ザ ビューティー ショップ でディナー

18年09月26日
Link-USA

メンフィスで話題のレストラン ザ ビューティー ショップ


ザ ビューティー ショップ The Beauty Shop

ザ ビューティー ショップは、メンフィスのビールストリートから東に約4.5マイル(7.2km)ほどの所、最近の注目スポットであるクーパー・ストリート(Cooper St)に位置する人気のレストランです。
ザ ビューティー ショップの場所と行き方


クーパー・ヤング・ディストリクト ベストネイバータウン


ザ ビューティー ショップ The Beauty Shop

クーパー・ストリートやヤング・アベニューには、ザ ビューティー ショップ以外にも特徴的なレストランやカフェが点在していて、地元の流行に敏感な人たちがやってくるスポットです。
また、ザ ビューティー ショップから南へ0.1マイル(160m)ほどの所に”Johnny Cash’s First Performance Historic Marker”が建っています。1954年12月にシンガーソングライターのジョニー キャッシュJohnny Cash)が、この地で音楽活動を開始したのです。
他に、ザ ビューティー ショップから北へ0.2マイル(320m)ほどの所に、今回の取材力でも訪問したメンフィス ドラム ショップMemphis Drum Shop)があります。
クーパー・ヤング・ディストリクトは、アンティーク・ショップなどもある、なかなか興味深いスポットなので、また機会があれば、この周辺をゆっくりと取材したいです。


ザ ビューティー ショップの様子


ザ ビューティー ショップ The Beauty Shop

ザ ビューティー ショップは、50年代の美容室をイメージしたレストランですが、実際にもともとはヘアサロンだったそうです。ザ ビューティー ショップの店頭には、女性客がカクテルグラスを持ってフード型ヘアドライヤー付のチェアーに座っているイラストがあります。パッと見たらヘアサロンかと思ってしまいますね。ザ ビューティー ショップのモットーである“Look Good. Eat Good.”のフレーズが印象的です。


ザ ビューティー ショップ The Beauty Shop

お店に入ると、まずはバーカウンターがあります。ユニークなのはミントグリーンの洗面台があることです。


ザ ビューティー ショップ The Beauty Shop
ザ ビューティー ショップ The Beauty Shopお店の奥のテーブル席には、レトロなデザインのフード型ヘアドライヤー付のチェアーがあります。
このユニークなザ ビューティー ショップは、独創的な料理を作る カレン キャリア(Karen Carrier)さんという女性が創立者ですが、朝食を頂いたカフェ キーオのケヴィン キーオ(Kevin Keough)さんが共同創立者なのです。

ザ ビューティー ショップ The Beauty Shop

メニューもお洒落なヘアサロンのコースメニューやファッション雑誌のインデックスのようなデザインです。サラダの種類が多く、料理もヘルシーなものも多いです。


ザ ビューティー ショップ The Beauty Shop
ザ ビューティー ショップ The Beauty Shop僕はクリスピー・ダック(Crispy Duck)を頂きました。皮がパリっとなる感じにローストした鴨肉とブラックベリーのソースは相性抜群です。鴨肉の下に敷かれているのは、スコルダリャ(skordalia)という地中海料理で、一般的にはニンニク風味のマッシュポテトですが、ザ ビューティー ショップのスコルダリャは、ニンニクではなくアーモンド・チェリーで風味付けをしています。サラダに使われている野菜はとても新鮮で素材の味がしっかりとしたものです。プチプチとした食感でほんのりとすっぱいものがサラダに良いアクセントを与えて食が進みます。最初に口にした時「食べたことがあるけど何かな?」と思っていましたが途中でザクロだと気づきました。とても美味しいディナーでした。
営業時間などはホームページをご覧ください。⇒ ザ ビューティー ショップ

次回 ⇒ 44. ブルー プレート カフェ Blue Plate Cafe に続く


 ミシシッピ・リバー・カントリーUSA  Memphis Tourism


  1. メンフィス Home of the Blues and the Birthplace of Rock 'n' Roll
  2. WiFiルーターと翻訳機 ili
  3. メンフィス国際空港 Memphis International Airport
  4. サウス・メイン・ストリート S Main Street
  5. ブルース ミュージック アート ミュージアム Blues Music Art Museum
  6. ビールストリートへやってきた
  7. ギブソンギター メンフィス工場の現状
  8. ビールストリートを歩いてみる
  9. マディソン ホテル Madison Hotel
 10. 夜のビールストリート
 11. アーケードレストラン The Arcade Restaurant
 12. 国立公民権運動博物館を見学
 13. ブルースの殿堂博物館(Blues Hall of Fame Museum)へ
 14. セントラルBBQでランチ
 15. サウス・メインストリート歴史地区 South Main Street Historic District
 16. グレースランド エルビス プレスリーのテーマパーク
 17. メンフィス ドラムショップ Memphis Drum Shop
 18. Railgarten Ping Pong
 19. ビッグ・リバー・クロッシング ミシシッピ川を渡る
 20. イッタ・ベナ・レストランでディナー
 21. ビール・ストリート・ランディングに行ってみた
 22. リバーウォークとリバーサイドドライブ
 23. Temple of Deliverance の礼拝を見学
 24. メンフィス・ロックンソウル博物館でメンフィスの音楽に関して学ぶ
 25. クロスタウン コンコースでヘルシーランチ
 26. シェルビー・ファームズ・パークでサイクリング
 27. 日曜日 午後のビールストリート
 28. Memphis Blues Trail 61 のサイン
 29. ピーバディ メンフィスのダッグマーチ
 30. ピーバディ メンフィスのランスキーブラザーズ
 31. バスプロショップス・アット・ザ・ピラミッドのLookOut
 32. フライト レストラン & ワインバー でディナー
 33. ラム・ブギー・カフェでグッドミュージックに浸る
 34. カフェ キーオでヨーロピアン・ブレックファースト
 35. サンスタジオを見学 2階の展示スペース
 36. サンスタジオを見学 レコーディングスタジオ編
 37. コットンミュージアムでメンフィスの歴史を学ぶ
 38. テネシー ウェルカム センター に寄ってみた。
 39. Gus's Fried Chicken 世界的に有名なスパイシーフライドチキンの店
 40. スレイブヘブン博物館で黒人奴隷の逃亡について学習する
 41. Lansky Bros. Clothier to the King
 42. メンフィス音楽大殿堂博物館を見学
 43. ザ ビューティー ショップ でディナー
 44. ブルー プレート カフェ Blue Plate Cafe
 45. オーバートン・バークへ行ってみた
 46. オーバートン・スクエア ミッドタウンのランドマーク
 47. オーバートン・スクエアの周辺
 48. スタックス博物館でオーティス レディングを思う
 49. ウィリー ミッチェルズ ロイヤルスタジオを訪問
 50. ローレンス“ブー”ミッチェル氏
 51. 約束の地、メンフィス ~テイク・ミー・トゥー・ザ・リバー~
 52. ロイヤルスタジオ <番外編>
 53. チャールズ ベルゴズ ランデブーでバーベキューリブをいただく
 54. メンフィス探訪 2018 まとめ


ザ ビューティー ショップの場所と行き方


The Beauty Shop 966, 5611, Cooper St, Memphis, TN
メンフィス国際空港からザ ビューティー ショップへ、車(レンタカー)で行く場合の一例。

 ⇒ 大きな地図で見る


ページTOPへ

 ⇒ メンフィス 観光ポイントの一覧

コメントする