Appalachian Music Journey 2014 ブルーグラスを旅して 6

14年12月05日
Link-USA

Mike Block String Camp


フロリダ州ヴィロ・ビーチへ


Appalachian Music Journey 2014 ブルーグラスを旅して 6ノースキャロライナ州からフロリダ州まで南下すること10時間。その週と翌週にフロリダ州ヴィロ・ビーチではMike Block String Camp というヴァイオリン(=フィドル)、チェロ、マンドリン奏者のための二週間に渡るスクールがありました。一週間ごとのスクールになっており、年齢や職業は関係なく、生徒たちが泊まり込みで講師達の音楽論や奏法の授業を受けるというものです。講師は二週間を通して13名程。兼ねてから日本でもFiddle Campを一緒にしたいと思っているフィドラー、ケイシー・ドリーセンが講師をするというので見学に行ってきました。

Jamming at the hotel


Appalachian Music Journey 2014 ブルーグラスを旅して 6現地に到着したのは夜だったので講師や生徒たちが宿泊しているホテルへ直行しました。するとそこには講師や生徒たちが集まり、ジャム(楽器を他の人たちと演奏すること)を楽しんでいる人たちや仲間達との会話を楽しむ人たちが同じ部屋に集まっていました。ブルーグラスで特徴的なのは老若男女問わず、楽器を持つ者たちが それぞれ自分の好きなタイミングで楽器を楽器ケースから出してきて、突然一緒に演奏をはじめることです。このホテルの一番大きい部屋はいつでも参加者が講師も生徒も気兼ねなくやってきて、会話を楽しみ、ジャムができるように常に開放されているのです。

International Music Festival


Appalachian Music Journey 2014 ブルーグラスを旅して 6到着した翌日は第一週目と第二週目のちょうど中日にあたる土曜日で、International Music Festivalというコンサートが開催されました。同フェスティバルではストリングキャンプで第一週目に習った生徒達のお披露目コンサートから始まり、第一週と第二週の講師達がそれぞれ決められた時間の中ステージで演奏するという演目になっていました。教会の大広間での、恐らく毎年それを楽しみにしている地元の人たちが集まる賑やかなコンサートでした。

String Camp


その翌日、月曜日からは朝から夕方までクラスがぎっしり。20人程のグループレッスンから少人数制(3~4人)のクラスまで、先生も生徒達もスケジュールがぎっしり詰まっていました。様々なジャンルの奏者達がキャンプに集まり、クラシックならクラシック、ジャズならジャズ、と音楽ジャンルに分かれている事もなく、 ただ純粋に学びたい者達が集まるキャンプだったのも印象的でした。


Appalachian Music Journey 2014 ブルーグラスを旅して 6Appalachian Music Journey 2014 ブルーグラスを旅して 6

写真 左:プライベートレッスン 右:グループレッスン


Mike Block String Camp http://www.mikeblockstringcamp.com/Florida_main.html


ノースキャロライナ州からフロリダ州ヴィロ・ビーチ


ノースキャロライナ州からフロリダ州ヴィロ・ビーチへ車で行く一例




筆者 プロフィール


井上ゆい子
東テネシー州立大学卒業。ブルーグラス音学科がある同校でブルーグラス特待生として4年間を過ごす。
帰国後、北米からミュージシャンを招聘しブルーグラス音楽を日本で紹介するため奔走中。 http://www.ann-grassroots.com/


次回 ⇒ Lake House に続く


# 1旅の目的
# 2テネシー州からケンタッキー州へ
# 3River of Music Party フェスへ
# 4MIPSOに会いにルイビルへ
# 5フィドラー ケイシー・ドリーセンを尋ねて
# 6フロリダ州ヴィロ・ビーチ Mike Block String Cam
# 7Lake House
# 8日本人陶芸家でバンジョー奏者に会いに