Nacomiのアメリカ音楽紀行♪ #10 Graceland

15年10月15日
Link-USA

Graceland エルビス プレスリーの邸宅


Nacomiのアメリカ音楽紀行♪ #10 Graceland

Elvis Presley が42歳でなくなるまで20年間住んでいたという邸宅のある Graceland に行ってきた。貧しい家庭に育ったエルビスは、両親にりっぱな家を買うことが一つの夢だったらしく実現させたのがこの家。


Sun Studio 前からシャトルバスにのって Graceland へ。
まずはチケットセンターに到着。豪邸、敷地をみるのは36ドル車や自家用飛行機を見るなら40ドル。ハワイでのコンサートや展示をみるなら45ドル、それ以外に特別な展示をみるなら。。。と、どんどん加算されて最高77ドルまで有る!所要時間は一番高いツアーで3時間半。
迷わず一番安い36ドルのチケットを買ってバスを待ち、やってきたバスに乗り込んだらなんと一人一人にiPadが渡された。
8か国語でのガイドが画像とともに流れてくる。日本語もある。
バスでどこまで行くのだろうと思ったら道を渡って向かい側の敷地へ入っていく。
すぐに豪邸の入口に。


豪邸の中へ


Nacomiのアメリカ音楽紀行♪ #10 Graceland

豪邸に入るとまずはリビングルーム


Nacomiのアメリカ音楽紀行♪ #10 Graceland

両親の寝室。


部屋の前にたちiPadを見ながら(画面も同じ場面が映っている)音声ガイドを聞く。
画面を指でタッチして動かすと、実際はロープが張ってあって中まで入れなくて見れない場所が画面にでてくるようになっている。
そして、さらに音声マークを押すと娘のリサ・マリーの声で解説が聞ける。そして画面上のカメラマークを押すとその部分が大きくなり詳しい解説が書いてあったり、別の写真が見れたり。
数年前までは音声ガイダンスのみだったらしくこのiPadのプログラミングするの大変だったろうなぁと変なところに感心。自分のペースで邸内を進めるので楽だ。


Nacomiのアメリカ音楽紀行♪ #10 Graceland

テレビルーム


Nacomiのアメリカ音楽紀行♪ #10 Graceland

ビリヤードルーム


Nacomiのアメリカ音楽紀行♪ #10 Graceland

ジャングルルーム


ゴージャスな邸宅は、あまり統一されていない趣だったが貴重な展示も多かった。


Nacomiのアメリカ音楽紀行♪ #10 Graceland

エルビスのギターと、エルビスが服役していたころの軍服。


Nacomiのアメリカ音楽紀行♪ #10 Graceland

そして何より驚いたのは、受けたAwardの多さ‼


Nacomiのアメリカ音楽紀行♪ #10 Graceland

こんなに多くのAwardを見たことがなかった!
そして衣装も飾ってあったが183㎝だったとされるエルビスの体格の良さがうかがえた。


瞑想の庭


Nacomiのアメリカ音楽紀行♪ #10 Graceland

外に出ると瞑想の庭とよばれている敷地に出た。
そこにはエルビスのお墓が。


Nacomiのアメリカ音楽紀行♪ #10 Graceland

母親、父親 そして祖母と一緒に眠っている。
この日献花はそんなに多くなかったが命日などになるとお墓が埋もれてしまうぐらいの花でいっぱいになるらしい。


偉大なるエルビス


エルビスは、もし生きていたとしたら今年で80歳。
「黒人のように歌える白人がいれば大スターになる」という Sun Studio のサム・フィリップスが求めていた通りのシンガーだったエルビスは、アメリカ国民にとって「大成功したミュージシャン」としてアイコンになりロックンロールの創始者として音楽史上のまさに、キングとなった。
ともすれば「歴史的人物」との扱いで終わってしまいがちだけどこの豪邸を見て、そしておびただしい数のAwardを見て、あらためてその偉大さを思い知ったし、私もこれから「ファン」になろうと思った。


彼が亡くなったバスルームは公開されていなかったが(2階にある)プライベートな寝室とともに、そのまま保管されているらしい。
ちょっとお高めのツアーだけど、プレスリーのファンでなくてもお勧めしたい。


次回 ⇒ Nacomiのアメリカ音楽紀行♪ #11 Gibson Factory に続く


  1. Nacomiのアメリカ音楽紀行♪ #1 イントロダクション
  2. Nacomiのアメリカ音楽紀行♪ #2 アレキサンドリアへ
  3. Nacomiのアメリカ音楽紀行♪ #3 Little Walter Music Fes.
  4. Nacomiのアメリカ音楽紀行♪ #4 シカゴでバースデーライブ
  5. Nacomiのアメリカ音楽紀行♪ #5 初メンフィス
  6. Nacomiのアメリカ音楽紀行♪ #6 メンフィスのBlues Foundation
  7. Nacomiのアメリカ音楽紀行♪ #7 ロックンソウル博物館
  8. Nacomiのアメリカ音楽紀行♪ #8 STAX Museum
  9. Nacomiのアメリカ音楽紀行♪ #9 Sun Studio
 10. Nacomiのアメリカ音楽紀行♪ #10 Graceland
 11. Nacomiのアメリカ音楽紀行♪ #11 Gibson Factory
 12. Nacomiのアメリカ音楽紀行♪ #12 Memphis 音楽事情
 13. Nacomiのアメリカ音楽紀行♪ #13 Memphis の Soul Food
 14. Nacomiのアメリカ音楽紀行♪ #14 再びシカゴへ
 15. Nacomiのアメリカ音楽紀行♪ #15 シカゴピザ事情
 16. Nacomiのアメリカ音楽紀行♪ #16 Chicago Blues Festival
 17. Nacomiのアメリカ音楽紀行♪ #17 リンカーンパーク動物園
 18. Nacomiのアメリカ音楽紀行♪ #18 ミュージアム・キャンパス
 19. Nacomiのアメリカ音楽紀行♪ #19 シカゴライブハウス巡り
 20. Nacomiのアメリカ音楽紀行♪ #20 Blues on the fox

Nacomi プロフィール


Nacomiのアメリカ音楽紀行♪日本を代表するブルースウーマン。
その活動は国内だけでなく台湾、アメリカにも広がり、シカゴブルースのレジェンドハーピストLittleWalterの娘が主催するLittleWalterFoundationの推薦でルイジアナ州アレキサンドリア市LittleWalterMusicFestivalに、初めての日本人として、2年連続出演。現地で大歓迎されローカルテレビニュースに出演、人気バンドとなる。最近5年間は毎年渡米、サンフランシスコシカゴニューオリンズメンフィス等を中心に活動している。Blues-e-newsでの2015年、女性ミュージシャン人気投票で7位という快挙。
アルバムは『GRABBED MY HEART』(2007年)『金魚のSwampie』(2010年)『Nacomi sings Little Walter』(2014年)の3枚がリリースされており、ずっとロングセラーを続けている。最近のアルバム『Nacomi sings Little Walter』は国内だけでなく海外でも人気。

Nacomi オフィシャルHP ⇒ http://nacomitanaka.com/
※ ライブ情報、CDの購入などに関しては、Nacomi オフィシャルHP をご覧ください。


 大きな地図で見る


メンフィスの観光スポット


観光スポット(一般観光)
 ビールストリートサンスタジオ
 グレースランドグレースランド マンション
 エルビス プレスリーズ メンフィスゲスト ハウス アット グレースランド
 ギブソン メンフィス工場スタックス・アメリカンソウル博物館
 メンフィス・ロックンソウル博物館W.C.ハンディ ハウス博物館
 メンフィス音楽大殿堂博物館ブルースの殿堂博物館
 ナショナル・シビルライツ博物館(国立公民権博物館)
 オルフェルム劇場キャノン センター
 コットンミュージアムスレイブヘブン博物館
 ビッグ・リバー・クロッシングテネシー ウェルカムセンター
 マッドアイランド・リバーパークミシシッピリバーミュージアム
 ピーバディ メンフィスメインストリートトロリー
 エルナンド・デ・ソト ブリッジ
 レビット シェルメンフィス動物園
 メンフィス国際空港シェルビー・ファームズ・パーク
グルメ & ミュージック バー
 B.B.キング ブルース クラブラム・ブギー・カフェ
 シルキーオサリバンズイッタ ベナ レストラン & バー
 アーケードレストラン
 チャールズ ベルゴズ ランデブーセントラルBBQ
 フェリシア・スザンヌズGus's Fried Chicken
 ザ ビューティー ショップブラフ シティ コーヒー
ミュージック
 メンフィスの3人のミュージック・キング   メンフィス交響楽団
 インターナショナル・ブルースチャレンジ
 ビール ストリート ミュージック フェスティバル
スポーツ
 オートゾーンパークフェデックス・フォーラム
 リバティボウルメンフィスオープン
ショッピング
 ランスキーブラザーズバスプロショップス・アット・ザ・ピラミッド
 メンフィス ドラム ショップ
メンフィスのホテル
 デラックス クラス  スタンダード クラス  エコノミー クラス

コメントする