カリフォルニア ワイン カントリー California Wine Country


カリフォルニア ワイン カントリー

カリフォルニアでワインが作り始められたのが1770年以降で、フランスやイタリアなどをはじめとする、ヨーロッパのワインに比べれば、歴史ははるかに浅い。
しかし、ヨーロッパの様に、伝統や形式に縛れることなく、自由な発想で合理化することにより、ローコストでハイクオリティのワインを生み出すことに成功する。
もちろん、ブドウの栽培やワインの醸造に関しては、基本を大切にし、品質が落ちないようにしています。
カリフォルニア・ワインの産地は、大きく分けて、5~6ぐらいの地区に分かれます。

ナパ・バレー Napa Valley カリフォルニア・ワインのメッカ

ナパ&ソノマナパとはインディアン語で「肥沃な土地」という意味で、その名の通り、ブドウ栽培地区として恵まれた土壌を擁し、高品質なワインを生み出し、カリフォルニア・ワイン・カントリーの代名詞となっている。

ナパ・バレー詳細はコチラをご覧ください。

ソノマ カウンティ Sonoma County 昔ながらのワイナリーが佇む谷

ナパ&ソノマ1800年頃からソノマでも街に教会が建設され、ミッション・ワインが造られ、自然の恵みに後押しされ、ミッション・ワインの産地として知られるようになる。
現在のソノマには、大規模なリゾート・ワイナリーから、ファミリー経営の小さなブティック・ワイナリーまで、400近くのワイナリーが存在しています。

ソノマ詳細はコチラをご覧ください。

セントラル・コースト Sentral Coast 新たなワイナリーが集う

セントラル・コーストセントラル・コーストはカリフォルニア州のワイン産地としては、セントラル・ヴァレーに次ぐ広大なエリアである。北はモンタレー・ベイから南はサンタ・バーバラの南まで、年々、ワイナリーが増え続けている。
ワイン・カントリーの中心地はパソ・ロブレスで、この街は太平洋沿いを走るパシフィック・コースト・ハイウェイとも繋がっており、年間を通じて観光客も多く訪れる。

セントラル・コースト詳細はコチラをご覧ください。

 

ナパ・バレー Napa Valley
 オーパス・ワン・ワイナリーロバート モンダヴィ ワイナリー
 シャトー・モンテリーナ・ワイナリーヴィー・サトュイ・ワイナリー
 ジョセフ・フェルプス・ヴィンヤーズドメーヌ・シャンドン
 ナパバレー・ワイントレイン
ソノマ カウンティ Sonoma County
 ロドニー ストロング ヴィンヤーズ
 フランシス・フォード・コッポラ・ワイナリー
 ケンダル-ジャクソン・ワイン・エステイト&ガーデン
 パラダイス・リッジ・ワイナリーソノマ・プラザ
セントラルコースト Central Coast
 ハーン・ワイナリートビン・ジェームス・セラーズ
 エバール・ワイナリーラヴェンチュール・ワイナリー
 メルヴィル・ヴィニャード&ワイナリー
カーメル バイ ザ シー ワイン ウォーク Carmel by the Sea Wine Walk
 ラス・ワインズカラッショーリ・セラーズ
 ガランテ・ヴィンヤードヴィノ・ナポリ
サンタ バーバラ アーバン ワイン トレイル
 マージェラム・ワイン・カンパニーグラッシーニ・ファミリー・ヴィンヤード
 リバーベンチ・ワイナリーオー・ボン・クリマ・ワイナリー
 オレアナ・ワイナリー&マーケットプレイス
 ディープ・シー
 
 ナパのホテルソノマのホテル
 サンタバーバラのホテルカーメル・バイ・ザ・シーのホテル

カリフォルニア ワイン カントリーの説明に関して

桑田英彦氏の著書『ワインで旅するカリフォルニア』より引用させていただいております。
更に詳しい情報は、『ワインで旅するカリフォルニア』をご覧ください。

ワインで旅するカリフォルニア単行本: 144ページ
出版社: スペースシャワーネットワーク (2014/2/28)
言語: 日本語
ISBN-10: 4907435193
ISBN-13: 978-4907435196
発売日: 2014/2/28
商品パッケージの寸法: 21 x 13.8 x 1.8 cm


大きな地図で見る

カリフォルニア州の関連記事【特選レポート】

コメント (1)

初めて知りましたカリフォルニア ソノマ・バレーは Windows XP標準の壁紙の「草原」だそうです。
行ってみたい所できれいですね。
※このコメントはリニューアルに伴いLink-USAがコピーしました。
コメントをいただいた日付: 2008-02-09 22:08:31

コメントする