現在の位置づけ

おもな産業は農業と畜産です。
生産している作物は、麦、干し草、大麦、てんさいなどです。
また、何万という農場があり、家畜や家畜の加工食品を生産したり、畜産業も盛んです。
また、観光も州の重要な産業で、一番の観光スポットはイエローストーン国立公園です。
また豊かな自然を生かしたアウトドア・アクティビティや、スパ・リゾートなど楽しみ方も様々で、モンタナ自慢の「BIG SKY」を堪能することができます。

アメリカ合衆国造幣局50州25セントプログラム

発行年 2007年  発行順 41番

モンタナ州のコインには、アメリカバイソンの頭蓋骨と州の景色が描かれています。アメリカバイソンはモンタナ州の先住民部族にとって、強力で神聖なシンボルであり、現在でも学校や会社、車のナンバープレートなどで見ることができます。このシンボルは、クロウ族やシャイアン族の豊かな伝統を反映しています。ルイスとクラークが訪問して以来、モンタナ州は初めて毛皮を取る猟師達の目的地に、そして1860年に金鉱が発見されてからは、発掘者達の目的地となりました。更に、牧場主達もモンタナ州を目指し西部へと進んでいきました。これらの出来事で州の人口は急増し、新興都市を立ち上げるきっかけとなりました。州のニックネームでもある”Big Sky Country” (大きな空の国)は、モンタナ州の開けた土地と、パイオニア精神を居住者達に思い出させるものとなっています。
画像提供:”United States coin images from the United States Mint.”

コメントする