F・スコット・フィッツジェラルド F. Scott Fitzgerald

F・スコット・フィッツジェラルド セントポール出身の小説家

F・スコット・フィッツジェラルド F. Scott Fitzgerald

ライス・パークの北東角付近に建つF・スコット・フィッツジェラルドの像

F・スコット・フィッツジェラルド(F. Scott Fitzgerald)は、1896年9月24日にミネソタ州 セントポールで生まれた小説家。
1922年に出版された2作目の『ジャズ・エイジの物語』で注目され出し、3作目の『グレート・ギャッツビー』(1925年4月10日)で20世紀アメリカ文学を代表する作家となった。
『グレート・ギャッツビー』は、F・スコット・フィッツジェラルドの代表作というレベルに収まらず、現在ではアメリカ文学を代表する作品の一つとして評価が高い。
1920年代の華やいだ時代に注目されたフィッツジェラルドは、1929年に始まった世界恐慌の時代には受け入れられなかった。
今でこそ『グレート・ギャッツビー』の作者として評価の高いフィッツジェラルドであるが、当時は収入に結びつかず、金銭的に苦しんでいた。
フィッツジェラルドは、生活と愛娘の学費を稼ぐために映画会社と脚本家の契約してハリウッドで生活するようになる。
仕事をしながらも酒におぼれる日々を過ごし、1940年12月21日に心臓麻痺により44歳で亡くなった。

1981年に日本で出版された『マイ・ロスト・シティー』は、日本で人気の作家である村上春樹が翻訳し、短編集として編集された。村上春樹が F・スコット・フィッツジェラルドのファンである事公言したことにより、フィッツジェラルドは日本でも知名度が高い。

 

協力:ミシシッピ・リバー・カントリーUSA Visit Saint Paul

 

ミネアポリス&セントポールの観光ポイント

 メトロ ライト・レールスカイウエイプロスポーツ
 ミネソタ・バイキングスミネソタ・ツインズミネソタ・ティンバーウルブズ
ミネアポリス
 ミネアポリス観光案内所ガスリーシアターストーン・アーチ・ブリッジ
 ミルシティ博物館ミネアポリス美術館ワイズマン美術館
 ミネアポリス・スカルプチャー・ガーデン   ウォーカー・アート・センター
 アメリカン スウェーデン インスティテュート
 U.S. バンク スタジアムターゲット フィールドターゲット センター
 プリンスペイズリーパークファーストアベニュー
 ボブ ディランダコタ・ジャズクラブモール・オブ・アメリカ
セントポール
 セント・ポール大聖堂ミネソタ州会議事堂ランドマーク・センター
 ジェームズJヒル邸ミネソタ歴史センターエクセル・エナジー・センター
 ミネソタ科学博物館ミネソタ交通博物館ミネソタ子供博物館
 スヌーピーの故郷F・スコット・フィッツジェラルド
 ミネソタ・ステート・フェア

ライス・パークの場所と行き方

Rice Park 109 W 4th St, St Paul, MN
ミネアポリス・セントポール国際空港から車(レンタカー)で行く場合の一例。

 ⇒ 大きな地図で見る

ミネソタ州の関連記事【特選レポート】

コメントする