ロサンゼルス国際空港に自動入国審査端末を導入

ロサンゼルス国際空港に自動入国審査端末を導入

海外旅行者の入国審査手続きを迅速化

この度、ロサンゼルス国際空港(LAX) のトム・ブラッドレー国際線ターミナルに、新たに40台の自動入国審査端末(Automated Passport Control/APC) が設置されました。これにより、当ターミナルに到着した海外からの旅行者の入国審査手続きがスピードアップします。

海外から到着した米国人およびカナダ人、ならびに米国税関・国境取締局(CBP)の電子渡航認証シス テム(ESTA)プログラムに申請済みの38 ヵ国のビザ免除国からの渡航者がこの新端末を利用すること ができ、日本人もその対象となります。

家族グループを含む海外旅行者は APC端末を利用して税関申告書と入国カードを電子的に提出する ことにより CBP係官による審査時間を短縮できます。APC端末では、日本語を含む13 ヵ国語の言語を選択でき、旅行者は説明ガイドに従ってパスポートの読み取り、端末を使った写真撮影、質問項目への回答、指紋採取(外国人旅客者)の手続きを行い、情報が採取された確認のレシートを受け取った後、CBP係官のもとに進んで入国手続きが完了します。手続きの所要時間は1人あたり約90秒、3人家族で約4分です。

ロサンゼルス市のエリック・ガルセッティ市長は次のようにコメントしています。「この端末の利用により 旅行者は長い列に並ぶ必要がなくなり、審査時間が短縮されることで、より早くロサンゼルスの街に出 かけられるようになります。こうした旅行客の利便性の大幅な改善は、ロサンゼルス空港が世界トップ クラスの空港であるためのターミナルの総点検や鉄道乗り入れといった我々の取り組みの結果の1つ です。」

また、ロサンゼルス国際空港公団(LAWA)エグゼクティブ・ディレクターのジーナ・マリー・リンゼイは次のようにコメントしています。「長時間のフライト後は、だれもが迅速な入国審査を望んでいるでしょう。 APC 端末の導入による手続きのスピードアップ、待ち時間の短縮で、LAXを利用する年間数百万人の海外旅行者の利便性は大幅に向上すると考えられます。米国CBP ならびにトム・ブラッドレー国際線ターミナルで運航する航空会社の当プログラムに対する多大なサポートに感謝いたします。」

APCは無料のサービスで、事前申請や登録は不要です。個人データや情報の取扱いには最高水準の保護措置が講じられています。APC端末を利用する旅行者は税関申告書の記入が不要となりま す。

APC 利用旅客者は今後もCBP係官から旅行目的を確認されますが、セルフサービス端末の導入でCBP係官による旅客者のドキュメント読み取り作業が省略されるため、手続き時間が短縮されます。 旅行者はこのプロセスの後、手荷物受取所、税関申請、出口へと進みます。

トム・ブラッドレー国際線ターミナルの先頃の新装オープンで、旅行者はすでに主要審査の待ち時間の短縮を実感されていることでしょう。適格外国人パスポート保有者の待ち時間は平均で 18%短縮されています。空港係官は、乗客数 300名のフライトの場合、複数の審査ブースを使い、APC 端末を利用しない入管手続きに通常 60分を要すると想定しています。APC端末を利用した場合は、適格外国人パスポート保有者の主要審査の待ち時間は平均で 11分短縮されます。

200万ドルのプロジェクト費用は、LAXおよび南カリフォルニアの他の2空港を所有・運営する、ロサンゼルス市の1部門である LAWAによって投じられました。APC 端末1台あたりの費用は 36,000ドルです。トム・ブラッドレー国際線ターミナルで運航している39の航空会社の共同事業体であるトム・ブラ ッドレー国際線ターミナル設備会社(TBITEC)は、旅行者のAPC端末利用に関する質問に対応するス タッフ費として年間に推定160万ドルを投じる予定です。すべてのAPC端末はLAXのCBPオペレー ションの管轄下に置かれ、同オペレーションに接続されています。

LAXの当局者は、2014 年に LAX を利用する旅行者総数は約7,000万人で、このうち約1,900万人が海外旅行者だと予想しています。トム・ブラッドレー国際線ターミナルはLAXの国際線市場のほぼ半分を占めており、500万人以上の入国者がアップグレードされた米国の審査スクリーニング手続きの利 用対象になると見込まれています。
空港当局は LAXの第 2 国際線ターミナルであるターミナル2にもAPC端末を導入する計画です。タ ーミナル2では先頃3億2,000万ドルの改修工事が開始され、2016 年に完了する予定です。また、ターミナル5でも2億5,000万ドルの改修プログラムの一環としてデルタ航空により APC端末が設置さ れています。

ロサンゼルス国際空港(LAX)について

LAXは世界で6番目、米国で3番目に利用者数の多い空港で、62の民間航空会社により全米85都市に向けて毎日692便の直行便が、34
ヵ国 67都市に向けて週に 928便の直行便が運航されています。年間貨物取扱量は190万トン超、金額ベースでは 916億ドル超で、世界第 14位、米国第 5位にランクされています。2011年の経済調査によると、LAXのオペレーションはロサンゼルス郡に 294,400人の雇用、136億ドルの労働所得、397億ドル超の経済産出量を創出し、地域および米国の歳入に 25億ドル寄与しました。LAXは LA オンタリオ国際空港、ヴァンナイス空港とともにロサンゼルス国際空港公団が所有、運営する南カリフォルニアの 3空港システムの1つです。ロサンゼルス国際空港公団 はロサンゼルス市が所有する部門のひとつですが、ロサンゼルス市から一般財源の投入は受けていません。

2014年10月:ロサンゼルス観光局・ロサンゼルス国際空港

カリフォルニア州の関連記事【特選レポート】