マーク・トゥエイン一色の街

ハンニバルマーク・トゥエイン肖像 ミシシッピ河畔の小さな街ハンニバルは緑多い美しい町です。アメリカののどかな田舎町の雰囲気を残しています。マーク・トゥエインの人気小説の舞台になったこの街は、それに由来する記念建築やゆかりの品で一色です。街のいたるところに彼の肖像画が見られ、幼い頃に過ごした家が博物館になり、当時の家具がそのまま展示されています。機関車や路面電車の外観をした可愛いトロリーが縁の地を定期的に運行し、観光客を運んでいます。

ミズーリ州の関連記事【特選レポート】

コメントする