ロイヤルスタジオ <番外編>

18年10月12日
Link-USA

ロイヤルスタジオで録音された加川良さんの『南行きハイウェイ』


ロイヤルスタジオで録音された加川良さんの『南行きハイウェイ』第2回 中津川フォークジャンボリー(1970年8月8日)に出演し、わずか3曲で評判になった加川 良(かがわ りょう)さんの5枚目のアルバム『南行きハイウェイ』(1976年)は、メンフィスのロイヤルスタジオで録音されました。

南行きハイウェイ クレジットこのアルバムのプロデューサーで、ギターを演奏しているのはこの【メンフィス探訪 2018】で何度かお名前を出している今は亡き石田長生(いしだおさむ)さんです。
このアルバムは、加川良さん以外の日本人ミュージシャンは、ギタリストの石田長生さんと中川イサトさんだけで、あとは全てメンフィスの有名ミュージシャンです。特にベースのリロイ ホッジズ(Leroy Hodges)とオルガンのチャールズ ホッジズ(Charles Hodges)は、ウィリー ミッチェルさんがロイヤルスタジオでレコーディングする時の要となるハイ・リズム・セクションと呼ばれるユニットのメンバーです。

ロイヤルスタジオへ


ロイヤルスタジオへ

さて、このロイヤルスタジオの番外編の本題に入りたいと思います。
石田長生さんが亡くなられて1年と少し経った2016年11月に、長年いろいろな形で石田さんのお手伝いをされていた西田さん(写真:向かって左)と、石田さんとBAHOというギターデュオを組んでいた Charさんの元ローディーの村木さん(写真:向かって右)が、ロイヤルスタジオへ石田さんの遺影を届けに行かれました。ロイヤルスタジオの前でお二人が写真を撮っていると「何しているの?」と年配の女性が声を掛けてこられたそうです。


ウィリー ミッチェルさんの奥さん石田さんの写真を、その女性に見せたら「サム!」(海外での石田さんのニックネーム)と言うので石田さんが1年ほど前に亡くなった事を伝えるとその女性がスタジオに招き入れてくださったそうです。その女性は亡きウィリー ミッチェルさんの奥さんだったのです。話をしたり写真を撮ったりした後、西田さんと村木さんさんは ウィリー ミッチェルさんのお孫さんにスタジオを案内してもらったそうです。

石田さんの生前の写真

そして、石田さんの生前の写真をスタジオに入ってすぐにあるロビーの受付の所に飾ってもらったそうです。この話は、僕がメンフィスから帰ってきてから知った話なので、石田さんの写真がスタジオにある事は知りませんでした。スタジオは結構広いうえに、多くの写真が飾られているので、意識して探さないと見つける事は出来ない状況で、僕は気付く事ができませんでした。また行く機会があれば探してみたいと思います。
残念なことに加川 良さんは、昨年(2017年)4月5日に急性骨髄性白血病でお亡くなりになられました。きっと向こうで石田さんと楽しくセッションをしている事だと思います。ウィリー ミッチェルさんの前で。


村木さんのブログにも当時の事が掲載されています。
2016年10月26日~11月8日 聖地巡礼の旅 7日目 特別編


3Q! Tadahiko Nishida, Yoshiyuki Muraki and Aki Matsui !


次回 ⇒ 53. チャールズ ベルゴズ ランデブーでバーベキューリブをいただく に続く


 ミシシッピ・リバー・カントリーUSA  Memphis Tourism


  1. メンフィス Home of the Blues and the Birthplace of Rock 'n' Roll
  2. WiFiルーターと翻訳機 ili
  3. メンフィス国際空港 Memphis International Airport
  4. サウス・メイン・ストリート S Main Street
  5. ブルース ミュージック アート ミュージアム Blues Music Art Museum
  6. ビールストリートへやってきた
  7. ギブソンギター メンフィス工場の現状
  8. ビールストリートを歩いてみる
  9. マディソン ホテル Madison Hotel
 10. 夜のビールストリート
 11. アーケードレストラン The Arcade Restaurant
 12. ナショナル・シビルライツ博物館(国立公民権博物館)を見学
 13. ブルースの殿堂博物館(Blues Hall of Fame Museum)へ
 14. セントラルBBQでランチ
 15. サウス・メインストリート歴史地区 South Main Street Historic District
 16. グレースランド エルビス プレスリーのテーマパーク
 17. メンフィス ドラムショップ Memphis Drum Shop
 18. Railgarten Ping Pong
 19. ビッグ・リバー・クロッシング ミシシッピ川を渡る
 20. イッタ・ベナ・レストランでディナー
 21. ビール・ストリート・ランディングに行ってみた
 22. リバーウォークとリバーサイドドライブ
 23. Temple of Deliverance の礼拝を見学
 24. メンフィス・ロックンソウル博物館でメンフィスの音楽に関して学ぶ
 25. クロスタウン コンコースでヘルシーランチ
 26. シェルビー・ファームズ・パークでサイクリング
 27. 日曜日 午後のビールストリート
 28. Memphis Blues Trail 61 のサイン
 29. ピーバディ メンフィスのダッグマーチ
 30. ピーバディ メンフィスのランスキーブラザーズ
 31. バスプロショップス・アット・ザ・ピラミッドのLookOut
 32. フライト レストラン & ワインバー でディナー
 33. ラム・ブギー・カフェでグッドミュージックに浸る
 34. カフェ キーオでヨーロピアン・ブレックファースト
 35. サンスタジオを見学 2階の展示スペース
 36. サンスタジオを見学 レコーディングスタジオ編
 37. コットンミュージアムでメンフィスの歴史を学ぶ
 38. テネシー ウェルカム センター に寄ってみた。
 39. Gus's Fried Chicken 世界的に有名なスパイシーフライドチキンの店
 40. スレイブヘブン博物館で黒人奴隷の逃亡について学習する
 41. Lansky Bros. Clothier to the King
 42. メンフィス音楽大殿堂博物館を見学
 43. ザ ビューティー ショップ でディナー
 44. ブルー プレート カフェ Blue Plate Cafe
 45. オーバートン・バークへ行ってみた
 46. オーバートン・スクエア ミッドタウンのランドマーク
 47. オーバートン・スクエアの周辺
 48. スタックス博物館でオーティス レディングを思う
 49. ウィリー ミッチェルズ ロイヤルスタジオを訪問
 50. ローレンス“ブー”ミッチェル氏
 51. 約束の地、メンフィス ~テイク・ミー・トゥー・ザ・リバー~
 52. ロイヤルスタジオ <番外編>
 53. チャールズ ベルゴズ ランデブーでバーベキューリブをいただく
 54. メンフィス探訪 2018 まとめ


ロイヤル スタジオの場所と行き方


Royal Studios 1320 Willie Mitchell Blvd, Memphis, TN


メンフィス国際空港からロイヤル スタジオへ、車(レンタカー)で行く場合の一例。

 ⇒ 大きな地図で見る


ページTOPへ


 ⇒ メンフィス 観光ポイントの一覧


コメントする