州の成立過程

17世紀以降、この地の領有権はフランス、スペイン、イギリスにより争われます。
1803年、ルイジアナ購入によりフランス領からアメリカの領土になったこの地は、1861年、ダコタ準州となりました。
このダコタ準州には、現在のノースダコタ州の他にも、サウスダコタ州、ワイオミング州、モンタナ州も含まれていました。
1868年ダコタ準州は、今のノースダコタ州、サウスダコタ州のエリアのみで形成されることになりました。
1889年11月2日、ダコタ準州は、南北に分割されノースダコタ州は39番目、サウスダコタ州は40番目の州として同日に制定されました。

コメントする