世界遺産 タオス・プエブロ(Taos Pueblo)

世界文化遺産 タオス・プエブロ

世界遺産 タオス・プエブロ(Taos Pueblo)

サンタフェから北方向に約70マイル(112km)ほどに位置するタオスの街のはずれにネイティブアメリカン プエブロ部族の古代の集落タオス・プエブロがあります。
タオス・プエブロは、1960年10月9日に、アメリカ国定歴史建造物に指定され、その後1992年に世界遺産(文化遺産)に登録されました。

世界遺産 タオス・プエブロ(Taos Pueblo)

タオス・プエブロには、アドビ建築と呼ばれる日干しレンガで造られた複数階の住居「タオス・プエブロ・インディアン・マンション」があります。
西暦1,000年から1,450年の間に建設され、今も約150人の先住民が住んでいる1,000年の歴史を持つ現役の住居です。Hlauuma (北の家)と Hlaukwima (南の家)がありますが、同時期に建設されました。
最初に建築されたころは扉は無く、ハシゴで壁を登り天井から出入りしていました。
この住居には、伝統を守るために今でも電気水道がありません。
また、ネイティブアメリカンの伝統的な習慣を尊重し、見学できない場所もあります。

 

タオス・プエブロの近くの町 タオス

タオス ベントストリート

タオスの街はチマヨから64km、標高2,130mの高地にあります。町の中心にある広場(プラザ)を取り囲むようにアドビ建築の建物が並び、ギャラリーやみやげ物店が軒を連ねます。サンタフェと同様に、この街にも芸術家が大勢住んでいます。
ティワ語で「タオス」という言葉は、「赤い柳」を意味します。

 

タオス・プエブロの場所と行き方

サンタフェからタオス・プエブロへ車(レンタカー)で行く場合の一例

ニューメキシコ州の関連記事【特選レポート】

コメントする