エルビス・プレスリー バースプレイス Elvis Presley Birthplace

エルビス・プレスリーの生家

エルビス・プレスリー バースプレイス

エルビス・プレスリー バースプレイスは、エルビスが生まれてから13年間暮らした生家です。
わずか二部屋しかないこの家に、家族と暮らしていたそうです。
玄関から銃を撃てばそのまま弾が突き抜けてしまうほど小さな家という意味で「ショットガンハウス」という異名も付けられています。
敷地内には、エルビスが通っていた教会が移築されており、見学することもできます。
彼がゴスペルと出会ったというその教会を自分の目で見てみたいもの。
他にもギフトショップや小さなミュージアムがあります。

エルビス・プレスリー バースプレイスの入り口

エルビスゆかりの地 トゥペロエルビスゆかりの地 トゥペロ

エルビス・プレスリー バースプレイスの敷地内

エルビス・プレスリー バースプレイスの敷地内現在このエルビス・プレスリー バースプレイスの敷地内は整備され、大変きれいな施設になっています。
ちなみにこの生家を囲む地面には、家族が暮らした13年間に何があったのか、一年ごとに年表が刻まれています。

エルビス・プレスリー バースプレイスの敷地内生家の横には13歳のエルビス少年の銅像があります。
当時彼は信仰心の厚い母親の影響で、熱心に教会に通っていたそうです。
そして教会でゴスペルと出会い、のちの彼の音楽に大きな影響を与えることになります。

エルビス・プレスリー バースプレイスの敷地内少年時代のエルビスが通った教会、アッセンブリー・オブ・ゴッド教会が敷地内にあります。当時は生家から0.5マイル離れた所にあったそうですが、この場所に移築されました。
エルビス・プレスリーのソウルフルな「白人離れした歌声」はこの教会で培われたといわれています。

エルビス・プレスリー バースプレイスの敷地内これは、ファウンテン オブ ライフと名づけられた噴水です。
エルビスが、ここで暮らした13年をデザインして、1935から1948までの注ぎ口から水が流れ落ちています。

エルビス・プレスリー バースプレイスの敷地内噴水の横にはひっそりと「DEATH 1977」の文字が。
1948年、一家は夜逃げ同然で豊かな暮らしを夢見て、トゥペロからメンフィスに移り住んだといわれています。

 

エルビス・プレスリー バースプレイスの場所

Elvis Presley Birthplace 306 Elvis Presley Drive

ミシシッピ州の関連記事【特選レポート】

コメントする