ファイファー・ビッグサー州立公園 Pfeiffer Big Sur State Park

ファイファー・ビッグサー州立公園 魅力的なトレイルが広がる

ファイファー・ビッグサー州立公園 Pfeiffer Big Sur State Park
ファイファー・ビッグサー州立公園 Pfeiffer Big Sur State Parkビッグサーの海岸沿いは、カリフォルニアのコーストレッドウッド自生地の南端です。公園の宝ともいえるこの場所は、レッドウッドの深い木影と大聖堂のごとく荘厳な美しさを体験できる素晴らしいスポットです。この公園のルーツは、自作農場にあります。 ジョン・ファイファーは、約65ヘクタールのこの地に定住しました。1930年代、ファイファーの土地はこの美しい公園の最初の一角となりました。(彼の1884年キャビンのこと、元来、ビッグサー川の渓谷はるか上部に位置していたものを、公園の渓谷トレイル沿いに再築したもの)

ファイファー・ビッグサー州立公園 Pfeiffer Big Sur State Park小規模ながらも魅力的なトレイルが、405ヘクタールの保護地内に広がります。往復5キロメートルのバレービュー・トレイルは、森の奥を進み、草原を横切り、ファイファー滝の眺めをめざします(雨が少ない年にはほんのちょろちょろとしか流れていないこともあるのでご注意)。公園内にある気取らない雰囲気のビッグサーロッジに宿泊したり、川岸にあるキャンプ場を予約して長めに滞在するのがお勧めです。
(夏のピーク時は特にすぐに予約でいっぱいになってしまうため、余裕のある計画を立てましょう)

協力:カリフォルニア観光局

 ビクスビー橋ジュリア・ファイファー・バーンズ州立公園
 ファイファービーチファイファー・ビッグサー州立公園
 ネペンセ・レストラン

ビッグサー の観光マップ

 ⇒ 大きな地図で見る

カリフォルニア州の関連記事【特選レポート】

コメントする