ベストシティに選ばれる人気都市チャールストン Charleston

18年05月15日
Link-USA

チャールストン Charleston


Charleston (4)

チャールストンサウスカロライナ州南東部に位置し、アメリカ南部では最大で最古の港湾都市です。日本ではあまり聞きなれない都市ですが、Travel & Leisure が発表する2017年の ” The World’s Best cities in the United States” の1位に選ばれているアメリカでは人気の都市です。18世紀にはアメリカ南部の貿易の中心地として栄えましたが、独立戦争でイギリス軍に陥落され、南北戦争時に最初に連邦離脱が決議され、戦争の火ぶたが切られた歴史歴な街でもありますが、歴史的建造物も多く残っており、イングランド王チャールズ二世の名にちなみ、チャールストンと名付けられました。


サウスカロライナ州 チャールストン国際空港 Charleston International Airport


Charleston (1)

そのチャールストンへは日本からは直行便がなく、デルタ航空でアトランタ経由かユナイテッド航空でニューヨーク経由して行くことができます。今回は成田からアトランタを経由してチャールストンへ行きました。アトランタ国際空港では入国審査後、トラムでターミナル移動し、乗り継ぎをしましたが、航空統計を扱うOAG(OAG Aviation Worldwide Limited)によると、アトランタ国際空港はハブ空港として乗り継ぎ可能回数が世界1位で年間利用者が9,000万人を超える世界で最も忙しい空港と言われおり、入国審査に時間を要する場合もあると思いますので、乗り継ぎ時間が短い場合は注意が必要です。今回、成田からのフライトの場合は3時間の乗り継ぎ時間でしたが、レストランで食事を取ることができる余裕はありました。チャールストン国際空港は2つのコンコースのみで巨大な空港ではないので、特に迷うことのないシンプルな空港です。チャールストン国際空港にはアラモレンタカーをはじめ、各大手レンタカー会社が揃っていますので、自由気ままに旅行する場合でも便利です。チャールストンのダウンタウンまでチャールストン国際空港からは車で約20分です。

Charleston International Airport 5500 International Blvd, Charleston, SC 29418
  ⇒ マップを見る


聖なる都市 The Holy City


Charleston (3)

チャールストンは”The Holy City(聖なる都市)”という別名があります。街の至る所に教会があり、教会の突き出した尖塔が街のスカイラインになっているため、The Holy Cityと呼ばれているのです。


Charleston (2)

昔からあらゆる宗教に寛容で多くの歴史的な教会が残っています。その中でもひときわ高い建物で街の中心にある St. Philip’s Episcopal Church(セント フィリップス エピスコパル教会)は1682年に建てられたものが焼失し、2回建て直されており、現在の位置に建てられたものは3代目の教会になります。

St. Philip’s Episcopal Church 142 Church St, Charleston, SC 29401
  ⇒ マップを見る


キングストリートエリア 街の中心にある歴史地区


Charleston (5)

チャールストンの街の中心、レストランやショップが軒を連ねているキングストリートエリアには歴史地区があり、歩いてまわることが可能です。また、Rainbow Row(レインボー ロウ)と呼ばれる通りにはカラフルなパステルカラーの建物が並びインスタ映えするポイントもあります。

King Street King St, Charleston, SC 29401
  ⇒ マップを見る


ウォーターフロント公園 Waterfront Park


Charleston (6)

Waterfront Parkウォーターフロント公園)はカーニバルクルーズなどが寄港する埠頭もあり、広々とした公園は市民の憩いの場として親しまれています。


Charleston (7)

船での長旅のお土産として持ち帰られることの多かったパイナップルが公園のシンボルとして噴水にも利用されています。

Waterfront Park 1 Vendue Range, Charleston, SC 29401
  ⇒ マップを見る


マグノリア プランテーション アンド ガーデンズ Magnolia Plantation & Gardens


Charleston (8)

Magnolia Plantation & Gardens(マグノリア プランテーション アンド ガーデンズ)は1676年にドレイトン家によって建てられました。南北戦争や災害など幾度の困難を乗り越えて、今もなおドレイトン家によって運営されています。入場料は大人(13歳以上)$20.00。小人(6-12歳)$10.00、5歳以下は無料です。(2018年2月現在)約45分のNature Train(ネイチャートレイン)と約30分のThe Plantation House Tour(ザ プランテーション ハウス ツアー)に参加しました。いずれも英語ガイドが案内するツアーで料金は大人・小人同額$8.00になります。


Charleston (9)

Nature Train はトラムに乗って広大な農園内をまわります。


Charleston (10)

道中にはクロコダイルや野鳥などの生物を観察することもでき、当時奴隷として農園で働いていた人たちの住居なども見ることができます。(2018年2月現在)


Charleston (11)

また、The Plantation House Tourは10の部屋が一般公開されておりますが、現在の建物は1810年と1865年に焼失しているので、3代目の建物になります。アメリカ初期の骨董品やキルト、ドレイトン家の家宝が展示されています。館内は撮影禁止になっています。

Magnolia Plantation & Gardens 3550 Ashley River Rd, Charleston, SC 29414
  ⇒ マップを見る


チャールストンのマップを見る




チャールストンのマップ


チャールストン国際空港,セント フィリップス エピスコパル教会,キング・ストリート,ウォーターフロント・パーク,マグノリア・プランテーション・アンド・ガーデンズの位置を確認いただけます。


 ⇒ 大きな地図で見る


ページTOPへ

コメントする