サンタカタリナ島 Santa Catalina


サンタカタリナ島 瀟洒なリゾート アイランド

サンタカタリナ島

ロサンゼルスの沖約40km、コバルトブルーの海に囲まれたサンタ・カタリナ島は、アンジェリーノやアンジェリーナ(ロサンゼルスっ子)がのんびり休日を過ごすために訪れる身近なリゾート。ロサンゼルスの主要な港から高速船なら1~2時間で、手付かずの自然が残る地上の楽園に来ることができるのです。
ダイビング、シュノーケリング、シーカヤック、釣りなどを楽しめるほか、イルカウォッチングやガラス底のボートに乗っての海中観察に参加することも可能。島ではゴルフや乗馬もできるので、とにかく飽きることはありません。もちろん、何もしないでのんびりするというのも、贅沢な時間の過ごし方です。

サンタ カタリナ島のアクティビティ

サンタカタリナ島

美しい海に囲まれた島なので、まずはダイビング、シュノーケリング、シーカヤック、ガラス底のボートなどで海の散策をするのがおすすめです。中心地からカジノを超えて行くと、ホワイトサンドビーチと呼ばれる砂浜もあります。
海以外にも、絶景スポットの高台から木々の間をぬったワイヤーロープを滑車で滑り降りるジップラインも人気のアクティビティ。
島内で消費された廃油を利用したバイオディーゼル仕様の車、ハマーで回るイーストエンドツアーに参加すると、野生のバッファローやブラウンフォックスに出会えるかも。このバッファローは、1924年に映画の撮影のために連れてこられた14頭のバッファローが野生化して、一時期はなんと、600頭まで増えたそうです。増えすぎたバッファローを、定期的に本土に送り返して、現在、島には150頭ほどが残っているそうです。

アバロン サンタ カタリナ島の中心地

サンタカタリナ島

アバロン湾(Avalon Bay)へ船で入っていくときに正面に見える街並みが、島で唯一のリゾートタウンであるアバロンの街です。島の中心でホテルやレストラン、カフェやバーが集まっているエリア。とはいえ混雑とは無縁ののんびりしたリゾートタウンです。島にはガソリン車が一台もないので、それも街がとてものんびりしているように感じる理由のひとつかもしれません。

カタリナ カジノ Catalina Casino

サンタカタリナ島

アバロン湾(Avalon Bay)に船で向かうと、右手に円筒型の大きなアール・デコ調と地中海復古調を合わせたスタイルの建物が建っていて、目を引きます。
その建物が、カタリナ カジノです。
カジノと言っても、ラスベガスなどに代表されるようなスロットマシーン、ルーレット、カードゲーム台が並ぶギャンブル場ではありません。イタリアでは、人々が集まる場所を「カジノ」と呼びますが、カタリナ島のカジノも、後者の方で、1階は映画館、最上階がボールルーム(舞踏室)となっています。

写真提供:ロサンゼルス観光局

協力:カリフォルニア州観光局

 

サンタカタリナ島の場所 行き方

ロサンゼルスのサンペドロ地区、ロングビーチ、ダナポイントから高速船で1~2時間。
15分125ドル(2014年10月現在)のヘリコプターという方法もある。

カリフォルニア州の関連記事【特選レポート】