キーズ牧場 Keys Ranch

キーズ牧場 保存された旧西部の牧場

キーズ牧場 Keys Ranch

世の中のほとんどの人にとっては、砂漠の生活は厳しく孤独なものですが、牧場主であり鉱山で働くウィリアム・F・キーズにとって、ここは、60年以上にわたって慣れ親しんだ我が家でした。ビル・キーズは、1900年代初頭にデザートクイーン鉱山の経営を担うべく雇われます。鉱山は1917年に廃鉱となりましたが、彼は1969年に亡くなるまで、そのままジョシュアツリーに留まりました。キーズは、この地の一画を農場兼自宅とし、そこをデザートクイーン牧場と呼びました。キーズは、少なくとも30箇所の採鉱権を持ち、金と石膏を採掘しました。また、彼は砕鉱機も用い、同地域の他の鉱山で採取された鉱石の砕石も請け負いました。この人里離れた岩だらけの峡谷で、彼と妻のフランシスは、5人の子どもを育てながらランチハウス、校舎、作業場と店舗を築きました。ヤギ、ニワトリ、畜牛を育てながら果樹園と菜園も切り盛りしていました。水を得るために深い井戸を掘り、風車を建て、牧場を囲む岩だらけの峡谷をせき止めて湖を作りました。彼らは文字通りの、まさに開拓者だったのです。

Keys Ranch Guided Walking Tour

キーズ牧場は、保護のため入場が制限されており、レンジャーがガイドするツアーでしか入場できません。
レンジャーが案内する90分間のウォーキングツアー(夏季休業)では、現在も残る牧場の建物、残された採鉱道具、その他、この砂漠の居住地におけるキーズの素晴らしい生涯の遺物を見学します。
ウォーキングツアーが開催される日時は決まっており、予約が必要です。詳細は公式ホームページでご確認ください。
Keys Ranch Guided Walking Tour の詳細(英語)

 

資料協力:カリフォルニア観光局、National Park Service

 

 ジョシュアツリー国立公園のビジターセンターキーズビュー
 チョーヤ・カクタス・ガーデンキーズ牧場
 ライアン山ジョシュアツリー国立公園の岩
 サバクゴファーガメ
 
 ジョシュアツリー国立公園の野鳥
  ズアカカンムリウズラヒメハジロクーパーハイタカ
  アカオノスリオオミチバシリアメリカワシミミズク
  アナホリフクロウコスタハチドリシマアカゲラ
  ハシボソキツツキチャイロツキヒメハエトリハイノドヒタキモドキ
  アメリカオオモズアメリカカケスイワミソサザイ
  サボテンミソサザイコマツグミマネシツグミ
  オオムジツグミモドキホシワキアカトウヒチョウノドグロヒメドリ
  ミヤマシトド

ジョシュアツリー国立公園 ビジターセンターの地図

 ⇒ 大きな地図で見る

ページTOPへ

レンタカーやキャンピングカーでアメリカを走ろう

海外レンタカー 格安プランキャンピングカー レンタル

アラモレンタカー ロサンゼルス国際空港 営業所 / カリフォルニア州
アラモレンタカー サンディエゴ国際空港 営業所 / カリフォルニア州
アラモレンタカー パームスプリングス国際空港 営業所 / カリフォルニア州

クルーズアメリカ ロサンゼルス / カリフォルニア州
クルーズアメリカ サンディエゴ / カリフォルニア州

カリフォルニア州の関連記事【特選レポート】

コメントする