ハウリン ウルフ Howlin’ Wolf

ハウリン ウルフ 強烈な歌声

ハウリン ウルフ  Howlin' Wolfハウリン ウルフ(Howlin’ Wolf)は1910年6月10日、ミシシッピ州の東の州境に近いウェストポイントで生まれた。
本名はチェスター アーサー バーネット(Chester Arthur Burnett)で、ウルフは祖父が付けたニックネーム。カントリーシンガーのジミー ロジャースのヨーデルをコピーし、遠吠えのようなボーカルスタイルを身に付け、ハウリン ウルフと名乗るようになった。
18歳の時にギターを手に入れ、チャーリー パットンに鍛えられ、デルタではロバート ジョンソンやサニー ボーイ ウイリアムスたちと演奏していた。
1940年代に拠点をメンフィスに移してバンドを結成する。遠吠えのようなボーカルスタイルと独特のダミ声は強烈な印象を与え、1951年にサン・レコードのサム フィリップスに気に入られて初レコーディングを行う。サム フィリップスはそのテープをシカゴのチェス・レコードに送って売り込む。しかし、同時期にアイク ターナーもハウリン ウルフに目を付けておりレコーディングした音源をRPMのビハリ兄弟に送り、モダンレコードからもレコードが出る事態になります。最終的にチェス・レコードが権利を獲得し、ハウリン ウルフはギタリストのヒューバート サムリンと共にシカゴへ行く。
シカゴでは、ヒューバート サムリンと多くの名曲を出し、マディ ウォーターズと共にチェス・レコードを盛り上げ、シカゴ・ブルースの全盛期を築いた。
心臓に問題を抱えたハウリン ウルフは、1973年に交通事故に遭い大怪我を負ったうえ、腎臓疾患を患い、イスに座ったままで演奏するようになる。
1976年1月10日に65歳で亡くなる直前まで演奏を続けた。

ザ・ロンドン・ハウリン・ウルフ・セッションズ

ハウリン ウルフ  Howlin' Wolfマディ ウォーターズと同様にイギリスのロックミュージシャン達にリスペクトされているハウリン ウルフはロンドンに招かれてセッションを行いレコーディングします。
エリック クラプトン、スティーヴ ウィンウッド、ビル ワイマン、チャーリー ワッツが参加。

シカゴの観光ポイント 一覧

 
 マディ ウォーターズハウリン ウルフ
 リトル ウォルターウィリー ディクスン
 バディ ガイココ テイラー
 シカゴ・ブルース・フェスティバルブルース・バー
 スイート・ホーム・シカゴ
 
シカゴの観光ポイント
 ミレニアムパーククラウンファウンテン
 クラウド・ゲートジェイ・プリツカーパビリオン
 マコーミック・トリビューン・プラザ&アイスリンク
 グラント・パークシカゴ美術館
 ミュージアム・キャンパスアドラープラネタリウム&天文博物館
 フィールド自然史博物館シェッド水族館
 シカゴ劇場ネイビーピア
 科学産業博物館シカゴ・ウォーター・タワー
 シカゴの野外アートノース・アベニュー・ビーチ
 リンカーンパークシカゴ'L'
 
シカゴの高層ビル群
 ジョン・ハンコック・センターウィリス・タワー
 トランプ・インターナショナル・ホテル・アンド・タワー
 マリーナ・シティ
 
グルメな街シカゴ
 テイスト・オブ・シカゴシカゴピザ
 
シカゴのプロスポーツ
 シカゴ・ブルズマイケル ジョーダン
 シカゴ・ベアーズソルジャー・フィールド
 シカゴ・ホワイトソックスUSセルラー・フィールド
 シカゴ・カブスリグリー・フィールド
 
シカゴのイベントやフェスティバル
 シカゴ・ブルース・フェスティバルシカゴ・ジャズ・フェスティバル
 シカゴ エア&ウォーターショーテイスト・オブ・シカゴ
 シカゴ・ゴスペル・ミュージック・フェスティバル メイフェスト
 シカゴ マラソン
 
空港&コンベンション・センター
 オヘア国際空港マコーミック・プレイス

シカゴの観光ポイント マップ

 ⇒ 大きな地図で見る

イリノイ州の関連記事【特選レポート】