エル・キャピタンシアター El Capitan Theatre

エル・キャピタンシアター ディズニー作品を中心に上映

エル・キャピタンシアター El Capitan Theatre

エル・キャピタンシアター(El Capitan Theatre)は、ハリウッドの中心地、ハリウッドブルーバード沿いに建つ劇場。
今はディズニーが所有しており、ディズニー作品を中心に上映しており、1階にはディズニーストア―とカフェがある。

エル・キャピタンシアターの場所と行き方を見る

エル・キャピタンシアターの歴史

1926年5月3日にオープン。オープン時はハリウッド最大の劇場で、多くのスターたちが出席した。
初演はジャック・ブキャナン(Jack Buchanan)、ガートルード・ローレンス(Gertrude Lawrence)、ベアトリス・リリー(Beatrice Lillie)が出演する『チャールズ・レヴュー』(Charlot’s Revue)で、1,550人の座席は満席だった。

1941年、エル・キャピタンシアターは劇場から映画館になり、1941年5月8日にオーソン・ウェルズが監督・製作・脚本・主演の映画『市民ケーン』(Citizen Kane)を上映。この『市民ケーン』は後に、世界映画史上のベストワンとして高く評価された作品である。
その後、劇場は2ヶ月かけて近代化のために改装された。
1942年3月、ハリウッド・パラマウントと改名され再オープンした。
1989年、ウォルト・ディズニー・カンパニーが購入し、2年かけて1926年の頃のエル・キャピタンシアターの雰囲気に修復した。
1991年6月19日にウォルト・ディズニー・ピクチャーズの『ロケッティア』(The Rocketeer)が世界初公開された。

協力:カリフォルニア観光局、Los Angeles Tourism & Convention Board

 

ロサンゼルスの観光ポイント

 ロサンゼルス国際空港LAX
ハリウッド
 ハリウッドブルーバードハリウッド ウォーク オブ フェーム
 ハリウッド&ハイランドチャイニーズ・シアタードルビー シアター
 エル・キャピタンシアター     マダム・タッソー・ハリウッド
 ハリウッド サインハリウッド ミュージアムキャピトル・レコード
 ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドグリフィスパーク
 ハリウッドボウルアークライト ハリウッド
ウエストサイド
 ビバリーヒルズロデオドライブトゥー・ロデオ
 ビバリーヒルズ サインビバリーセンターウィル・ロジャース記念公園
 グレイストーン邸ビバリーウィルシャー
 サンセットストリップウィスキー・ア・ゴーゴーサンセットプラザ
 ザ・グローブオリジナル・ファーマーズ・マーケット
 ロサンゼルス・カウンティ美術館LACMAピーターソン自動車博物館
 ゲッティ・センター
ビーチシティズ
 サンタモニカサンタモニカ ピアパシフィックパーク
 サンタモニカ プレイスサード ストリート プロムナード

エル・キャピタンシアター の場所と行き方

El Capitan Theatre 6838 Hollywood Blvd, Los Angeles, CA
ロサンゼルス国際空港から車(レンタカー)で行く場合の一例。

 ⇒ 大きな地図で見る

ページTOPへ

カリフォルニア州の関連記事【特選レポート】

コメントする