チャイナタウン Chinatown

チャイナタウン 北アメリカで最初のチャイナタウン

チャイナタウン Chinatown

2013年にアメリカン・プランニング・アソシエーションが「米国の10大人気エリア(the 10 Great Neighborhoods in the U.S.)」の一つに選定したサンフランシスコのチャイナタウン。ここは北アメリカで形成された最初のチャイナタウンであり、10大人気エリア中でも、最大の規模を誇ります。

チャイナタウン Chinatown

サンフランシスコのチャイナタウンはノースビーチとフィイナンシャルディストリクトに隣接しており、ダウンタウンから歩いてすぐのところにあります。チャイナタウンはコンパクトにぎゅっとまとまっており、駐車場も不足していることから、見て回るには徒歩が一番です。この地区を通り抜けるには、30 ストックトンバス(the 30 Stockton bus)を利用するという方法もあります。

チャイナタウン Chinatown

1850年代に形成され始めたチャイナタウンは、第二次世界大戦後まで続いた差別的な法体制の中で、昔ながらの伝統を守り、独自の発展を遂げてきました。かつてあちこちに見られた中国映画を上映する映画館やナイトクラブはなくなってしまいましたが、多くの中国系銀行や中国語新聞社はまだ健在です。

チャイナタウン Chinatown
チャイナタウン Chinatown人ごみであふれるストックトンストリート(Stockton St)の歩道沿いには、野菜、チキン、アヒル、魚、朝鮮人参などが山積みのお店やマーケットがいっぱいで、アメリカにいながら中華料理ならではの味と香りを堪能することができます。

ポーツマス・スクエア(Portsmouth Square)その後、中国人以外のアジア系の人々も多く移り住むようになったことから、チャイナタウンは多様な特徴を持つようになりました。また、労働者階級が中心で非常に混雑していることは従来どおりですが、近年時代の最先端へと装いを変えつつあります。例えば、ポーツマス・スクエア(Portsmouth Square)。サンフランシスコで最も古い歴史を誇り、現在も中国系アメリカ人たちがボードゲームやゴシップ、日向ぼっこを楽しむために集まる地域の一つですが、その向かいのカーニーストリート(kearny St)には、現代的なヒルトン・サンフランシスコ・フィナンシャルディストリクトがそびえています。19世紀中ごろまで、ここが酒場や売春宿のひしめく粗野で猥雑な地域として有名だったと言われても、とても信じられないでしょう。

クレイストリート(Clay St)

クレイストリート(Clay St)にあるアメリカ華人歴史学会博物館(The Chinese Historical Society of America Museum)は、コミュニティの歴史を深く掘り下げており、とても貴重です。キッチュなおみやげが買いたければグラントアベニューへ。レストランなら、カーニーストリートへ行けば、最高級料理を出す店からカジュアルなR&G ラウンジ(R&G Lounge)まで何でもあります。フォーチューンクッキーは実は中国由来のものではないのですが、ロス アレイ56番地(56 Ross Alley)にあるゴールデンゲート・フォーチューンクッキー・ファクトリー(Golden Gate Fortune Cookie Factory:金門餅食公司)も見逃せません。

協力:サンフランシスコ観光協会、カリフォルニア観光局

サンフランシスコ国際空港   サンフランシスコ観光案内所
フィッシャーマンズ・ワーフピア39アルカトラズ島
ゴールデンゲート・ブリッジプレシディオゴールデン ゲート パーク
ケーブルカーロンバード・ストリートコイトタワー
ユニオン・スクエアアラモスクエアリンカーンパーク
ヘイトアシュベリーサンフランシスコ・ジャイアンツ AT&Tパーク
ミッション・ディストリクトエンバカーデロノースビーチ
ノブヒルチャイナタウンカストロ
トランスアメリカ・ピラミッド   フェリー ビルディング マーケットプレイス
サンフランシスコのミュージアム   サンフランシスコのホテル
サウサリートサウサリートのホテル

チャイナタウンの場所と行き方

Chinatown
サンフランシスコ国際空港から車(レンタカー)で行く場合の一例。

 ⇒ 大きな地図で見る

カリフォルニア州の関連記事【特選レポート】

コメントする