野菜、ライスサラダとポーク(ワイナリーのお手製です)。
トウモロコシがとっても甘くてびっくり。カリフォルニアの太陽の下、美味しいワインと心温まるランチをいただきました。
ワインも美味しく幸せなひと時でした。


カリフォルニアワインカントリーの旅5

名残惜しいですが、ランチの後、本日の宿泊地であるモントレーへ向けて出発です。

カリフォルニアワインカントリーの旅5

カリフォルニアワインカントリーの旅 モントレーダウンタウン編に続く…】


 


カリフォルニアワインカントリーの旅 2009 ワイナリーの場所



【カリフォルニアワインカントリーの旅 2009】

コメントする