現在の位置づけ

 

テキサスといえば、カウボーイ!というイメージ通り、牛の放牧業も州の重要な産業の一つです。
また、メキシコ湾や内陸部に油田が多く、石油会社も多く設立されています。
また、こうした背景から化学工場も多いです。
火力発電所があること、化学工場が多いこと、公共交通機関が少なく車の利用が多いことなどから、テキサス州は温室効果ガスの排出量が全米第一位となっています。

アメリカ合衆国造幣局50州25セントプログラム

発行年 2004年  発行順 28番

州の輪郭に重ねられた星と、”The Lone Star State.” という文が記されています。この大きな星は州のシンボル”ローン・スター”(ひとつ星)です。コインのふちを囲んでいる投げ輪は、カウボーイと家畜の歴史と、開拓者精神を象徴しています。ちなみにテキサスという州名は、インディアンの言語の”tejas”を語源としており、友人あるいは同盟を意味し、テキサス州のモットーである「フレンドシップ」を讃えるものでもあります。
画像提供:”United States coin images from the United States Mint.”

コメントする