ビクスビー橋 Bixby Bridge

ビクスビー橋 PCHで最も有名な景観

ビクスビー橋 Bixby Bridge

ビクスビー橋を含む海岸線の写真は、被写体として人気が高いビューポイントです。パシフィックコーストハイウェイといえば、まず、この景色が出てくるほどです。
この橋は、20万ドル強の費用をかけ、1932年に完成したコンクリート製のこの橋は、ビクスビークリークによって削られた険しいキャニオンの上、79メートルの高さに架かり、この種類の橋の中では世界で最も高いものの中に数えられています。キャニオンの急斜面と崩れそうな崖を見れば、橋を架ける工事が容易でなかったことは一目瞭然です。初めに、へアピンカーブに満ちた狭い一方通行の道を通ってトラックで資材を運び、巨大な木製の骨組みを築かなくてはなりませんでした。45,000袋という気の遠くなるような数のセメントが骨組みに引き上げられましたが、これは重機で重いものを持ち上げることができるようになる前のことです。ひとつひとつの袋は、複数のプラットフォームによるシステムと川の上91メートルの高さに張られたケーブルの吊り紐を介して運ばれました。皮肉にも、道路より先に橋が完成してしまい、その後、カーメル・バイ・ザ・シーからセントルイスオビスポへのルートが開通するまでにさらに5年を要しました。

協力:カリフォルニア観光局

 ビクスビー橋ジュリア・ファイファー・バーンズ州立公園
 ファイファービーチファイファー・ビッグサー州立公園
 ネペンセ・レストラン

ビッグサー の観光マップ

 ⇒ 大きな地図で見る

カリフォルニア州の関連記事【特選レポート】

コメントする