インディ500

インディ500 世界3大レースのひとつ

Indy500.jpg

インディアナポリス500マイルレース(Indianapolis 500)、通称インディ500は、インディアナ州最大のイベントという枠ではとどまらず、F1(Formula One World Championship)のモナコグランプリ、世界耐久選手権(World Endurance Championship)のル・マン 24時間レースと共に、世界3大レースの一つとして挙げられる、アメリカを代表するモータースポーツの大会です。
インディ500は毎年5月の最終週に、インディアナポリス・モーター・スピードウェイで開催されます。モータースポーツの代表的レースですが、その楽しみはレースだけではありません。レースに興味のない人でも楽しめるパレードやパーティ、コンテストなども開かれファミリーにも人気があるイベントです。期間中は街中がお祭り騒ぎで、観客動員数は40万人に至るビッグ・イベントです。

インディ500 の特徴 
インディ500 の歴史 
表彰式とトロフィー
インディ500に挑戦した日本人ドライバー 
佐藤琢磨とインディ500
世界3大レースを制したドライバー 
フェルナンド・アロンソがインディ500に参戦
101回インディ500 佐藤琢磨が日本人初のインディ500制覇
インディアナポリス・モーター・スピードウェイの場所と行き方

インディ500 の特徴

もっとも特徴的なのは、インディアナポリス・モーター・スピードウェイのオーバルトラックと呼ばれるコースです。約1kmのロングストレートが2本、約200mのショートストレートが2本の4つのストレートをつなぐターンが4つあります。真上から見ると、角の丸い長方形の形をしたコースレイアウトで、全長は2.5マイル(4023.4m)のコースです。ストレート部分は、ロングもショートも共にフラット(水平)で、コーナーは約9度の傾斜をつけられたバンクとなっています。このバンクが最高速度と周回平均スピードに大きな影響を与えます。コーナーがフラットの場合、レーシングカーが遠心力でコースアウトしてしまわないように、コーナーの入り口で減速する必要があります。当然ながらコーナーの進入やコーナーの走行中は、スピードが落ちてしまいます。しかし、バンクがあると遠心力を相殺してくれるので、極度な減速をしなくても、コーナーを回ることができ、ストレートで最高速に達するまでのタイムロスが少ないのです。基本的にはインディカーでは、インディアナポリス・モーター・スピードウェイのコーナーはアクセル全開でターンします。(NASCARのストックカーはアクセル全開でターンはできません)
インディー500は最高速度が380km/hに達し、周回レースカテゴリーの中では世界最速を誇ります。しかし、それ以上に驚くのが周回平均スピードが354km/hということなのです。コーナーでも300km/h以上のスピードで走っているのです。

インディ500 の歴史

インディ500の第1回目の開催は1911年で、F1のモナコグランプリ(1929年 初回開催)よりも以前に開催されています。2016年には第100回目の大会が開催されました。(1942年~1945年は第二次世界大戦の影響により開催中止)
1951年から1960年の間は、F1の選手権の1レースとされていたこともありました。1996年以降はインディカー・シリーズのハイライト・レースとなっています。しかし、インディ500の特別性から、インディカー・シリーズにシリーズ参戦していない、他カテゴリーや往年のスーパー・ドライバーなどがインディ500のみのスポット参戦をする事も多く、よりレースが盛りがります。

表彰式とトロフィー

表彰式において、F1などのようにポディウム(表彰台)に上がった上位入賞のレーサーがシャンパン・ファイトをするのではなく、インディ500では優勝者が牛乳を飲むという慣習があります。これは、1933年と1936年に優勝したルイス・メイヤーが牛乳を飲んでいるシーンが牛乳会社の目に留まり、その後に牛乳会社がスポンサーとなり、優勝者がヴィクトリーレーンで牛乳(Winner’s Milk)を飲む行為に対して、スポンサーフィーが支払われるようになりました。

インディ500の優勝トロフィー「ボルグワーナー・トロフィー」は、優勝者や優勝チームが持って帰る事はできません。何故なら「ボルグワーナー・トロフィー」は、トロフィーと言うよりもモニュメントのような物だからです。トロフィーの壁面には、インディ500優勝者の顔のレリーフが埋め込まれ、下のブロックに優勝者の氏名などが刻み込まれます。
このトロフィーは、普段はインディアナポリス・モーター・スピードウェイの博物館に展示されており、インディ500決勝日にヴィクトリーレーンに飾られます。
インディ500優勝者は、決勝翌日にこのトロフィーの前で記念撮影をすることが許されます。

インディ500に挑戦した日本人ドライバー

ヒロ松下、桃田健史、松田秀士、服部茂章、中野信治、高木虎之介、ロジャー安川、松浦孝亮、武藤英紀、佐藤琢磨。(2017年現在)
2003年は日本人で5人目のF1フルタイムドライバーだった中野信治と、6人目の高木虎之介が参戦して、日本でも話題になりました。この時、トヨタエンジンを搭載したモー・ナン・レーシングからエントリーした高木虎之介は5位に入り、日本人ドライバーのインディ500での最高位となりました。

佐藤琢磨とインディ500

2002年から2008年までF1に参戦し、2004年のアメリカGPで日本人最高位タイの3位に入りポディウム(表彰台)に登ったことで人気の高い佐藤琢磨が、2010年からインディカー・シリーズに参戦。
2012年のインディ500では、199周目(全200周)に2位に浮上。ファイナルラップでトップを走るダリオ・フランキッティのスリップストリームを捉えることができた佐藤琢磨に、インディ500での日本人初のポディウム(表彰台)かと、湧き上がる中、なんと佐藤琢磨はコーナーでダリオ・フランキッティのイン側を突いて抜きに掛かりました。しかし、タイヤがスリッピーな白線を踏んでしまったために、一瞬でグリップを失いスピンしウォールに激突。最終的には17位でインディ500を終える事になりました。
この最終ラップのレース展開の結果に対して佐藤琢磨は2位になれなかったことに悔いることはなく「No Attack No Chance」のコメントを残しましたが、レース界やファンの間では賛否両論でした。
しかし、インディ500を4度制したA・J・フォイトが、この佐藤琢磨のアタックを見て、A.J.フォイト・エンタープライズに獲得する事を決めたことにより、この論争に終止符が打たれました。
A.J.フォイト・エンタープライズに移籍した佐藤琢磨は、その初年2013年の第3戦ロングビーチでインディカー日本人初優勝を飾りました。
2017年シーズンは、A.J.フォイト・エンタープライズが、エンジンサプライヤーをホンダからシボレーへ変更したため、佐藤琢磨はA.J.フォイト・エンタープライズを離脱。そして、ホンダエンジンを搭載し、近年では2014年にライアン・ハンター=レイが、2016年にアレクサンダー・ロッシがインディ500で優勝したチーム、アンドレッティ・オートスポーツに移籍しました。

世界3大レースを制したドライバー

インディ500と、F1モナコグランプリ、世界耐久選手権ル・マン 24時間レースの、世界3大レースを制したドライバーはたった一人、イギリス人ドライバーのグラハム・ヒル(Graham Hill)だけです。
グラハム・ヒルは、1962年と1968年にF1ワールドチャンピンになっています。特にモナコを得意とし、1963年、1964年、1965年、1968年、1969年の5回も勝利したことからモナコ・マイスターと呼ばれていました。
グラハム・ヒルは、1966年にインディ500、1972年にル・マンで優勝しています。
ちなみに、コンストラクター(車体製造者)として3大レースを制したメーカーは、メルセデスとマクラーレンのみです。

フェルナンド・アロンソがインディ500に参戦

2017年04月12日、レース界に衝撃のニュースが流れました。
現役F1ドライバーでトップドライバーの一人、フェルナンド・アロンソが2017年のインディ500に参戦するとの事。
アロンソは「世界3大レースを制覇する事が夢だ」と公言していましたが、インディ500の開催日はF1モナコグランプリの開催日と同日です。F1をフルタイムでエントリーしている以上、本来は無理な話です。
しかし、いくつかの幸運な現実と不幸な現実が絡み合い、2017年のインディ500に参戦することとなりました。
不幸な現実とは、アロンソがF1でエントリーしているチーム、マクラーレン・ホンダの不調です。2015年にホンダがF1に復帰して、マクラーレン、ホンダ、アロンソの組み合わせでF1制覇を目指すはずのプロジェクトが、3年目に入ってもトップチームと絡むだけの戦闘力のあるマシーンを作ることができません。現役ドライバーの中でNo1と言われるアロンソでも3度目のワールドチャンピオンを目指すのは、不可能と言い切ってもいいぐらいのポテンシャルのマシーンです。
幸運な現実は、インディ500の過去10戦において、ホンダ8勝シボレー2勝と、ホンダ勢が大きく勝ち越していることです。
2016年シーズンは、ホンダエンジンを搭載するアンドレッティ・オートスポーツのレースカーに乗ったアレクサンダー・ロッシが優勝しました。2017年、アロンソはこのアンドレッティ・オートスポーツがレースオペレーションを担当し、マクラーレン・ホンダ・アンドレッティとしてエントリーします。

101回インディ500 佐藤琢磨が日本人初のインディ500制覇

F1現役のトップレーサーの一人であるフェルナンド・アロンソが101回インディ500に参戦するということで、アメリカだけでなく世界中が注目する事となった101回インディ500。このレースで、佐藤琢磨が優勝して、日本人では初の快挙を成し遂げました。
佐藤琢磨は、予選4位の好ポジションからスタートするも、3回目のピットストップのタイヤ交換中にピットクルーがホイールナットを落としてしまうというミスがあり、大きく順位を落としてしまい、一時は17番手まで順位を落としたが、以降のピット作業は順調で、徐々に順位を上げていく。
101回のインディ500は、200周を周回するレース中にトップが35回入れ替わり、レース記録となる15選手が首位を走行するという大混戦となり、エンジントラブルや多重クラッシュによるイエローコーションが多発する中、佐藤琢磨はポジションを上位まで上げていきました。そして、残り11周の時点でトップ争いが、トップを走る元F1ドライバーのマックス・チルトン、インディ500を3度制しているベテランのエリオ・カストロネベス、ルーキーながら善戦しているエド・ジョーンズと佐藤琢磨の4人に絞り込まれました。
カストロネベスが、192周目に佐藤琢磨、194週目にはマックス・チルトンを抜いて首位に立ち、4度目のインディ500優勝かと思われましたが、チルトンを抜いて食い下がる琢磨は195周目にカストロネベスをアウトサイドから抜いて首位に立ち、サイド バイ サイドで残り3周に突入。残り周回をアクセル全開のままアタックし続け、カストロネベスに0.2011秒の差をつけてゴールしました。
予選4位という成績も日本人で最高位の記録でしたが、決勝も日本人初の優勝となり日本のレース界に名前を刻む快挙となりました。
賞金は、優勝賞金と17周のトップ走行の賞金などを含んで総額245万8,129ドル(約2億7279万円)の賞金を手にしました。
また、インディ500で日本人初優勝という歴史的快挙を成し遂げたという事で、総理大臣顕彰が贈られ、8月4日に首相官邸で顕彰式が行われる。

F1モナコグランプリを欠席して、インディ500に挑戦したフェルナンド・アロンソは、全部で27周もトップを走る快走を見せましたが、惜しくも180周目にエンジンブローのためにリタイアとなってしまいました。
レース後のインタビューで「現時点での最優先事項はF1でのタイトル獲得」と明言した上で「インディ500制覇は達成できていないので、挑戦を続けていかなければならない。」とコメントしました。
因みにフェルナンド・アロンソは、101回目にインディ500のルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得。ルーキー・オブ・ザ・イヤーの賞金5000ドルと27周のトップ走行の賞金を含んで、305万805ドル(約3393万円)を手にしました。

インディアナポリス・モーター・スピードウェイの場所と行き方

Indianapolis Motor Speedway 4790 West 16th Street, Indianapolis, IN
インディアナポリス国際空港から、インディ500が開催されるインディアナポリス・モーター・スピードウェイまで車(レンタカー)で行く場合の一例

 ⇒ 大きな地図で見る

コメントする