スレイブヘブン博物館で黒人奴隷の逃亡について学習する

18年09月20日
Link-USA

逃亡する黒人奴隷の中継ステーション


スレイブヘブン博物館(Slave Haven Underground Railroad Museum)

スレイブヘブン博物館(Slave Haven Underground Railroad Museum)は、メンフィスのアップタウンの少し北、ノース・セカンド・ストリート(N.2nd St)沿いにあります。レンタカーで行くのであれば駐車場があります。レンタカーを借りていないなら、最も便利なのはUBER(ウ―バー)となります。他の方法としては、メンフィストロリーのMain Street Rail Line に乗って一番北の William Hudson Transit Center(google Map では Whtc@Main)で降りて徒歩で約15分です。
スレイブヘブン博物館の場所と行き方


スレイブヘブン博物館(Slave Haven Underground Railroad Museum)スレイブヘブン博物館は、元々はジェイコブ バークル(Jacob Burkle)というドイツからの移民が建てた家ですが、アフリカから連れてこられた黒人奴隷がコットン農場などから脱走してきて、奴隷所有者の追跡の手が届かない北部まで逃れきる為の秘密の中継地点(ステーション)でもあったのです。その役割は1855年から奴隷制度が廃止されるまで(奴隷解放宣言は1865年1月に可決)続いたそうです。住居の地下に、捜索の目をごまかすための隠れ場所があり、今でも残っていて見学する事ができます。他にも、この博物館には奴隷制度についてや逃亡に関する様々な貴重な資料が残っていますが、撮影は一切禁止でメディアの取材であっても許可されませんでした。
館内はツアーに参加する事により見学ができます。ツアーなどの詳細はスレイブヘブン博物館の公式ホームページで確認ください。
また、ツアーに関しては全て英語ですが、ガイドによっては南部訛りであったり、専門用語が多いので、理解するためには、最低でも国立公民権運動博物館コットンミュージアムなどで、黒人奴隷に関する基礎知識をつけておいた方が良いでしょう。
他の博物館の展示よりも、更に奥の深い話が聞けた離、興味深い展示物もあるので、黒人奴隷に関して興味がある方にとっては、貴重な体験ができると思います。
スレイブヘブン博物館

スレイブヘブン博物館(Slave Haven Underground Railroad Museum)

スレイブヘブン博物館の表には大きなマグノリアの木が立っています。このマグノリアは逃亡の為のステーションである目印だったそうです。なのでこのマグノリアは樹齢160年以上という事ですね。
この博物館で知ったことの中で印象的な事をいくつか記載しておきます。
・逃げ出した奴隷には懸賞金が掛けられ、その懸賞金目当ての奴隷ハンターが居たそうです。優秀な奴隷(労働力が高い)ほど、懸賞金は高くなります。
・初期の頃に逃亡者を誘導する為に西アフリカで遠距離の通信に使われていたトーキング・ドラムが使われていましたが、すぐにばれたそうです。
・逃亡の経路を伝える為の方法は複雑になり、織物の柄や髪の毛の編み込みで記したそうです。その織物は館内で見ることができます。


次回 ⇒ 41. Lansky Bros. Clothier to the King に続く


 ミシシッピ・リバー・カントリーUSA  Memphis Tourism


  1. メンフィス Home of the Blues and the Birthplace of Rock 'n' Roll
  2. WiFiルーターと翻訳機 ili
  3. メンフィス国際空港 Memphis International Airport
  4. サウス・メイン・ストリート S Main Street
  5. ブルース ミュージック アート ミュージアム Blues Music Art Museum
  6. ビールストリートへやってきた
  7. ギブソンギター メンフィス工場の現状
  8. ビールストリートを歩いてみる
  9. マディソン ホテル Madison Hotel
 10. 夜のビールストリート
 11. アーケードレストラン The Arcade Restaurant
 12. 国立公民権運動博物館を見学
 13. ブルースの殿堂博物館(Blues Hall of Fame Museum)へ
 14. セントラルBBQでランチ
 15. サウス・メインストリート歴史地区 South Main Street Historic District
 16. グレースランド エルビス プレスリーのテーマパーク
 17. メンフィス ドラムショップ Memphis Drum Shop
 18. Railgarten Ping Pong
 19. ビッグ・リバー・クロッシング ミシシッピ川を渡る
 20. イッタ・ベナ・レストランでディナー
 21. ビール・ストリート・ランディングに行ってみた
 22. リバーウォークとリバーサイドドライブ
 23. Temple of Deliverance の礼拝を見学
 24. メンフィス・ロックンソウル博物館でメンフィスの音楽に関して学ぶ
 25. クロスタウン コンコースでヘルシーランチ
 26. シェルビー・ファームズ・パークでサイクリング
 27. 日曜日 午後のビールストリート
 28. Memphis Blues Trail 61 のサイン
 29. ピーバディ メンフィスのダッグマーチ
 30. ピーバディ メンフィスのランスキーブラザーズ
 31. バスプロショップス・アット・ザ・ピラミッドのLookOut
 32. フライト レストラン & ワインバー でディナー
 33. ラム・ブギー・カフェでグッドミュージックに浸る
 34. カフェ キーオでヨーロピアン・ブレックファースト
 35. サンスタジオを見学 2階の展示スペース
 36. サンスタジオを見学 レコーディングスタジオ編
 37. コットンミュージアムでメンフィスの歴史を学ぶ
 38. テネシー ウェルカム センター に寄ってみた。
 39. Gus's Fried Chicken 世界的に有名なスパイシーフライドチキンの店
 40. スレイブヘブン博物館で黒人奴隷の逃亡について学習する
 41. Lansky Bros. Clothier to the King
 42. メンフィス音楽大殿堂博物館を見学
 43. ザ ビューティー ショップ でディナー
 44. ブルー プレート カフェ Blue Plate Cafe
 45. オーバートン・バークへ行ってみた
 46. オーバートン・スクエア ミッドタウンのランドマーク
 47. オーバートン・スクエアの周辺
 48. スタックス博物館でオーティス レディングを思う
 49. ウィリー ミッチェルズ ロイヤルスタジオを訪問
 50. ローレンス“ブー”ミッチェル氏
 51. 約束の地、メンフィス ~テイク・ミー・トゥー・ザ・リバー~
 52. ロイヤルスタジオ <番外編>
 53. チャールズ ベルゴズ ランデブーでバーベキューリブをいただく
 54. メンフィス探訪 2018 まとめ


スレイブヘブン博物館の場所と行き方


Slave Haven Underground Railroad Museum 826 N 2nd St, Memphis, TN
メンフィス国際空港から スレイブヘブン博物館 へ、車(レンタカー)で行く場合の一例。

 ⇒ 大きな地図で見る


ページTOPへ

 ⇒ メンフィス 観光ポイントの一覧

コメントする