ゴールドラッシュ時代の面影を残す オールド・サクラメント

サクラメント市内を流れるサクラメント川に面した一画に、旧市街跡が残され”オールド・サクラメント歴史地区”と呼ばれています。1849年から始まったゴールドラッシュ時代の100以上の建物が修復され、当時の街並みが再現されています。石畳の通りには馬車が行きかい、祭りの時には開拓時代の衣装を見につけた人々が集まります。旧銀行や劇場などの建物は、みやげもの屋やレストランとして使われています。川には1935年建造のタワーブリッジが金色に輝き、埠頭には引退した外輪船”デルタ・キング”が係留され、ホテルとレストランとして人気です。
サクラメント

カリフォルニア州の関連記事【特選レポート】

コメントする