プウオマフカ・ヘイアウ Puu O Mahuka Heiau


プウオマフカ・ヘイアウ 戦いの神クーを祀るヘイアウ

プウオマフカ・ヘイアウ Puu O Mahuka Heiau

オアフ島 ノースショアにあるヘイアフ。ヘイアフとは、古代ハワイアンのカフナが儀式を行ったり、祈りを捧げる神聖な場所。石を舞台のように敷き詰め、中央に「石(ポハク)」が据えられている。
18世紀頃、オアフ島の酋長カハハナが、カフナ(神官)のカオプルプルに指揮を執って建造するように命じ、オアフ島では最大級である5エーカー(約20,240平方メートル)の規模のヘイアフ。ノースショアワイメア湾を望む丘の上に建ち、海峡を挟んで対峙するカウアイ島の酋長とテレパシーでコミュニケーションをする基地であったと伝えられている。現実には大きなかがり火が燃やされ、その火で交信していたと言う説が有力。
古代のハワイは、複数の役割の異なる神を敬う多神教で、このプウオマフカ・ヘイアウは、戦いの神クーを祀るヘイアウ。戦いの勝利を祈る際に、神に生贄を捧げる儀式が行われた。生贄が捧げられたヘイアウはルアキニ・ヘイアウと言われている。
通常は、捕虜(敵兵)や犯罪人を生贄にしていた。1792年にイギリスのダイダロス号がワイメア沖に停泊し、3人の船員が水を求めて上陸。その3人のイギリス人は捕まり、生贄にされたそうだ。

石垣の奥からは、ワイメア湾を見下ろすことができ、絶景を楽しめる。

注意事項

1965年、その歴史的価値から、プウオマフカ・ヘイアウは国定史跡に指定された。
ヘイアウは神聖な場所で、今でも祈りが捧げられており、ティールフで包まれた石、サンゴの欠片、花など、数々のお供え物もある。それらのお供え物や、この辺りにある石などを持って帰るのは厳禁。特に石にはマナ(霊力)が宿っているとされている。規則を破ると、法律的に罰せられるだけでなく、他の罰が下ることもあるという。
また、騒いだりふざけたりするのも厳禁である。

オアフ島 ノースショアの観光ポイント 一覧

 ハレイワバンザイ・パイプラインワイメア・ベイ・ビーチ・パーク
 ワイメア渓谷プウオマフカ・ヘイアウサンセット・ビーチパーク
 ラニアケア・ビーチハレイワ・ビーチ・パーク
 ハレイワ・アリイ・ビーチ・パークタートルベイリゾート
 ヘザー ブラウンオアフ島ホテルリスト

プウオマフカ・ヘイアウへの行き方

ワイキキからプウオマフカ ヘイアウへ車(レンタカー)で行く場合の一例
朝夕のラッシュアワー(平日)は、ワイキキからホノルルの市街地の間は渋滞します。

ハワイ州の関連記事【特選レポート】

コメントする