Prince:ライブ・オン・ザ・ビッグ・スクリーン

18年07月12日
Link-USA

ビッグスクリーンに Prince がよみがえった!


Day2 4月20日(土曜日)


セレブレーション2日目も盛りだくさんの内容。2日目の公式スケジュールはこの通り。


11:00 ~ 11:50am フィルム・コンサート
12:00 ~ 12:45pm MPLS:パネルトーク
12:55 ~ 01:40pm フィルム・コンサート
8:00pm ~ Prince:ライブ・オン・ビッグスクリーン
(@ミネアポリスターゲットセンター

ペイズリーパークへ


ペイズリーパークへ今日もUberで一人旅・・・

ペイズリーパークへすごい人発見。

フィルム・コンサート ~ MPLS:パネルトーク ~ フィルム・コンサート


最初のプログラム、プリンスのピアノ弾き語りライブ・スクリーニングでは、そのあまりの神々しさに場内はしずまり返りすすり泣きさえ聞こえた。しかし、続くパネルトークでは初期のプリンスのキャリアを支えたバンドメンバーが抱腹絶倒の暴露話を披露して場内は爆笑。
 
「普段のプリンスはどんな人だったの?」という観客からの質問には「ジョークが好きでいたずらっ子というかんじだったね。いつも笑っているイメージ」
その昔、ツアーでメンフィスに向かう途中の飛行機で、冗談半分で備品を“失敬”したところ空港でメンフィスポリスに連行され、手錠をかけられて一晩ブタ箱入りしたことがあったとか。女性看守のひとりがプリンスに気付いて、「アー ユー プリンス?」と興奮して声をあげた、という話には場内爆笑。
「その後はしばらくその航空会社から出入り禁止になったんだ」



プリンスの散歩ルート


プリンス 所縁の地

あたりはまだ銀世界
あたりはまだ銀世界快晴。気温も少し緩やかになってきたけれど、あたりはまだ銀世界。
 
ペイズリーパーク前の消火栓も紫色。

プリンスの散歩ルート
プリンスの散歩ルートペイズリーパーク横のプリンスの散歩ルートは、ファンの間では“聖地”になっている。
地元の人は散歩や買い物を楽しむ彼のプライバシーを尊重し、隣人として普通に接していたという。プリンス行きつけの自転車の修理屋さんもあった。彼がいかにこの町になじみ、愛していたかがわかる。

プリンスの散歩ルート

一緒にいたファンとゴスペルをうたいながら撮影。ここではみんな陽気だ。


トンネルの地図このトンネルは、ペイズリーパークの北側に走る大きな通り、アーボリータム・ブルーバード(Arboretum Blvd.)の下をくぐる道です。
ペイズリーパークの駐車場を出て南北に走るオーデュポン・ロードをアーボリータム・ブルーバードの方に進み、アーボリータム・ブルーバードの手前にある道(緑の線)を東に行くと、このトンネルがあります。

プリンスの散歩ルート

夜のイベントはミネアポリス市内にあるターゲットセンターが会場。時間があるので、いったんホテルへ帰る。
ホテルへの帰り道は、運よく同じ方向に向かうご夫婦とUberをシェアさせてもらった。なんとふたりはイギリスからこのセレブレーションのためにやってきたのだという。


Prince:ライブ・オン・ビッグスクリーン @ターゲットセンター


Prince:ライブ・オン・ビッグスクリーン @ターゲットセンター

今日のセレブレーションのメインイベントは、午後8時からミネアポリスターゲットセンターで行われたプリンス・コンサート。2011年にノースキャロライナで行われたライブ映像をバックに、バンドメンバーが寸分くるわずにシンクロさせるという緊張感あふれるライブ。
ありえないほどの完成度だ。プリンスは間違いなく、そこにいた。


Prince:ライブ・オン・ビッグスクリーン @ターゲットセンター

これで世界をツアーできる。実際、ツアーの“嘆願書”をSNS上で受け付けているそうだ。


Prince:ライブ・オン・ビッグスクリーン @ターゲットセンター
The Fence会場の1階には、The Fenceが特設されていてここにもファンらがメッセージを寄せていた。もちろん、記念写真。


First Avenue & 7th St. Entry ファースト アベニュー&セブンス ストリート エントリー


プリンス 所縁の地

ファースト アベニュー First Avenue

ライブ終了後はもう、興奮状態でもちろんホテルへ直帰できず。
おのずと足はふらふらとあの「ファーストアベニューFirst Avenue)」へ向かっていた。ここは、映画『パープル・レイン』のライブシーンの撮影が行われた、プリンスファンにとって聖地のひとつ。
今夜はもちろんスペシャルイベント、しかも満員御礼で中へは入れなかった。今度日を改めてゆっくり来よう。


First Avenue & 7th St. Entry
(ファースト アベニュー&セブンス ストリート エントリー)
●所在地:701 First Avenue North, Minneapolis, Minnesota 55403
 ⇒ ファースト アベニューの詳細ページ



ダコタ・ジャズクラブ&レストラン Dakota Jazz Club & Restaurant


プリンス 所縁の地

Jazzクラブ ダコタ・クラブそして向かったのは、プリンスもよくお忍びで現れた、ミネアポリス市内で最も有名なJazzクラブ「ダコタ・ジャズクラブ」。
今夜の出演はプリンスのバンドメンバーでヴォーカリストのLiv Warfieldだったので、これは行かなければなるまい。清水の舞台から飛び降りるつもりで大枚はたいてやっと隅っこの相席を確保。

Liv Warfield のステージ


Liv Warfield

プリンス・ファミリーの歌姫、Liv(左)。ギターはプリンスのバンドのDONNA GRANTIS(3RDEYEGIRL)。ターゲット センターでのライブを終えたメンバーたちも飛び入りして余は更けていく・・。
 
彼女もうまかったけど、バンドがよかったなぁ。
0時を回ったころに、さっきライブを終えたメンバーたちも店にやってきてちょっとギグってくれた。終わったらもう2時ごろ。やっとつかまったUberでホテルにかえったらもう3時前。早くにつかまえればよかった、とちょっと後悔。幸い、明日のスタートは夕方だから今日はゆっくり眠ろう。


⇒ 次回に続く




長野尚子プロフィール


長野尚子プロフィールイリノイ州 シカゴ郊外在住、フリーライター兼編集者、ときどきジャズ・シンガー。剣道家。「人類平和」を究極のテーマとし、音楽、国際文化交流、教育、食、旅などの分野で人脈を広げながら執筆活動中。極上のブルースを求めてひとりでシカゴの夜を徘徊するのが趣味。著書に、アメリカでの「人生棚卸し」の旅3年間を綴った『たのもう、アメリカ。』(近代文芸社)。シカゴのアート&エンタメにフォーカスしたニュースサイトChicago Samuraiシカゴ侍)」管理人。

Shoko Nagano HPhttp://www.shokochicago.com/

ページTOPへ


ダコタ・ジャズクラブ&レストランの場所と行き方


Dakota Jazz Club & Restaurant 1010 Nicollet Mall, Minneapolis, MN
ミネアポリス・セントポール国際空港から車(レンタカー)で行く場合の一例。

 ⇒ 大きな地図で見る


ページTOPへ


コメントする