バスプロショップス・アット・ザ・ピラミッドのLookOut

18年09月10日
Link-USA

バスプロショップス・アット・ザ・ピラミッド


バスプロショップス・アット・ザ・ピラミッド
バスプロショップス・アット・ザ・ピラミッドメンフィスのミシシッピ川沿いを歩いていると大きなキラキラと輝いているピラミッドを、よく目にします。メンフィスの地名はエジプトのメンフィスから付いた名前で、その象徴的な建造物としてピラミッドが1991年に建設されました。大きさは、高さ321フィート(98m)、底辺は591フィート(180m)もあるそうです。当初の計画ではメンフィス市と起業家のシドニー・シュレンカー(Sidney Shlenker)が共同でメンフィスの観光スポットとして開発を手掛けていましたが、シドニー・シュレンカーが財政難に陥り、結果的にはメンフィス市がスポーツ競技場としてオープンさせ、NBAのメンフィス・グリズリーズ(Memphis Grizzlies)や、メンフィス大学メンズバスケットボールプログラムのためのホームコートとなり、ピラミッドアリーナ(Pyramid Arena)と呼ばれていました。しかし、両チームは2004年11月に新たに建設されたフェデックス・フォーラムFedEx Forum)に移転してしまいました。
2005年から5年間の交渉を経て、大手アウトドアショップの Bass Pro Shops が、メガストアとしてリースすることが決定し、耐震補強やショップ用に改装工事が行われ、2015年4月29日にバスプロショップス・アット・ザ・ピラミッドBass Pro Shops at the Pyramid)としてリニューアルオープンしたのです。
バスプロショップス・アット・ザ・ピラミッドの場所と行き方

広大なバスプロショップス・アット・ザ・ピラミッドの店内


バスプロショップス・アット・ザ・ピラミッド

このバスプロショップス・アット・ザ・ピラミッドは、535,000平方フィートの広さを持つ、世界で最もダイナミックなアウトドアショップとして有名です。内部四方の2階と3階には、ツリーハウスキャビン付きの103室のホテルがあります。日本人の概念では想像が付かない施設です。


バスプロショップス・アット・ザ・ピラミッド

バスフィッシングに関する商品はもちろん、アパレル商品、アウトドア・ファッション、ハンティング用品やプレジャーボート、ATVなどありとあらゆるアウトドア関連商品が並んでいます。至る所に人工の岩場が組まれて野生動物のはく製が置かれ、いくつかの池には魚やアヒルが泳いでいて、まるでテーマパークです。


ザ・ピラミッドのLookOutからメンフィスのダウンタウンやミシシッピ川を見渡す


ザ・ピラミッドの展望台

このピラミッドの中央にとても高い鉄塔がそびえています。この鉄塔の中にエレベーターがあり、ビルの高さで28階にあたる展望レストランと展望台へ行くことができます。このエレベーターは、上階部と最下位部の2点以外に支えの無いフリースタンディングエレベーターで、フリースタンディングエレベーターとしてはアメリカで最も高いものとなります。


ザ・ピラミッドの展望台

このエレベーターの下部の所に展望台へ行くエレベーターのチケットブースと乗り場があります。エレベーターはガラス張りでピラミッドの内部を見下ろすことができます。


ザ・ピラミッドの展望台

展望所は、ピラミッドの南に面するところにあり、正面から西側に向けてミシシッピ川を眺めることができます。すぐ目の前にエルナンド・デ・ソト ブリッジを走るハイウェイ40号線が見えます。ビッグ・リバー・クロッシングがある、ハラハン橋も見えています。


ザ・ピラミッドの展望台

視線を少し東側へ向けると、白い屋根のメンフィス・クック・コンベンションセンターとダウンタウンのビルやホテルが見えています。


ザ・ピラミッドの展望台

この展望所のキモは足元が強化ガラスで下が薄っすらと見えている事です。ガラスが反射して、写真では分かりにくいと思いますが建物の真ん前の道路が見えているのが分かりますか? たまたまですが、僕がこの金属のプレートを踏んだ時に「バッキ!」という大きな音が鳴り、下を恐る恐る覗いていた女性3人組が「ギャー!」と大きな叫び声をあげてこちらへすっ飛んで来たので僕も驚きました。


ザ・ピラミッドの展望台

この展望台がある最上階にはフルサービスのレストランとバーがあります。中央に円筒状の大きな水槽があり生きた魚が泳いでいます。頭上には金属製の魚の形をしたオブジェが釣り下がっています。サンセット時にはとても美しい景色が見れることで人気です。


次回 ⇒ 32. フライト レストラン & ワインバー でディナー に続く


 ミシシッピ・リバー・カントリーUSA  Memphis Tourism


  1. メンフィス Home of the Blues and the Birthplace of Rock 'n' Roll
  2. WiFiルーターと翻訳機 ili
  3. メンフィス国際空港 Memphis International Airport
  4. サウス・メイン・ストリート S Main Street
  5. ブルース ミュージック アート ミュージアム Blues Music Art Museum
  6. ビールストリートへやってきた
  7. ギブソンギター メンフィス工場の現状
  8. ビールストリートを歩いてみる
  9. マディソン ホテル Madison Hotel
 10. 夜のビールストリート
 11. アーケードレストラン The Arcade Restaurant
 12. 国立公民権運動博物館を見学
 13. ブルースの殿堂博物館(Blues Hall of Fame Museum)へ
 14. セントラルBBQでランチ
 15. サウス・メインストリート歴史地区 South Main Street Historic District
 16. グレースランド エルビス プレスリーのテーマパーク
 17. メンフィス ドラムショップ Memphis Drum Shop
 18. Railgarten Ping Pong
 19. ビッグ・リバー・クロッシング ミシシッピ川を渡る
 20. イッタ・ベナ・レストランでディナー
 21. ビール・ストリート・ランディングに行ってみた
 22. リバーウォークとリバーサイドドライブ
 23. Temple of Deliverance の礼拝を見学
 24. メンフィス・ロックンソウル博物館でメンフィスの音楽に関して学ぶ
 25. クロスタウン コンコースでヘルシーランチ
 26. シェルビー・ファームズ・パークでサイクリング
 27. 日曜日 午後のビールストリート
 28. Memphis Blues Trail 61 のサイン
 29. ピーバディ メンフィスのダッグマーチ
 30. ピーバディ メンフィスのランスキーブラザーズ
 31. バスプロショップス・アット・ザ・ピラミッドのLookOut
 32. フライト レストラン & ワインバー でディナー
 33. ラム・ブギー・カフェでグッドミュージックに浸る
 34. カフェ キーオでヨーロピアン・ブレックファースト
 35. サンスタジオを見学 2階の展示スペース
 36. サンスタジオを見学 レコーディングスタジオ編
 37. コットンミュージアムでメンフィスの歴史を学ぶ


バスプロショップス・アット・ザ・ピラミッドの場所と行き方


Bass Pro Shops at the Pyramid 1 Bass Pro Dr, Memphis, TN


メンフィス国際空港からバスプロショップス・アット・ザ・ピラミッドへ、車(レンタカー)で行く場合の一例。

 ⇒ 大きな地図で見る


ページTOPへ

コメントする