グランド・オール・オープリー The Grand Ole Opry


グランド・オール・オープリー 世界最長寿ラジオ番組

アメリカ ナッシュヴィルのラジオ局WSMの番組「グランド・オール・オープリー」は、カントリー・ミュージックの公開ライブ放送で、アメリカのラジオ番組として最長寿の番組です。1925年から今日まで休むことなく、毎週土曜夜に放送されています。放送番組は、グレート・アメリカン・カントリー(GAC)ネットワークでTV放送化されました。放送は、インターネットでも聞くことができ、世界に多くのファンが居ます。
グランド・オール・オプリは、カントリーを中心に、ブルーグラス、ゴスペル、ロックなどを全米に発信し、カントリー・ミュージックを有名にした番組です。
カントリー・ミュージックの不朽の殿堂でもあるグランド・オール・オープリーオープリーにレギュラー出演する事は、カントリーミュージシャンにとって栄誉あることで、ハンク・ウィリアムズ、カーター・ファミリー、ビル・モンローなどの多くの巨匠をはじめ、コンテンポラリー・カントリーの何百ものスター達が出演しています。

 

エルヴィス・プレスリーも出演

1954年10月2日に、エルヴィス・プレスリーが出演し、当時レギュラー出演者だったビル・モンローの前でビル・モンロー作曲の「ケンタッキーの青い月」を演奏しました。この曲は1954年7月19日に発表されたエルビスのファーストシングル「ザッツ・オール・ライト」のカップリング曲として録音されていますが、原曲のゆったりとした3/4拍子からアップビートな4/4拍子のブルース調にアレンジされており、司会者のジム・デニーは、プレスリーに「メンフィスに戻ってトラックの運転手をやり直した方がいい」と皮肉を言ったそうです。しかし、このエルビスの「ケンタッキーの青い月」は、メンフィス、ナッシュビル、ニューオリンズでトップ10に入ります。
エルビスのグランド・オール・オープリーの出演はこの一度だけとなります。

 

グランド・オール・オープリー・ハウス

ナッシュビル1943年から1974年まで、番組の公開ライブは、ナッシュビルの五番街北116番地にあるライマン公会堂でおこなわれていましたが、1974年にライマン公会堂からミュージックバレーのグランド・オール・オープリー・ハウスに移りました。

グランド・オール・オープリー・ハウス

席数4400席の会場。オープリー・ハウスのステージには、ライマン公会堂のオーク材の舞台を直径6フィート (1.8 m)の円形に切抜いたものが、はめ込まれています。
会場はバックステージツアーなど、いくつかの見学ツアーに参加する事が出来ます。
金曜日と土曜日の夜のグランド・オール・オープリーの番組参加には事前にチケットの購入が必要です。 http://www.opry.com/

カントリーミュージック協会賞(CMAアワード)の授賞式が1974年から2004年まで、グランド・オール・オープリー・ハウスで行なわれました。

 

ナッシュビル 観光ポイント

 ナッシュビル観光案内所ブロードウェイ
 カントリー・ミュージック殿堂博物館ライマン公会堂
 グランド・オール・オープリーミュージック・バレー
 ザ・ディストリクトLPフィールド
 RCA Studio Bジョニー キャッシュ博物館
 フリスト・センター・フォー・ヴィジュアル・アーツ
 ミュージック・シティ・センター ミュージック・ロードを辿る
 
ナッシュビルのホテル一覧
 デラックス クラス  スタンダード クラス  エコノミー クラス
 
ミュージシャン
 ドリー パートン オールマン・ブラザーズ
 ジョニー キャッシュキース・アーバン
 トミー シムズテイラー スウィフト

グランド・オール・オープリー・ハウスの場所

The Grand Ole Opry
2804 Opryland Dr, Nashville, TN 37214

テネシー州の関連記事【特選レポート】

コメントする