ラニカイ・ビーチ Lanikai Beach 天国の海


ラニカイ 天国の海

ラニカイ・ビーチ Lanikai Beach

ハワイ語で「ラニ」は天国、「カイ」は海のことなので、ラニカイは”天国の海”という意味です。
全米No.1ビーチに輝いたこともあるビーチです。
ビーチ沿いには、高級住宅や別荘が立ち並んでいます。
道路から、高級住宅の間の小道を抜けてビーチに抜ければ、まさに天国のような景色が広がります。
ターコイズブルーとエメラルドグリーンのグラデーションの海、きめ細かいパウダーサンドの砂浜、沖には双子の島、モクルアが浮かんでいます。
双子の島がポイントになる構図は、アーティストの感性をくすぐるのか、本格的なカメラで写真を撮ったり、イーゼルを立ててキャンパスに絵を書く人が居ます。
双子の島 モクルアは、左の島がモクヌイ、右の島がモクイキです。ハワイ語で、ヌイは大きい、イキは小さい、モクは島と言う意味です。左の島は大きい島、右の島は小さい島という名前が付いています。ルアは2つと言う意味なので、両方の島を合わせてモクルアと呼んでいるそうです。
カイルア・タウンでは、ラニカイを題材にした、様々なフォトグラフやシルクスクリーン、油絵が売られています。

隠れ家のようなビーチ

ラニカイ・ビーチ Lanikai Beach

ラニカイ・ビーチは、人もそれほど多くなく、隠れ家のようなビーチです。
しかし、ラニカイ・ビーチは、プライベートビーチではなく、れっきとしたパブリックビーチなのです。
何故、人が少ないかというと、以下の設備が一切ないからでしょう。
・脱衣所 ・トイレ ・シャワー ・ライフガード ・駐車場
・食堂やビーチカフェ ・売店
ビーチでは、ボディーボードをする人を数名見かけますが、マリン・ジェットが走り回るような激しいビーチ・アトラクション等は一切ありません。
他に目に入るアクティビティは、隣のカイルア・ビーチから出発し、双子島モクルア島を目指すシーカヤックとSUP(スタンド・アップ・パドル)が沖をゆっくりと進んで行くぐらいのものです。

ラニカイ・ビーチへの小道

高級住宅の間に、モクルア・ドライブからラニカイ・ビーチに抜け出る小道が11本程あります。
そのたたずまいは小道ごとに違うので、順番に小道をのぞき込むだけでも楽しいです。

ラニカイ・ビーチ Lanikai Beachラニカイ・ビーチ Lanikai Beach

ラニカイ・ビーチ Lanikai Beachラニカイ・ビーチ Lanikai Beach

ラニカイ・ビーチ Lanikai Beachラニカイ・ビーチ Lanikai Beach

小道を抜けきっても、そこが砂浜のビーチとは限りませんのでご注意。
「OCEAN ACCESS 5」と書かれた看板がある小道を抜けるのが人気のようです。
(4,6.7でも砂浜にでれます)

ラニカイ・ビーチでの注意事項

マナーなどを守り、美しい海をお楽しみください。

駐車場がありません

レンタカーなど、車で行く場合は、駐車場が無いのでご注意ください。
ビーチの近くは住宅街なので、路上駐車ができる場所は限られています。
モクルア・ドライブ沿いは、一見 車を停めれそうに見えますが、駐車禁止の場所が多いです。
良く分からない場合は、隣のカイルア・ビーチに車を停めて歩いていくのが無難かもしれません。
距離は約1マイル(1.6km)程なので、20~25分で歩けますが、カイルア・ビーチの外れからラニカイにかけて急坂があります。

脱衣所、トイレ、シャワー・売店がありません

バスなどでラニカイ・ビーチに行くのなら、直接に行かずにカイルア・ビーチ・パークに寄って着替えるのが良いでしょう。
カイルア・ビーチ・パーク付近には、ショップなどもあるので、飲み物や軽食を手に入れる事ができます。

ライフガードが居ません

自分の命は自分で守るしかないです。自己責任で行動しましょう。

食堂やカフェもありません

要するにラニカイ・ビーチで、飲物や食べ物を手に入れる事は出来ないという事です。
特に飲物を持っていかないと、熱中症になったりするので、気を付けましょう。

公共のゴミ箱もありません

自分のごみは必ず自分で持ち帰りましょう。ゴミ用の袋を持参しましょう。

風が強い地域です

隣のカイルア・ビーチではカイトサーフィンが盛んなスポットで、かなりの強風が吹きます。ラニカイ・ビーチも風が強い時があるので注意しましょう。ゴミやゴミ袋は、他に飛びやすそうな物は、バッグに入れておきましょう。
12月~2月の冬の時期は、日中でも海に入って濡れた後に風が吹くと、肌寒く感じる事があります。ラッシュガードを着るとか、上に羽織るものを一枚 用意しておくことをお勧めします

ラニカイ・ビーチへの行き方

コオラウ山脈を超えて行くルート

ワイキキの中心 ロイヤル・ハワイアン・ショッピングセンターを出発地点として車(レンタカー)で行く場合の一例です。
H1フリーウェイ → パリHwy. → カラニアナオレHwy. → カイルア・タウン → ラニカイ・ビーチ。
ラッシュ時などは、H1フリーウェイやフリーウェイに抜ける道は、渋滞する場合があります。

東海岸まわりのルート

ワイキキの中心 ロイヤル・ハワイアン・ショッピングセンターを出発地点として車(レンタカー)で行く場合の一例です。
コオラウ山脈を超えて行くルートよりも10マイル(16km)遠回りになりますが、景色の良いルートで、こちらから回る人も多いルートとなります。特に朝は美しいドライブ・コースで、途中にはパワースポットがいくつかあるルートです。

The Busでカイルア・タウン経由で

The Busでカイルア・タウンへ行って、レンタサイクルでラニカイ・ビーチを目指すのも楽しいです。
ワイキキからカイルア・タウンまでの片道料金が、たったの2.5ドルです。
ワイキキから The Bus でカイルア・タウンに行く場合、アラモアナなどで乗り換える必要はありますが、2時間以内の2度までの乗り換えは可能なので、2.5ドルで行けます。
カイルア・タウンを散策し、ビーチにも行きたいのなら、カイルアの街からレンタサイクルでカイルア・ビーチ、ラニカイ・ビーチと走るのが便利。
カイルア・タウンにあるホールフーズマーケット( Whole Foods Market )で、オーガニック野菜の量り売りとパンを買って、ランチに持っていくのも良いですね。

オアフ島 東海岸 ウィンドワード の観光ポイント

オアフ島 東海岸 ウィンドワード
 カイルア・タウンカイルア ビーチ パークラニカイ・ビーチ 天国の海
 クアロアランチシーライフパークハナウマ湾(ハナウマ・ベイ)
 マカプウ ポイントマカプウ ビーチ パークマカプウ・ヘイアウとヒーリングプール
 サンドバーハロナ・コーブワイマナロ・ビーチ・パーク
 コオラウ山脈ヌウアヌ パリ展望台サンディ ビーチ パーク
 ココヘッドライエ・ポイントポリネシア カルチャー センター
オアフ島ホテルリスト

ハワイ州の関連記事【特選レポート】