州の成立過程

開拓の歴史のスタートは、初のイギリス人がジェームズタウンを訪れたことに始まります。

遠征隊によって探検されたこの一帯には、バージン・クィーンとも呼ばれた女王エリザベス1世にちなんで「バージニア」という名前がつけられたそうです。
当初、このバージニアはノースカロライナ州からメイン州までの海岸と、カナダ近海までが含まれる広大な土地でした。
当時この地の多くの先住民族をまとめ、支配していたのがパウハタン族の指導者パウハタンでした。そしてこのパウハタンの娘がかの有名なポカホンタスです。
ご存じのように、彼女は入植者と先住民族の友好関係を築くために貢献した一番の人物です。
しかしながら、彼女の死後にあたる1621年に起きたジェームズタウンの虐殺をきっかけに、先住民族と入植者の関係は全面的対立を見せるようになります。
その後も双方の緊張関係は50年以上続き、1975年に起きたベイゴンの反乱により、この地に暮らした先住民族はほとんど壊滅されてしまいました。
そして時代は独立戦争に突入します。13植民地の中で最大の植民地であったバージニアは、この独立戦争でも重要な土地として機能します。
「自由を与えよ。然らずんば死を。」の演説が行われたのも、ここバージニアでした。そして、1788年6月25日、合衆国憲法を批准し、第10番目の州として制定されました。

コメントする