州の成立過程

かつてこの地には、ショーニー族、チェロキー族、チッカソー族など多くの先住民族が暮らしていました。
18世紀中ごろになってヨーロッパの探検家が到着します。
そして徐々に移ってきた入植者たちにより、町が形成され本格的な開拓が始まります。
アメリカの建国時、このエリアはバージニア州ケンタッキー郡と呼ばれていました。
その後、1792年6月1日、正式にバージニア州から分離し、15番目の州としての歴史をスタートさせます。
ちなみに、この地「ケンタッキー」という名前は、先住民族の言葉で「暗く血まみれの大地」という意味もあるそうです。
なんだかおどろおどろしい感じですが、これはこの地が先住民族たちの狩猟場だったことに由来しているのでは?と言われています。

コメントする