ドッケリーファーム Dockery Farm

アメリカ最初の綿農園

ドッケリーファームは、ミシシッピ州クリーブランドにあります。
1895年、ウィル・ドッケリー(Will Dockery)によって切り開かれた土地で、アメリカで最初の綿農園ですが、材木のために購入された土地なので、製材場もありました。
ドッケリーファーム(Dockery Farm)は、別名、ドッケリープランテーション(Dockery Plantation)とも呼ばれています。

農場専用のターミナルや新たな鉄道路線(ピー・ヴァイン鉄道)の開通が発展を推進し、ドッケリーファームでは、2,000人以上の人々が働いていたと言われます。
ドッケリーファームには、学校や教会、郵便局、雑貨店などもあり、一つの町に発展しました。

デルタ・ブルース発祥の地

ドッケリーファーム Dockery Farm

「デルタ・ブルースの創始者」と言われるチャーリー・パットン(Charly Patton)が、1897年に家族と共にこの農場に移り住んでいます。
また、「デルタ・ブルースの父」と呼ばれるサン・ハウス(Son House)も、この農場に居たことがあり、チャーリー・パットンやサン・ハウスに多大な影響を受けているロバート・ジョンソンRobert Johnson)もこの農場にたびたび訪れています。
当時、この農場をベースに、アメリカ中を旅するミュージシャンは数多く居たのです。

 

ドッケリーファームへの行き方

テネシー州 メンフィスからドッケリーファームへ車で行く場合の一例
Dockery Farms 255 Mississippi 8, Cleveland, MS 38732