ザビエル大村のニューイングランド見聞録 ~大自然公園とグルメなドライブ~

15年07月02日
Link-USA

ホワイトマウンテン・ナショナルフォレストに行って贅沢料理を食べる


ザビエル大村のニューイングランド見聞録 ~大自然公園とグルメ ドライブ~

5月29日 アメリカ11日目

毎日の素行が良いためか…今日も良い天気。清々しい朝を迎えた。


ニューハンプシャー州のホワイトマウンテン・ナショナルフォレスト


ザビエル大村のニューイングランド見聞録 ~大自然公園とグルメ ドライブ~本日はここメイン州キッタリーからルート16を北上して約2時間、ニューハンプシャー州のノース・コンウェイ(North Conway)を目指します。

このあたりは標高の高い高原地帯で、「White Mountain National Forest」。
ま~、日本風に簡単に言えば
白山国立森林公園」ちゅ~感じでしょうかね?
 
(お馴染みの地図をクリックしたら、でっかい地図が広がります)

ザビエル大村のニューイングランド見聞録 ~大自然公園とグルメ ドライブ~そう言えばアメリカに来てから、山らしい山は見ていないなぁ。。
日本ではどんなに広い平地にいても、遠くにうっすら山並みが見えるものだ。
でもこちらに来てからは、本当にだだっ広い平原。
ハイウェイをあちこち走っていても、自然に恵まれた深い木立はどこにでもあるが、その向こうに山並みが見えるということはなかった。
 
(地図をクリックしたら、、、)

ザビエル大村のニューイングランド見聞録 ~大自然公園とグルメ ドライブ~今日は久しぶりに「森と泉に囲まれて~♪」的な自然に触れに行くのだ。
信州か軽井沢あたりにでも出かける様な気分で、ワクワク!
(ほとんど行ったことはないが…)
いざ、白山へ!

(今回は3連発です)

ホワイトマウンテン・ナショナルフォレストへ向かって


ザビエル大村のニューイングランド見聞録 ~大自然公園とグルメ ドライブ~

ノース・コンウェイへの道はキッタリーから初めに少しだけハイウェイを走るが、あとの大半は下道、一般道。


ザビエル大村のニューイングランド見聞録 ~大自然公園とグルメ ドライブ~

久しぶりの緩いアップ&ダウンの道を走っていくと、徐々に視界の先に山並みが見えてくる。

そんな中をしばらく走ると、信二郎が慣れたハンドルさばきで車を停めた。

と、道の横に神秘的な美しい池があるではないか~。


神秘的な美しい池


ザビエル大村のニューイングランド見聞録 ~大自然公園とグルメ ドライブ~

水面にまわりの木立を映して、上下シンメトリーの美しい景色だ。
そんなに大きな池ではないが、なぜかそれが日本的な”侘び・寂び”を感じさせる。
(写真をクリックしてください!)


Chocorua Lake


ザビエル大村のニューイングランド見聞録 ~大自然公園とグルメ ドライブ~

そこからさらに少し走ると、、、


ザビエル大村のニューイングランド見聞録 ~大自然公園とグルメ ドライブ~
ザビエル大村のニューイングランド見聞録 ~大自然公園とグルメ ドライブ~今度は大きな湖が現れた。
ここは「Chocorua Lake」という有名な湖のようだ。
静かに遠くの山を映して、ゆったりと寝そべっている。
(湖の写真をクリックすると大きな写真を見る事が出来ます)

あまりの美しさに細い橋の上に立ってiPhoneで動画を撮ろうとしたら、なんという奇跡か…
私の立ってる足下の橋からカヌーが2艇、音もなくスーッと滑り込んできた。
すばらし~~!!
おかげでまるでどこかのテレビコマーシャルの様な、美しい映像を撮ることが出来た!
 ↓
動画をどうぞ

髪に、いや…神に感謝!

SACO RIVER COVERED BRIDGE


ザビエル大村のニューイングランド見聞録 ~大自然公園とグルメ ドライブ~
ザビエル大村のニューイングランド見聞録 ~大自然公園とグルメ ドライブ~そしてもうしばらく走ると、木製の屋根のある橋を渡る。
まるで映画「マディソン郡の橋」のようでは、ないかいな!
動画はこちら
この橋は「SACO RIVER COVERED BRIDGE」と言い、最初は1890年に出来たものを後に再建したようだ。

ザビエル大村のニューイングランド見聞録 ~大自然公園とグルメ ドライブ~こんな橋を渡れるなんて、なんか思いっきり、アメリカ~ンな気分。

ザビエル大村のニューイングランド見聞録 ~大自然公園とグルメ ドライブ~
ザビエル大村のニューイングランド見聞録 ~大自然公園とグルメ ドライブ~

White Mountain


ザビエル大村のニューイングランド見聞録 ~大自然公園とグルメ ドライブ~

ほんでもって、もうちょい走ると(走る~走る~、俺たち~♪)
今度は遠くWhite Mountain=白山連峰(?)が眺められる見晴らしの良い場所へ到着。


ザビエル大村のニューイングランド見聞録 ~大自然公園とグルメ ドライブ~

どうやら『SACO渓谷展望台』とでも言うのだろうか。
通りすがりの白人のお兄ちゃんに、信二郎と私の2ショット写真を撮ってもらう。


ザビエル大村のニューイングランド見聞録 ~大自然公園とグルメ ドライブ~

アメリカの深い自然に抱かれながら…ずっと頭の中ではジョン・デンバーが歌う「Take Me Home ,Country Road」と「Rocky Mountain High」がグルグル廻っているのであった。
(この写真もおっきくなります)


ノース・コンウェイのアウトレットへ


ノース・コンウェイにもアウトレットのお店が色々あるそうで、寄ってみることに。
このあたり、信二郎はさすがにその道のプロフェッショナル。
よく知っている。


ザビエル大村のニューイングランド見聞録 ~大自然公園とグルメ ドライブ~

ありましたがな!ありましたがな!
なんとこんな所に「L.L.Bean」のアウトレットの店が!
(ま~、山が近くハイキングなどの観光客も多いので、あっても不思議じゃないが…)
これを素通りして行けるワケはありません。


ザビエル大村のニューイングランド見聞録 ~大自然公園とグルメ ドライブ~
ザビエル大村のニューイングランド見聞録 ~大自然公園とグルメ ドライブ~お店に入ると、
まぁ~、何ということでしょう…あの「Bean Boots」が大きな段ボールに無造作に入れられて、
投げ売りされているではないですか~!
大胆不敵!

そして、まぁ~、何ということでしょう…このデカい靴。
30cm以上あるのでは???
(ちなみに比較の私の足は25,5cmくらい)
なんでもでか~~い、思いっきりアメリカ~ンサイズのBeanブーツとの遭遇であった。

大きなショッピングモールでランチ


ザビエル大村のニューイングランド見聞録 ~大自然公園とグルメ ドライブ~
ザビエル大村のニューイングランド見聞録 ~大自然公園とグルメ ドライブ~ランチは、近くの大きなショッピングモールへ行って食べることにする。
ここでね、初めてのロブスターを頂きましたよ。
「Lobster Roll」$13.95(約¥1,700)。
今回のアメリカ旅で今のところ一番高額な食事。
それをなんと、信二郎がご馳走してくれました!!

ザビエル大村のニューイングランド見聞録 ~大自然公園とグルメ ドライブ~
ザビエル大村のニューイングランド見聞録 ~大自然公園とグルメ ドライブ~
ザビエル大村のニューイングランド見聞録 ~大自然公園とグルメ ドライブ~

ザビエル大村のニューイングランド見聞録 ~大自然公園とグルメ ドライブ~初めて食べたロブスターは上等のタラバガニのようで、とても美味しかった~!
どこまでもエエ奴っちゃな、朋友信二郎!
太っ腹!人間の器が違う!
この味は忘れないよ、信二郎!
と、思いっきり褒めておこう~

 また奢ってね~~!!

ということでこの地元ニューイングランド地方の名物料理「ロブスター」を、海沿いではなくこんな標高の高い山の上で頂くことになりました~~。

美味しいランチをご馳走になった後は、海沿いのキッタリーにもどることにする。


キッタリーにもどってキッタリー


ザビエル大村のニューイングランド見聞録 ~大自然公園とグルメ ドライブ~
ザビエル大村のニューイングランド見聞録 ~大自然公園とグルメ ドライブ~我々の定宿、メイン州「北東旅館(Northeaster Motel)」から車で数分。
ニューハンプシャー州との境の橋を渡ったところに、「潜水艦」が置いてある。
いつものスーパー「マーバス」に買い物に行く時にも、毎日必ずこの横を通る。
我々はこの道をすぐに「潜水艦通り」と名付けたことは、言うまでもない。
この潜水艦のいわれはよく分からないが、
毎日見ていたのでとても愛着がわいてくるのである。

夕霧のキッタリー


ザビエル大村のニューイングランド見聞録 ~大自然公園とグルメ ドライブ~

キッタリーは夕方になってちょっと霧が出てきた。


ザビエル大村のニューイングランド見聞録 ~大自然公園とグルメ ドライブ~
ザビエル大村のニューイングランド見聞録 ~大自然公園とグルメ ドライブ~アメリカに来てから今日まで、食費と時間を倹約して切り詰めてきたのだが…
お昼の「ロブスター」ですっかり舌が肥えてしまった二人。
久しぶりの贅沢な美味しい料理を食べてしまうと、もうあとには戻れない。。。

嗚呼、なんと人間とは欲の深い生き物なのだ。。。。
許せ、神よ! 許せよ、かみさんよ!

懺悔の気持を抱きつつ、夕食はモーテルから車で数分のところにある地元で有名な行列のできるお店、「Bob’s Clam Hut」に行く。

ザビエル大村のニューイングランド見聞録 ~大自然公園とグルメ ドライブ~
ザビエル大村のニューイングランド見聞録 ~大自然公園とグルメ ドライブ~ここがまた、店構えも看板もPOPでアメリカ~ンではないかい!!
この辺りの名物の「Clam」を買ってくるのだ~!

Clamとはいわゆるアサリやハマグリなどの二枚貝のこと。
この辺りは海からのクリーク(入り江)になっているので、たくさん貝類が採れるらしい。
その二枚貝をフライにしたものが、地元の名物料理。

この貝フライとフライドポテトとコールスローサラダのセットが、なんと$23(約¥2,900)! 高い!
しかも日によって値段の変わる、「時価」なのだそうだ!(高級寿司屋みたい…)

ザビエル大村のニューイングランド見聞録 ~大自然公園とグルメ ドライブ~

最高のビールのつまみ


ザビエル大村のニューイングランド見聞録 ~大自然公園とグルメ ドライブ~

もうアメリカ旅も、残り数日。
清水の舞台から飛び降りる気持で、この高価な料理をありがたく頂く!!
(それにしても、なんと舞台が低くて小さいことかぁぁ。。。)


ザビエル大村のニューイングランド見聞録 ~大自然公園とグルメ ドライブ~

これまた美味しくて、ビールがビールがすすむ君!!!

今日は昼食も夕食も、豪華やったなぁ。。。
ごちそうにもなったぜ~~~。幸せな気分。


ザビエル大村のニューイングランド見聞録 ~大自然公園とグルメ ドライブ~
ザビエル大村のニューイングランド見聞録 ~大自然公園とグルメ ドライブ~ふっとモーテルの外を見ると、霧が一層深くなってきた。

ビールとバーボンで心地よく酔いがまわって、すすりなくサックスの響きが聞こえてくるようだぜ。。。

夜霧よ今夜もありがとう。。。

次回 ⇒ ザビエル大村のニューイングランド見聞録 ~ポーツマスのダウンタウンへ~ に続く


ザビエル大村 プロフィール


ザビエル大村7~8歳の頃に初めてギターを手にして以来、すでに半世紀余り。転校生だったため友達も少なく、遊び相手と言えばギターの毎日。中学・高校の頃よりブルースやラグタイム、またアメリカなどのルーツミュージックにはまり、幾年月。ほとんど陽の目を見ない音楽に、全身全霊でのめり込む。

爆風スランプのドラマーファンキー末吉氏に見出され、2000年に「三井はんと大村はん」でキングレコードよりデビュー。
その後「三井ぱんと大村はん」と改名し、”涙と笑いの浪漫ショー”をコンセプトに全国のライブハウスで活動中。

ソロミュージシャンとしても2009年に日本のアコースティックギター界のレジェンド「中川イサト」氏プロデュースによるコンピレーションアルバム『Daybreak 2』に参加。現在も中川イサト氏と共に日本中のライブハウスで演奏活動を続けるかたわら、 全国各地で開催される「中川イサト・ギターセミナー」の准教授役としてセミナーをサポート。

個人でもギター教室を開催し、絶滅危惧的なラグタイム&ブルースギターなどの啓蒙・継承・普及に心血をそそいでいる。

53歳にして初めてのソロアルバム『Good Time Tonight』をリリース。
2014年よりアメリカ・ミネアポリス在住のギタリスト「Dakota Dave Hull」氏と一緒に、日本ツアーを行う。
2015年4月よりNHK Eテレ「いないいないばあ」の「ゆきちゃんのおままごと」コーナーの音楽を担当。

<ザビエル大村 気まぐれ通信> http://www.eonet.ne.jp/~xavier-ohmura/index.html

 


  1. ザビエル大村のニューイングランド見聞録 ~旅のはじめに~
  2. ザビエル大村のニューイングランド見聞録 ~ボストンへ~
  3. ザビエル大村のニューイングランド見聞録 ~メイン州 キッタリーへ~
  4. ザビエル大村のニューイングランド見聞録 ~アメリカのショッピングモール~
  5. ザビエル大村のニューイングランド見聞録 ~あこがれのL.L.Bean 本店~
  6. ザビエル大村のニューイングランド見聞録 ~ニューハンプシャー州 ティルトン~
  7. ザビエル大村のニューイングランド見聞録 ~再びレンサムからローレンス~
  8. ザビエル大村のニューイングランド見聞録 ~見上げる空には アメリカの月~
  9. ザビエル大村のニューイングランド見聞録 ~買付け品の出荷とボストン美術館~
 10. ザビエル大村のニューイングランド見聞録 ~レンタカー交換,大西洋,楽器店~
 11. ザビエル大村のニューイングランド見聞録 ~念願のワークブーツ購入~
 12. ザビエル大村のニューイングランド見聞録 ~大自然公園とグルメなドライブ~
 13. ザビエル大村のニューイングランド見聞録 ~ポーツマスのダウンタウンへ~
 最終章. ザビエル大村のニューイングランド見聞録 ~帰国 最終章~