連邦議会議事堂 The U.S. Capitol


連邦議会議事堂 巨大なドームが特徴的なアメリカ合衆国議会の議事堂

連邦議会議事堂 The U.S. Capitol

連邦議会議事堂は、ワシントンD.C.ナショナル・モールの東、ユニオン・ステーションの南の場所にあるアメリカ合衆国議会の議事堂。
高さ288フィート(88m)、直径96フィート(29m)の巨大なドームが特徴的な新古典主義建築で、そのロタンダ(円形建築物)とドームを中心に、南側が下院の棟で、北側が上院の棟である。上院の部屋名には「S(Senata)」、下院の部屋名には「H(House)」が表示されて区別されている。
2014年4月から、連邦議会議事堂のドーム部分などの改築工事が行われており、改築が完了するのは2017年1月の予定。

連邦議会議事堂 見学ツアー

連邦議会議事堂 The U.S. Capitol

無料の連邦議会議事堂 見学ツアーがあり、ツアーに従って連邦議会議事堂の内部を見学する事ができる。
ドーム天井の「Apotheosis of George Washington」(ワシントンの賛歌)というフレスコ画や、ロタンダの中に掲げられた、アメリカの歴史上 重要な出来事を描いた8枚の油絵はぜひ見たい。
また、各州から2体づつ寄贈された像が飾られた「National Statuary Hall」も興味深い。
無料の連邦議会議事堂 見学ツアーは、ビジターセンターのページでオンライン予約が可能。

連邦議会議事堂ビジターセンターのページ

連邦議会議事堂の沿革

連邦議会議事堂 The U.S. Capitol

現在、ワシントンD.C.にある議事堂は4代目になる。
初代議事堂 1783年~1784年 現在 メリーランド州アナポリスの州議会議事堂として使用されている建物
二代目議事堂 1789年~1790年 ニューヨークのフェデラル・ホール
三代目議事堂 1790年~1800年 フィラデルフィアの独立記念館
 
現在のワシントンD.C.にある議事堂は、1793年に初代大統領に就任する前のジョージ・ワシントンが棟上式を行い建設が始まる。
上院側は1800年に完成し、下院側は1811年に完成。
 
1812年 米英戦争でイギリス軍のワシントンD.C.攻撃により一部消失
1815年 再建開始
1830年 再建終了
1850年代 両翼の拡張工事
1855年 ドームの拡大工事開始
1866年 ドームの拡大工事完了
その後も、拡張工事や改築工事が繰り返されている。
2014年4月から、連邦議会議事堂のドーム部分などの改築工事が行われており、改築が完了するのは2017年1月の予定。

協力:Capital Region USA

 
 
 ホワイトハウス連邦議会議事堂
 ナショナル・モールリンカーン記念館ワシントン記念塔
 トーマス ジェファーソン記念館  フランクリン・D・ルーズベルト記念公園
 ワシントン大行進ナショナル・モールの回転木馬
 スミソニアン博物館ジョン・F・ケネディ・センター
 FBI本部ユニオン・ステーション国際スパイ博物館
 
ワシントンD.C. 近郊ジョージタウン
 
ワシントンD.C. のホテル
 ダウンタウンのホテルデュポンサークル、ウエストエンド周辺
 ホワイトハウス周辺ユニオン駅、キャピトルヒル周辺
 ジョージタウン周辺アーリントン地区、ペンタゴン周辺
 ナショナル空港周辺アレクサンドリア周辺ダレス国際空港周辺
 その他の地区

連邦議会議事堂の場所と行き方

United States Capitol 
住所:East Capitol St NE & First St SE, Washington, DC 20004
ロナルド・レーガン・ワシントン・ナショナル空港から車(レンタカー)やタクシーで行く場合の一例

 ⇒ 大きな地図で見る

ワシントンD.C. 観光マップ

 ⇒ 大きな地図で見る

ワシントンD.C.の関連記事【特選レポート】

コメントする