スプリングフィールド Springfield


スプリングフィールド イリノイ州の州都

スプリングフィールドは、イリノイ州の州都です。1819年に作られ、1837年にイリノイ州の州都となりました。エイブラハム リンカーンが、1837年から、アメリカ合衆国 第16代大統領に選ばれる1861年までスプリングフィールドに住んでいました。

リンカーン墓州立史跡 Lincoln Tomb State Historic Site

リンカーン墓州立史跡 Lincoln Tomb State Historic Site

オークリッジ墓地にある、このお墓には1865年4月14日、フォード劇場で暗殺者の銃弾に倒れたリンカーン大統領、彼の妻メアリーとその四人の息子のうちのエドワード、ウィリアム、トーマスが永眠しています。(長男のロバートは、アーリントン国立墓地に埋葬されています。)
1960年に国定歴史建造物に、1966年に国家歴史登録財に指定されました。
高さ117フィート(35.7m)の塔の正面にリンカーンのブロンズ像が建っています。その四方には、歩兵、砲兵、騎兵、海兵のブロンズ彫刻がリンカーンを守るように設置されてあります。

リンカーン墓州立史跡 Lincoln Tomb State Historic Site

塔の前にある、リンカーン大統領の頭部のブロンズ像の鼻をこすると幸運をもたらすと言われているいます。

リンカーンの家国立史跡 Lincoln Home National Historic Site

リンカーンの家国立史跡 Lincoln Home National Historic Site

エイブラハム リンカーンと家族は、1837年から、アメリカ合衆国 第16代大統領に選ばれる1861年までスプリングフィールドに住んでいました。
その時に住んでいた2階建ての家が残されており、見学する事ができます。まずは、ビジター センターで無料の入場券をもらってください。
家の周囲4ブロックは、19世紀当時のの外観を保つために砂利を敷き詰めた道路と板敷の歩道が残されています。

アブラハム リンカーン大統領 博物館 Abraham Lincoln Presidential Museum

アブラハム・リンカーン大統領 博物館 Abraham Lincoln Presidential Museum

アブラハム・リンカーン大統領 博物館 Abraham Lincoln Presidential Museumアブラハム リンカーンにまつわる博物館。
この博物館は、米国で最も入場者の多い大統領博物館です。インディアナ州のログキャビンで過ごした慎ましやかな時代から、ホワイトハウスでの大統領時代にいたるまで、リンカーンの人生をひとつ屋根の下ですべて見ることができます。 2つの特殊効果シアターでは、歴史上の人物の霊や南北戦争の舞台となった戦場が登場したり、ビネット効果で大統領の人生における重大な局面が生き生きと映し出されています。また、リンカーンのストーブパイプ・ハットや、ゲティスバーグ演説の原稿なども展示されています。

旧州議会議事堂 Old State Capitol

旧州議会議事堂 Old State Capitol

リンカーンの時代の州議事堂を再現した旧州議会議事堂があります。 ここが、有名な「分かれたる家」の演説が行われた場所です。

協力:シカゴ・イリノイ州観光局

ルート66 ドライブ スプリングフィールド~セントルイス に続く

 シカゴルート66をレンタカーでドライブ シカゴ~ジョリエット
 ジョリエットルート66 ドライブ ジョリエット~ポンティアック
 ポンティアックルート66 ドライブ ポンティアック~スプリングフィールド
 スプリングフィールドルート66 ドライブ スプリングフィールド~セントルイス

スプリングフィールド 観光マップ

 ⇒ 大きな地図で見る

アラモレンタカー
アラモレンタカーのご予約

イリノイ州の関連記事【特選レポート】

コメントする