ソルトレイクを後にします

09年08月17日
Link-USA

こんにちは、ヒデッキーです。旅のレポートを続けます。

ヒデッキー・プリンセスまゆのユタレポート

帰りの飛行機のチェックインです。

ヒデッキー・プリンセスまゆのユタレポート

デルタ航空のチェックインカウンターの後ろは銀行でした。
外国為替も扱っているので使うことがないドルを両替してもらえて便利です。

ヒデッキー・プリンセスまゆのユタレポート

セキュリティを通って搭乗までのひと時をデルタ航空のクラウンルームでリラックスします。
ここは会員またはビジネスクラス、ファーストクラス利用者のためのラウンジです。
ノースウエスト航空との併合後はデルタスカイラウンジと名称が変わります。

ヒデッキー・プリンセスまゆのユタレポート

受付の親切な女性が案内してくれました。

ヒデッキー・プリンセスまゆのユタレポート

ファックス、コンピュータも完備されております。

ヒデッキー・プリンセスまゆのユタレポート

会議室がありビジネスマンたちが出張の前後に利用するそうです。

ヒデッキー・プリンセスまゆのユタレポート ヒデッキー・プリンセスまゆのユタレポート

PGAツアーのスポンサーもしているため、ゴルフのパター練習場まであります。

ヒデッキー・プリンセスまゆのユタレポート ヒデッキー・プリンセスまゆのユタレポート

飲み物、軽食はこちらで。種類も豊富にあります。

ヒデッキー・プリンセスまゆのユタレポート

この旅行でドライブした総走行距離は1000kmを越えました。
ざっと大阪から札幌まで走った事になります。
いつまでも続く奇岩の群れ群れ、それは気候や環境の違いで変化に富み私たちをいつまでも飽きさせない自然のアートでした。
自分の存在や悩みがちっぽけに感じた広大な大地、私たちが忘れかけた礼節を重んじるモルモン教徒の、そして素朴で心から観光客を歓迎してくれるユタの人々に感謝をしつつ、また、近い将来再び訪れることができるように祈りながらソルトレイクを後にしました。


ソルトレイクを後にします


コメント (2)

ユタ、さようなら~!
長いレポート、ありがとうございました。
ブライスまで読んでから、私、ユタへ旅立ち、
13日過ごして、1週間前に帰ってきました。
帰ってからは、ソルトレイクのレポート、懐かしく(?)読みました。
本当に、大自然の素晴らしさ、ユタの方々のホスピタリティー、感動と感謝の日々でした。
暑いのがちょっときつかったですが、湿気がないので、日影はさわやかでした。
といっても、私が滞在したのは、サウスジョーダンという街で、高い建物は全くなく、日影なんてほとんどなかったですが・・・
アメリカのホームドラマから抜け出したような、美しい街並み、
庭の垣根の遠くに広がる、山々のパノラマ、
教会の尖塔、
かといって、かなり充実したモールがいくつかあり、
家族と教会を中心にした居心地の良い環境でした。
白人中心の保守的な環境という感も否めませんでしたが・・
ザイオンでは2泊し、トゥアカンという岩壁の中に作られたステージでのミュージカルを見ました。
大自然をバックに、歌い踊り、最後は花火です。
ぜひ、次回はいらしてみてください。
ナローズで川の中も歩きました。
胸までつかって、この日は体が冷えて夕方楽でしたが、
砂漠を歩いた日は、芯から熱くなって辛かったです。
帰りにブライスへ寄り、Ruby’s innでお土産を買って、フェアリーランドキャニオンから奇石を眺めました。
ブライスで1泊したかったです。
ソルトレイクでは、ハイスクールミュージカルの舞台のeast highschoolやオリンピックスタジアム、ガバーメントへ行きました。
何せ、高校生と一緒のホームステイツアーなので、観光中心にもできず・・・
でも、ステイしたおうちの方と教会へ行ったり、ご近所のBBQへ招待していただいたり、
普通の観光旅行ではできない体験がたくさんありましたよ!
お2人の体験記を、たくさん参考にさせていただきました。
ありがとうございました!
あ、1つびっくり!
なんと、モルモン教のユタで、ソルトレイクの空港に着いたら、飛行機出た所に喫煙所があるんですよ!
HonoluluでもLAXでもあり得ないのに!!
モールにも灰皿あるし。
観光客にやさしいのかな?

Hawikapaauさん、お帰りなさーい!
我々もこの旅行は3ヶ月前なので、改めて読み返してみると
「短期間で良くこれだけ回ったなー」と我ながら感心してしまいます。
実は今回ぜひナローズまで行きたかったのですが、ザイオンまで行くとなると一日延泊しなくてはならないので、泣く泣く諦めました。
次回は必ずナローズ歩くぞ!と心に誓っております。
最後までお付き合いいただいた皆様、長い間ありがとうございました。いつかまた皆さんのお目にかかれることを願いつつ。
我々のブログのほうもよろしく。

コメントする