ジョニー キャッシュ博物館 The Johnny Cash Museum

ジョニー キャッシュに関する博物館

ジョニー キャッシュ博物館

ジョニー キャッシュ博物館は、2013年5月1日ナッシュビルのダウンタウンにオープンしました。ナッシュビルを中心に活躍したシンガーソングライターのジョニー キャッシュに関する世界最大のコレクションを所蔵しています。
オープンした5月1日という日は、ジョニー キャッシュに関して意味のある日です。1969年5月1日に、ジョニー キャッシュの冠番組『ジョニー キャッシュ ショウ』の第一回目が、ナッシュビルライマン公会堂で収録された日(放送は6月7日)なのです。この第一回目の収録のゲストは、普段はTV出演をしなかったボブ ディランで、全米で話題となりました。

ジョニー キャッシュ Johnny Cash

ジョニー キャッシュジョニー キャッシュは、1932年2月26日アーカンソー州 キングスランドで生まれました。
1955年6月メンフィスサンレコードからシングル「ヘイ・ポーター Hey Porter」でデビューします。この曲は、ビルボード誌全米カントリーチャート14位のヒットとなり、続くシングル「フォーサム・プリズン・ブルース Folsom Prison Blues」もカントリーチャート4位の大ヒットとなったことから、カントリー・ミュージシャンとされることが多いですが、実際には、ゴスペルをルーツとし、初期のステージでは、ロカビリーやブルースも披露していました。また、後年、ロックのアプローチも見せており、ポール マッカートニーをはじめとし、ボブ ディラン、リトル リチャード、U2、カート コバーンなど多くのロックミュージシャンからリスペクトされています。
ジャンルにとらわれない幅広い音楽活動は、それぞれ認められ、カントリー・ミュージックの殿堂、ロックの殿堂、ゴスペル・ミュージックの殿堂と、複数の殿堂入りを果たしています。ヒット曲も140曲以上(エルビス プレスリーが151曲で世界最多)あり、グラミー賞も11回受賞。音楽的には華々しい実績だが、プライベートにおいてアルコールや薬物の中毒、トラブルから微罪による収監など負のイメージも持つ。
1966年に離婚した後、1968年にカントリー・ミュージック・バンド、カーター・ファミリーのジューン カーターと再婚。

メン・イン・ブラック

ジョニー キャッシュ1960年代のカントリーミュージシャンの多くは、カウボーイスタイルが大半でしたが、ジョニー キャッシュは黒い衣装を身にまとっていました。1971年に発表したアルバム『メン・イン・ブラック Man In Black』は、カントリー・チャートで1位になりました。以後も、オン オフに係らず、ずっと黒い服を着ています。

 

ナッシュビル 観光ポイント

 ナッシュビル観光案内所ブロードウェイ
 カントリー・ミュージック殿堂博物館ライマン公会堂
 グランド・オール・オープリーミュージック・バレー
 ザ・ディストリクトニッサン・スタジアム
 RCA Studio Bジョニー キャッシュ博物館
 フリスト・センター・フォー・ヴィジュアル・アーツ
 ミュージック・シティ・センター ミュージック・ロードを辿る
 
ナッシュビルのホテル一覧
 デラックス クラス  スタンダード クラス  エコノミー クラス
 
ミュージシャン
 ドリー パートン オールマン・ブラザーズ
 ジョニー キャッシュキース・アーバン
 トミー シムズテイラー スウィフト

 

ジョニー・キャッシュ博物館の場所

The Johnny Cash Museum 119 3rd Ave S Nashville, TN

テネシー州の関連記事【特選レポート】