テイラー スウィフト Taylor Swift

テイラー スウィフト 新世代の歌姫

今や全米を代表する歌姫であるテイラー スウィフトは、デヴュー前からナッシュビルを活動の拠点とし、カントリーシンガーとしてデビューする事を夢見ていました。
1989年12月13日、ペンシルベニア州ウエスト・レディングに生まれました。子供の頃にカントリー・ミュージックに興味を持ち、パッツィー クライン(1932年生まれ)、ドリー パートン(1946年生まれ)、シャナイア トゥエイン(1965年生まれ)など幅広い世代の女性カントリーミュージシャンの曲を聴き、10歳から歌詞を12歳から曲を書き始めます。
カントリーミュージックで成功するには、カントリーミュージックの聖地であるテネシー州 ナッシュビル を活動の拠点にする必要性を感じていました。
テイラー スウィフトが14歳の時に、一家はナッシュビル近郊に引っ越しします。 RCAレコードの養成所に通い曲作りに励みますが、版権の条件が合わないRCAレコードを辞めて、設立準備中のレーベルであるビッグ・マシン・レコードと契約します。

テイラー スウィフト Taylor Swift

Taylor Swift2006年10月24日『テイラー スウィフト』でデビューします。
初登場19位という幸先の良いスタートを切り、最高位5位を記録します。
ビッグ・マシン・レコードは設立間もないために、ラジオ局に送るためのサンプルCDの封筒詰めを母と共に自ら手伝ったり、全米のラジオ局回りの営業も、大きなレーベルであれば6週間で回るところを6ヶ月かけて回りました。
グランド・オール・オープリー』を始めその他のTV出演でのプロモーション以外に、カントリーミュージック業界では無かった Myspaceのページによるプロモーションで若い世代にも受け入れられました。
2007年にはDVD付のデラックス盤、2008年にはスペシャル盤がリリースされ、通算500万枚以上も販売する事になります。

フィアレス Fearless

テイラー・スウィフト Taylor Swift フィアレス Fearless2008年11月11日リリース。
2008年8月8日にアルバム発売に先駆け、北京オリンピックアメリカ選手団の為に売上げを寄付する形で「Change」をプロモーションシングルでリリースし、Billboard Hot 100で10位を記録ます。
9月12日には「Love Story」をファーストシングルとしてリリースして、最高位4位の大ヒットとなります。
すでに温まっている市場にリリースされたアルバム『フィアレス Fearless』は、初週で59万枚を超えBillboard 200で初登場1位に輝き、通算11週で1位を獲得します。
発売の翌年、2009年にはアメリカで320万枚以上を売上げて、年間チャートで1位となります。
2010年、グラミー賞主要4部門の1つである“最優秀アルバム賞”を史上最年少(19歳)で受賞の栄誉に輝きます。

スピーク・ナウ Speak Now

Taylor Swift Speak Now2010年10月25日リリース
2010年8月4日リリースの先行シングル「Mine」は、ビルボードHot 100において最高位3位を記録します。
そして、アルバム『スピーク・ナウ Speak Now』はリリース初週に104万枚以上が売れ初登場1位。
当時、初動で100万枚以上を売り上げた女性アーティストは、ホイットニー ヒューストン『ボディガード』(1992年)、ブリトニー スピアーズ『ウップス!…アイ・ディド・イット・アゲイン』(2000年)、ノラ・ジョーンズ『Feels Like Home』(2004年)だけで、史上4人目の快挙を飾ります。(2011年にレディー・ガガが『ボーン・ディス・ウェイ Born This Way』で110万枚以上を記録)

レッド Red

Taylor Swift Red2012年10月22日リリース
先行シングル「WE ARE NEVER EVER GETTING BACK TOGETHER」(邦題:私たちは絶対に絶対にヨリを戻したりしない)がビルボード Hot 100で初登場1位、テイラー初のシングルでの首位を獲得します。
日本ではテレビ番組『テラスハウス』の主題歌に起用され、デジタル・ダウンロードで130万ダウンロードを超えるヒットとなり、テイラー スウィフトは更に日本の若い女性に注目を浴びる。テイラー スウィフトのガーリーなファッションを真似る女性はテイラー女子と呼ばれ、音楽だけでなく、女性のポジティブな恋愛観まで影響を与えるようになります。
アルバム『レッド Red』は初週120万枚以上を売上げ、初登場1位。
当時、2作連続で初週100万枚越えの記録は、バックストリート・ボーイズ、イン・シンク、エミネムだけで、テイラー スウィフトは史上4組目、女性アーティストでは初の快挙となります。

1989

Taylor Swift 19892014年10月27日リリース
Billboard 200において初登場1位、初週売上128.7万枚を記録。
3作連続で初週売上100万枚を超えるという、史上初の快挙を成し遂げます。
メガヒットを積み重ね、コンスタンスに2年周期のアルバム発売ペースを崩さずに人気をキープしているからこそ成せる快挙。
簡単そうに書きましたが、相当の才能が有っても、あれ程の成功を手に入れると、慢心して生活が乱れたり、前作のプレッシャーに負けそうになるのが普通で、どこかで歯車が狂うはず。
しかし、テイラー スウィフトは、その壁をいとも簡単そうに乗り越えてしまいます。
自分への批判や反発など、ネガティブな事さえも創作意欲に繋げてしまうのです。
シングル「Shake It Off」の歌詞にあるように、全てShake it off(振り払っちゃう)と軽快なリズムに乗せてシャウトする彼女は無敵です。
このポジティブで意思の強いライフスタイルが『Time』で評価され、「最も影響のある世界の100人」の一人にテイラーの名前を挙げています。

サウンドの変遷

1stアルバム『テイラー スウィフト』では、カントリー調の曲をポップにした感じでしたが、2ndアルバム『フィアレス Fearless』ではポップ色に加えてロック色が加わりだします。
これは、2008年にテイラー スウィフトの母親が大好きなイギリスのロックバンド デフ・レパードと共演したことからだと言われています。
その後、テイラー スウィフトの意志の強いキャラクターとロックサウンドは相性が良く、ロック色は強くなります。
4thアルバム『レッド Red』では、カントリー色はほとんど感じないものの、カントリー、ポップ、ロックといったジャンルを超えて、テイラー スウィフト独自の世界観を表現するサウンドとなっています。

 

テイラー スウィフトとナッシュビル

自らのルーツがカントリーミュージックであり、音楽的な成長と成功の基礎を築けたことに感謝して、テイラー スウィフトは2012年に「カントリー・ミュージック殿堂博物館」に400万ドルを寄付しています。

 

テイラー スウィフトと恋愛

テイラー スウィフトの歌詞には、失恋や片思いの曲が多く、実体験の恋愛を基に書かれているとの事ですが、恋愛経験が豊富なテイラー スウィフトにとってはネタが尽きる事がないようです。
どの恋愛も泥沼的な醜聞に至らず、爽やかなイメージを保つことができるバランス感覚は見事なものです。

 

テイラー スウィフトとニューヨーク

現在はナッシュビルを離れ、ニューヨーク マンハッタンに住むテイラー スウィフトは、2014年秋にニューヨーク観光大使(グローバル・ウェルカム・アンバサダー)に就任しました。
アルバム『1989』からシングルカットされた「WELCOME TO NEW YORK」の収益金すべてを市内の公立学校に寄付しています。

 

ナッシュビル 観光ポイント

 ナッシュビル観光案内所ブロードウェイ
 カントリー・ミュージック殿堂博物館ライマン公会堂
 グランド・オール・オープリーミュージック・バレー
 ザ・ディストリクトLPフィールド
 RCA Studio Bジョニー キャッシュ博物館
 フリスト・センター・フォー・ヴィジュアル・アーツ
 ミュージック・シティ・センター ミュージック・ロードを辿る
 
ナッシュビルのホテル一覧
 デラックス クラス  スタンダード クラス  エコノミー クラス
 
ミュージシャン
 ドリー パートン オールマン・ブラザーズ
 ジョニー キャッシュキース・アーバン
 トミー シムズテイラー スウィフト

テネシー州の関連記事【特選レポート】