州の成立過程

パレオ族ウィチタ族、カンサ族、パオニー族などの先住民族が暮らしていたこの地に、1541年スペインの探検家がやってきました。
その後フランス領ルイジアナとしてフランスに支配されたこの地は、フレンチ・インディアン戦争の結果、スペインの領地となりました。
後に再びこの地を取り戻したフランスですが、1803年ナポレオンにより世にいうルイジアナの売却が行われ、カンザスはアメリカのものとなります。
1854年からはカンザス準州という自治的領域となり、1861年1月29日、アメリカ合衆国34番目の州へ昇格しました。

コメントする