メンフィス Home of the Blues and the Birthplace of Rock ‘n’ Roll

18年08月07日
Link-USA

メンフィス アメリカ音楽好きのあこがれの地


memphis2018-001

メンフィスは、アメリカ音楽の中でも黒人音楽が好きな人にとって、一度は行ってみたい街の一つだろう。何故なら、ブルースはこの街で育ち、ソウルやロックンロールはこの街で産まれたからである。
ブルースはメンフィスがあるテネシー州やさらに南にあるミシシッピ州で演奏していたブルースメンがメンフィスに集まってきた。その頃はアコースティックギターなどで弾き語るスタイルだった。メンフィスよりも北にあるシカゴで黒人労働者を必要とする産業が成長するにつれて、多くの黒人労働者がシカゴなどに移る際に、メンフィスに居たブルースメン達もシカゴに移住し、楽器がエレキ化されシカゴブルースへ発展していった。
ソウルミュージックは、メンフィスで産まれ、デトロイトが自動車産業で黒人労働者と共にミュージシャンもデトロイトへ流れ、モータウンサウンドと呼ばれるソウルミュージックへとなった。
ロックンロールの誕生に関しては諸説があるが、音楽の一つのスタイルとして注目され、当時の若者たちの間で流行したきっかけを作ったのは、エルビス プレスリーである事は間違いなく、デビュー曲である「That’s All Right 」をレコーディングしたのがメンフィスサンスタジオであったことから、メンフィスがロックンロールの生誕の地と言われている。


メンフィスと自分


メンフィスはこのような街なので、アメリカ音楽が好きな人にとって、一度は行ってみたい街の一つだろうなんてことを冒頭に書いているが、実際に自分がメンフィスへ行くのは今回が初めてである。若い頃には行く余裕もなく、おっさんになってからも、シカゴメンフィスニューオーリンズは一度は行ってみたいと漠然と思っていただけで、なかなか行動にうつせていなかった。
それが、孫ができて じいさんになってから、メンフィスへ行きたいと思う出来事がいくつか起こった。


ぼちぼちいこか/上田正樹と有山淳司今から40年ぐらい前の事になるが、高校生の時に先輩にこれを聞けと『ぼちぼちいこか/上田正樹と有山淳司』というレコードを渡された。大阪と京都でブルースを大阪弁で歌うという、いわゆる関西ブルースと呼ばれたジャンルの音楽が産まれたが、その中の一枚であった。大阪弁の歌詞で、いくつかの曲に、道頓堀、北新地、御堂筋、梅田、なんばなどの大阪の地名がちりばめられているので、大阪出身の僕は、すぐにその世界に引き込まれた。曲調はブルースだったりラグタイムであった。

この熱い魂を伝えたいんや/上田正樹とサウス・トゥ・サウス次に貸してくれたアルバムが『この熱い魂を伝えたいんや/上田正樹とSOUTH TO SOUTH』というライブ盤で、ソウルやリズム&ブルースのオンパレードでアレサ フランクリンやオーティス レディング、そしてエルビスのカバー曲なども入っている。このアルバムが気に入った理由は後々に気付くのであるが、リズムに体が反応していたのだ。耳で聞くのでなく、体で感じていたのだ。中でも、ラスト曲の「お前を離さない」という曲のノリが凄くて大好きな曲になった。後にこの曲がオーティス レディングと言う人の「Can’t Turn You Loose」であると知り、オーティス レディングを聞くようになった。

若い頃は全く理解してなかったが、この2枚のアルバムに収められている多くの曲がデルタブルース、ラグタイム、サザンソウル、リズム&ブルースなどのメンフィスミュージックだったのである。この2枚のレコードを通じて、オリジナルではないけど、メンフィスミュージックが10代の頃に刷り込まれていたのである。


なにわブルースフェスティバル数年前に関西ブルースを継承するための団体ができて、2016年から一年に一度”なにわブルースフェスティバル“というイベントを開催するようになった。このイベントのメインミュージシャンは前出の2枚のレコードのバンドメンバーの一人である有山じゅんじさんで、40代から有山さんと親交がある僕もこのイベントをお手伝いすることになった。そして、2枚のアルバムを改めて聞いていると、メンフィスの音楽をもっと掘り下げてみたいと思った。
それと、有山じゅんじさんのライブのお手伝いをしている時に時々、『ぼちぼちいこか』と『この熱い魂を伝えたいんや』を僕に貸してくれた先輩はどうしているんだろうと思いだすことがあったが、実際には連絡する事は無いまま日が経っていた。それが、昨年にその先輩が亡くなったという話を聞いた。まだ50代半ばという年齢もあったが、死因が風邪をこじらせたという嘘のような話に驚いた。先輩の訃報とメンフィスへ行きたいという気持ちに直接的なつながりはないが、「会いたいと思う人と会っておくべき。行きたいと思う所へ行っておくべき。やりたいと思う事をやっておくべき」と思った。そう思うと、やはりメンフィスへは行っておくべき場所だと思った。
他にもメンフィスへ行きたいと思う出来事が50代になってから起こるのだが、それは他のページで書くとしよう。

次回 ⇒ 2. WiFiルーターと翻訳機 ili に続く


 ミシシッピ・リバー・カントリーUSA  Memphis Tourism




メンフィス ビールストリート の場所と行き方


Beale Street 
メンフィス国際空港から車(レンタカー)で行く場合の一例。

 ⇒ 大きな地図で見る


ページTOPへ


コメントする