マディ ウォーターズ Muddy Waters

マディ ウォーターズ シカゴブルースの父

マディ ウォーターズ Muddy Watersマディ ウォーターズは、1915年4月4日ミシシッピ州 アイザッキーナ カウンティ出身。本名は、マッキンリー・モーガンフィールド(McKinley Morganfield)。マディ ウォーターズは、3歳の時に母を亡くし祖母デラ グラントに引き取られ育てられた。いつも川の中で泥んこになって遊んでいる彼を、祖母は“マディ(泥)”と呼んでいたことから、マディ ウォーターズを名乗るようになる。
幼少の頃、クラークスデイル郊外のプランテーションで、サン ハウスやロバート ジョンソンを聞いて育つ。
最初はハーモニカを吹いていたが、ギターを弾くようになり、昼はトラクターの運転手、夜はジューク・ジョイントでビッグ ジョー ウィリアムズと演奏していた。
1941年と42年に、国会図書館用のフィールド・レコーディングのためにミシシッピ州を訪れたアラン・ローマックスにより、初めてのレコーディングする。

シカゴへ

1943年、イリノイ州 シカゴに移住。1947年にピアノのサニーランド スリムに誘われ、アリストクラット・レーベル(1950年にチェス・レコードとなる)でレコーディングする。サニーランド スリムのバック・サポートでスタジオに入ったマディ ウォーターズだが、「Gypsy Woman」「Little Anna Mae」の2曲をレコーディングし、これがシカゴでのデビュー盤となった。
1950年頃からバンドのスタイルに移行しはじめ、1954年にベースのウィリー ディクスンがレコーディングに加わって、マディ・ウォーターズ・バンドの形が整う。
エレキサウンドのバンドスタイルを確立したシカゴブルースの第一人者で「シカゴブルースの父」と呼ばれる。
グラミー賞を6度受賞し、没後の1987年にロックの殿堂入りを果たす。
1983年4月30日 イリノイ州 ウェストモントで亡くなる。(満68歳没)

マディ ウォーターズ とイギリスのミュージシャン達

ザ ローリング ストーンズイギリスのバンド、ザ ローリング ストーンズのバンド名は、マディ ウォーターズの曲「ローリング ストーン(Rollin’ Stone)」からの引用。
ザ ローリング ストーンズに限らず、エリック クラプトン、ジェフ ベック、ジミー ペイジ、ポール ロジャースなどのイギリスのロックミュージシャンに多大な影響を与えた。
ポール ロジャースは、「マディ・ウォーター・ブルーズ」という曲を書き、『マディ・ウォーター・ブルーズ』というタイトルのトリビュートアルバムを出している。

マディ ウォーターズ と ジョニー ウィンター

マディ・ウォーターズマディ ウォーターズをリスペクトするテキサス出身のブルースロックのギター&シンガーのジョニー ウィンターを「義理の息子」と呼ぶほど気に入っており、ジョニー ウィンターは、マディ ウォーターズの生涯で最後の4枚のアルバム制作をサポートしている。

シカゴの観光ポイント 一覧

 
 マディ ウォーターズハウリン ウルフ
 リトル ウォルターウィリー ディクスン
 バディ ガイココ テイラー
 シカゴ・ブルース・フェスティバルブルース・バー
 スイート・ホーム・シカゴ
 
シカゴの観光ポイント
 ミレニアムパーククラウンファウンテン
 クラウド・ゲートジェイ・プリツカーパビリオン
 マコーミック・トリビューン・プラザ&アイスリンク
 グラント・パークシカゴ美術館
 ミュージアム・キャンパスアドラープラネタリウム&天文博物館
 フィールド自然史博物館シェッド水族館
 シカゴ劇場ネイビーピア
 科学産業博物館シカゴ・ウォーター・タワー
 シカゴの野外アートノース・アベニュー・ビーチ
 リンカーンパークシカゴ'L'
 
シカゴの高層ビル群
 ジョン・ハンコック・センターウィリス・タワー
 トランプ・インターナショナル・ホテル・アンド・タワー
 マリーナ・シティ
 
グルメな街シカゴ
 テイスト・オブ・シカゴシカゴピザ
 
シカゴのプロスポーツ
 シカゴ・ブルズマイケル ジョーダン
 シカゴ・ベアーズソルジャー・フィールド
 シカゴ・ホワイトソックスUSセルラー・フィールド
 シカゴ・カブスリグリー・フィールド
 
シカゴのイベントやフェスティバル
 シカゴ・ブルース・フェスティバルシカゴ・ジャズ・フェスティバル
 シカゴ エア&ウォーターショーテイスト・オブ・シカゴ
 シカゴ・ゴスペル・ミュージック・フェスティバル メイフェスト
 シカゴ マラソン
 
空港&コンベンション・センター
 オヘア国際空港マコーミック・プレイス

シカゴの観光ポイント マップ

 ⇒ 大きな地図で見る

イリノイ州の関連記事【特選レポート】