州の成立過程

ナンティコーク族、ポウハタン族、サスケハナ族などの先住民族が暮らしたメリーランドの地に、最初のヨーロッパ人がやってきたのは15世紀終盤のことです。
その後もチェサピーク湾のあたりには次々とヨーロッパの探検家が訪れています。
17世紀、初代ボルチモア男爵は、イギリスのチャールズ1世からこの地を植民地として与えられます。
そしてイングランド女王「メアリー」にちなんで「メリーランド」という名前が付けられました。
その後メリーランドはカトリックの入植地として発展、当初はイギリス本国からの独立を望んでいなかったメリーランド植民地でしたが、最終的には他の植民地と足並みをそろえる形で独立へと向けて歩み始め、1788年4月28日、合衆国憲法を批准、7番目の州として制定されることになります。

コメントする