マウントラシュモアの4人の偉大な大統領


アメリカを代表する4人の大統領

マウントラシュモア 4人の偉大な大統領をじっくり観賞する

マウントラシュモアは、1927年から14年の歳月をかけて彫られましたが、実は未完成とのこと。制作の途中でガッツォン ボーグラムが亡くなり、息子のリンカーンが引き継ぎましたが、資金不足のために顔の部分が完成した時点で断念しました。
ビジターセンターの展望台から全体を見渡せますが、近くまで行ける「プレジデンシャル・トレイル」を歩いて、間近から4人を見てみましょう。トレイルの途中には、何故この4人が選ばれたか書かれています。

初代大統領:ジョージ・ワシントン George Washington

4人のアメリカ大統領 ジョージ・ワシントン政党:無所属
出身:バージニア州
 
ワシントンは軍人で、植民地軍総司令官として、アメリカ独立戦争を戦いました。数々の戦場を指揮し、アメリカの独立を勝ち取りますが、戦後、権力に執着せず、陸軍最高司令官を辞任してしまいます。結果として、大統領に選出され、「我々には政党はいらない。なぜなら、我々は全て共和主義者だからだ」との言葉を残しています。

第3代大統領:トーマス・ジェファーソン Thomas Jefferson

4人のアメリカ大統領 トーマス・ジェファーソン政党:民主共和党
出身:バージニア州
 
ワシントンの下で初代国務長官を務めた人です。アメリカ独立宣言を起草した方でもあります。フランスからルイジアナ(フランス領ルイジアナ:ミシシッピ川以西、ロッキー山脈以東の広大な土地)を買収しアメリカの国土を拡張。歴代大統領の中で最も優れた人物の一人と評されることが多い人です。

第26代大統領:セオドア・ルーズベルト Theodore Roosevelt

4人のアメリカ大統領 セオドア・ルーズベルト政党:共和党
出身:ニューヨーク州
 
大東亜戦争時の大統領『フランクリン・ルーズベルト』の従兄弟です。フランクリン・ルーズベルトは民主党ですが、セオドア・ルーズベルトは共和党です。日本に対しての態度もまったく逆で、セオドア・ルーズベルトは日露戦争では、日本とロシアの調停役をつとめてくれました。1905年のポーツマス条約です。パナマ運河を建設しアメリカ経済を活性化させた人物です。
余談ですが、クマのぬいぐるみのテディベアTeddy bear)の呼び名は、セオドア・ルーズベルトに由来します。

第16代大統領:エイブラハム・リンカーン Abraham Lincoln

4人のアメリカ大統領 エイブラハム・リンカーン政党:共和党
出身:ケンタッキー州
 
1861年に現共和党初の大統領に選ばれます。奴隷開放をうたったために、アメリカの北部と南部が、奴隷制度の是非で争う南北戦争が起こります。北が勝ち、リンカーンも軍事指導者として後に賞賛されます。戦没者を祀った国立墓地の開所式で言った言葉「人民の人民による人民のための政治」も有名。1865年フォード劇場で暗殺されます。

 

 

マウントラシュモア国立モニュメント への行き方

日本より、アメリカの主要都市を経由して、サウスダコダ州のラピッド・シティ・リージョナル空港へ。

ラピッド・シティ・リージョナル空港からAlamoHertz のレンタカー利用で、31.5miles(約50km)約40分の道程。
※ この地図の行程は、一例となります。
Mount Rushmore 13000 S Dakota 244, Keystone, SD 57751

 

サウスダコタ州の関連記事【特選レポート】

コメントする